maron
2歳年下夫と再婚 しあわせな暮らし
まろんのこころの色を綴ったブログ

・宅地建物取引士
・ファイナンシャルプランナー2級
・整理収納アドバイザー2級
・アマチュア無線4級
・食品衛生責任者
↓↓ランキングに登録しています。クリックしてもらえると嬉しいです






ブログランキング参加中*
まろんの本棚


qrcode


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

アラフィフの日常を綴ったブログ*趣味は登山*カメラ・写真好き
築41年の自宅をセルフリノベ中・家具はほとんどDIY




富 士 山〜♪
11:35

連休最後の日
みなさんいかがお過ごしですか〜?


まろん地方 お天気良いけど
ちと肌寒いかんじー。




めずらしく、遠出しなかった我が家の連休。


先日 お隣のご主人が亡くなられ (T_T)
告別式に参列してきました。

いつもなら お出かけして留守にしてるのに
今年はたまたま家にいて、訃報を知ることができて
これも 何か意味があってのことかなぁ…

と 思っております。

ご冥福をお祈り致します。

+ + +


埼玉に住む娘から(長女)
富士山に行ってくる〜!



メールが来たよ。



うっそー
マジか〜?!

うらやましいぞー!!!(^O^)

しんさんに、
『恵理香 富士山に行きよるねんて〜』


って言うと


『登るん!???』


『ンなわけないやろ(笑)』

『そやわな、まだ雪あるしな』



『いやいや、雪なくても
登らんと思うで。五合目までやろ』(*´艸`*)



ほんでも五合目でもええやんなぁー




まだ雪多いね〜♪







お菓子の袋がパンパンになってびっくりしたーって(笑)



そやでー、ちなみに上から持っておりたペットボトルは
ペシャンコになるねんで〜。



渋滞に巻き込まれながらも
楽しく帰宅したようで


日帰りで、富士山に行ける距離かうらやましーい(*^_^*)


私ももう一度富士山に登りたい。

何も知識がなかった
写真クリックで 過去記事に飛びます




何度も何度も立ち止まり



挫けそうになりながら




それでも、一歩、一歩
前を向いて歩けば




あーたまーを〜くーもぉの〜
うーえにーだぁーしー

歌の通り 富士山は雲の上。




やっぱり何か 富士山には特別な想いがある。
しんさんと初めて登った本格登山だしね。

初めての富士山その1

初めての富士山その2

初めての富士山その3

トラコミュ
ヤマノボリ

いろんな人の登山記事が見れます。(*^^*)

登山 トレッキング

ぽちっ↓ thank you

にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


人気ブログランキングへ




母の日プレゼント 決めた?






| 2014.05.06 Tuesday | 富士山 | comments(4) |

富士山いろいろ
23:04
ふーじーはにっぽんいーちのーやまー

スバルライン走ったら
この歌が鳴ってました

メロディロード☆でね!
車で走ってみてね。(^-^)/



















ホテルの温泉からも富士山





富士山の余韻が消えません(笑)


明日は六甲山にヽ(´ω`*)ノシ=3=3イッテキマース



クリック(`・ω・´)ノ↓↓してー(笑)

にほんブログ村 
その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ

| 2011.07.29 Friday | 富士山 | comments(0) |

富士山登山 登りかた、下りかたのコツ
12:26
初めての富士山登山 まろん編です

登山の本などにも書かれてますが
ちょっとしたコツなどを

こうやって 最近ブログ書いてると
しんさんが(夫) 
それを読んで
「なんかもう富士山登山のベテランみたいやなーー(笑)」
と 突っ込んできました。
えへへ(^_^;)
偉そうに書いてますが 初心者です(笑)
しんさんと本の受け売りです。

【登り方】
緩い傾斜のやわらかい土のような場所では
カカトから足裏全体をべたっとつく感じ
つま先を使って登ると ふくらはぎが疲れます。

富士山には階段状の土留めがたくさんあります
段差の大きいところ(岩場なども同じ)を登ると
よいしょっ!! と大きな力がいるので
なるべく段差のないところを選ぶようにして
歩幅を小さく歩くようにすると 楽だそうです。

実際、私も最初は岩場では 手を使ったりしてよいしょっ!と
大きな段差を エネルギーたくさん使って登ってましたが
これを言われて 小さく小さく歩くようにしたら手もいらないことも多く
心拍も楽でした。

それと岩場では 足を置くところを考えないといけないです
私は最初 下(自分のあしもと)ばっかり見てましたが(笑)
自分が進む方向(少し上前方)を見て
どう登ると楽に登れるか 足が置きやすいかとかちゃんと見てたほうがいいです。

あとね、捻挫は内側にひねることはないそう
外にチカラが入っていると ぐにっと 行ってしまうそうなので
なるべく内側にチカラを入れるといいそうですよ。
岩場などでは つま先を外に向けて
こんな感じで歩くといいそう
うまく表現できないので へたくそな小学生以下の絵で書いてみた(笑)



お鉢めぐりの難関だった観測所(最高峰剣ヶ峰のある場所)に登る急斜面は
土と石でめちゃくちゃ滑ります

ここね!↓






つま先を 土の中に突っ込むような感じで登ると滑りにくいです
こんな感じ(余計わかりにくい?)
丸いのは石ころゴロゴロのイメージ。(^^;;




【下り方】
下りは 砂走りと言われるところがほとんどで
(登りと違うルートで下ります。)
柔らかい土と 石ころがごろごろしてて 急斜面なので
めっちゃ滑ります!!! ほんとに気をつけてくださいね^^

登りとは反対でこういう砂走りは カカト着地で
土の中に カカトを突っ込むような感じ
わかるかな??





手を大きくふるといいそうですよ。

つま先でおりると 意思に反したスピードが出てしまったり
太腿にすごいチカラが入ったり 膝を痛めてしまう可能性があるそうです。

うん!
確かに! しんさんからコレ聞く前
1週間前にたかみくらやまから下りるとき つま先で下りてて
シューズの中で足が 前にぎゅっ!と行ってしまって
爪が靴に当たって痛かったり
太腿にチカラがいるので 膝が「がくがく」になったりしてました。

このカカトを土に ずぼっと 入れるような感覚で走ると
スピードが出ても怖くないし
他の場所(筋肉)に余計な力がいりませんでした。

ほんとに びっくりの目からウロコ
一般的には下山には4時間ほどかかるみたいですが
この走り方のおかげでトレランの人と同じようなペースで
2時間ほどで走って降りれました。

疲れ方もぜんぜん違います。
表現がへたくそでわかりにくかったかもしれませんが
ちょっとでも参考になれば嬉しいな。

山登りはマラソンとは違う楽しさがありますね
7月はウォーキングとか登山だけで
全く走ってません…(lll-ω-)

最近マラソンはしんどいしんどいしんどいばっかりで(笑)

レースなんかでゴールした時や記録が伸びた時の喜びは確かに大きいけど
登山って 景色見たりしながら楽しめるし
緑の中、自然の中にいる自分がとっても心地よい♪



頂上に登った時の感動はまた ちょ〜〜いい感じ♪
もちろん 達成感もある!

フルマラソンを始めて完走した時よりも
富士山の頂上にたどりついた時の感動のほうが大きかったナ☆ヾ(●´▽`●)ノ


今は 登山>自転車>マラソン な 感じです

自転車ぜんぜん乗ってないけど(^^;)
ヒルクライムに向けて練習しなくちゃな〜〜♪

もしかしたら このブログ見たしんさんから
またダメだしくらって(笑) 訂正が入るかもしれませんが
その時はあしからず(*´人`*) ごめ〜んデス

えっとー
さいごににすってんころりんした時の
イメージも書いてみました
。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

石の上にあった砂か何かで滑り



気づいたらこうなっていた図




これにて登山話しはおしまい(たぶん)

↓(`・ω・´)ノ 富士山登ってみたいクリック↓

にほんブログ村 
その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ

| 2011.07.27 Wednesday | 富士山 | comments(2) |

初めての富士山登山その3
12:14
富士山登山のつづき♪

頂上で お菓子を食べたりして 休憩
しかし 頭痛はつづく

いつもの偏頭痛なのか 高山病による頭痛なのか
薬を飲んでおさまるもものなのか
よくわからないけど
とりあえず 鎮痛剤を飲む。





しばらくして
しんさんが 火口のほうへ行って見るかー?と言うので
見に行ってみた。

すごーーーーいw^^w






と 感動もつかのま
またしんどくなって 岩のそばに座って休憩

時々 胸が苦しくなったり
気分が悪くなったり & 頭痛も変わらず。。。

休憩してる間に お昼ご飯を食べることに
持ってきてた 非常食を 食べました〜〜!



コレ めっちゃ 美味しかったよ!
フリーズドライのおコメ
お水でも できます(ちょっと時間かかるけど)






おなかも満たされ
気分の悪いのはましになってきた
なんだかんだで 2時間近く休憩してたかな?

よーし! 
まろん復活(頭痛は治らないけど)
お鉢めぐりスタートだ!





しんさんが 時計周りのほうが 少しラクかもと
言うので 時計回りにすたーと♪

最初は 平坦で歩くのも楽でした。 ^^





雲があっと言う間にでてきたり



青空になったり 山の天気はめまぐるしい




ここが お鉢めぐり最大の難関でした





急坂すぎて 足元はすべるし
途中で 上にも下にも 足が出せなくなって
「どういけばいい〜?」と しんさんにヘルプ(笑)

見よ!このへっぴり腰(笑)





なんとか 登れました。 ^^;

最高峰 剣ヶ峰 





やったー! やったよーーー!


写真とるのも 順番待ちですわ(笑)

雪も残ってたよ





お鉢は 登ったり下ったり ゆるいけど
やっぱり登りはしんどい 


写真撮ったりしながら
のんびり のんびり 2時間かけて廻りました
(ぐるっと2.6キロだそうです)





















しんどかったけど 楽しかったよ〜♪

最後にトイレを済ませて(2人で600円のトイレ(笑)))

下りスタート!

下りはガレガレの石と土が混じったような
歩きにくい道

下手すると ずるっ!!!とすべるすべる!

何度ストックに助けられただろうか。

しかも砂?土ボコリ?がすごいよ。
マスク忘れちゃったから
タオルで怪しいおばさんに変身(笑)




しんさんに下り方を伝授してもらうと
あらら 不思議 楽チンだし スピードにも乗れる。

マラソンとかだと 急な下りって 膝に来たりするよね
でもこの走り方だと ぜんぜん大丈夫! ^^v

前を行く人を 次々抜かしていく
カーブのたびに 休憩してる人がたくさん
みんな疲れきってる 様子

そこを 私たちは 走る走る(笑)


止まってるようにみえますが
走ってます(笑)




みんなの視線を感じました

走っていると トレランのカップル?が前を行く
その人たちも ゆるく ジョグのようなスピードです

そこになんとか追いつきたかったけど
あちらは荷物がない!
こっちは 30リットルと 45リットルの
荷物背負ってるから
なかなか 追いつけません
でも 同じ距離をキープしながら 
ずーーーっと 降りてきました。

6合目をすぎて 道もしっかりした地面になってくると
やっぱり トレランの人は速い〜!
もう追っかけるのはあきらめ(笑)
給水休憩

あと少し!
あと少し♪

走る~♪走る〜〜♪

で、途中 石畳みたいなところがあって
しんさんが こうやって下るといいよーーと
言ったその直後

「きゃぁぁ〜〜!」

ずるっ!

どてっ!!

べちゃっ!!コケッ(o_ _)o彡

3段階でコケました。


石の上に 砂?が載ってたのか
ずるっとすべったの(T0T)

で、普通ならしりもちついて コケるとこなんだけど
なぜか 気づいたときは
うつぶせにべたっと 倒れてた。

しかも ストックを持っていたから
手がつけなくて 手首を強打!!!!
お尻も 強打したみたいで 激痛が。。。

石畳の上に 寝そべった状態で
しかも 頭が下がってるし 荷物背負ってるしで
起き上がるまでに 時間がかかったような気がする

すごく 長い時間に感じた

ちょ〜〜〜! 恥ずかしかったよ〜〜。

痛かったけど痛くないフリして(笑)
とりあえず 
その場を去りたい〜〜〜〜っε=┏(; ̄▽ ̄)┛


歩き出したら 肘も痛い
服破れてる?と聞いたけど
大丈夫だった。


転けた時の写真がないのがざんねん〜(笑)
おっきな怪我がなかったから
笑い話で済んでえがった。


痛みを堪えて 5合目を目指す〜。
しんさんが
すごいぞー!
2時間で下ってきたぞー!と言うので最後にまたテンションあげあげ!(笑)
ここまできてもやっぱりタイムが気になる?マラソンランナーのサガ?


夕方5時前でしたが これから登山する人もたくさんいました。
夜の間に登るんだって!

ゴール間際で 単身赴任で関東に来ているというおじさまに 
頂上までどれくらいかかるの?と
いろいろと質問された。

せっかくだから 関東にいる間に
富士山登ってみようかと 下見にこられたそうだ

1回のぼっただけなのに
すでに なんでも知ってるかのように
えらそうに答える まろん (笑)


最後 そのおじさまに写真撮影してもらって




到着だ〜〜!!
やった〜!
無事に下山してきたよ〜☆

登る時に 下って来る人と すれ違ったけど
みんな よろよろで 意識朦朧みたいな人もいたし
私も あんなんになるんだろうか??とちょっと心配してたのだ。

もっとへろへろになるかと思ってたけど
下りでは ほとんど 疲れなかったので
(打撲のダメージはかなりあったケド・・・)
山岳部のしんさん さまさまです!!
(オットを誉めてすんませーん)


トイレに行こうとしたら
脚がヨボヨボになったオジサンとかいました。
階段降りれない・・・
まるで私のフルマラソン直後みたいな(笑)

下りではやっぱりかなり脚にダメージがきます。
私もかなり覚悟してたけど
ぜんぜん大丈夫やったから
脚の使い方でこんなに違うんやってびっくり。

その下りかたはまた次にまとめで書きますね。

走っているときは 頭痛も治まってきたかな?と
思ったのですが 
降りてきてからも しばらくは 頭痛は治りませんでした。。。。


降りてきた時の
5合目から見た富士山



富士山登山の持ち物とか
いろいろ まとめて最後に書こうと思います(まだ引っ張るか〜)

自分の防備録のためにも^^


毎年は無理だけど
3年に1回くらいは 富士山に登りたいな〜〜♪♪

登山 楽しい♪
マラソンとはまた 違う!

  富士登山競争 終わりましたね^^ 
  富士山に駆け上がった人たちのブログが見れます
  くりっく してみてね ↓
  
にほんブログ村 
その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ

| 2011.07.24 Sunday | 富士山 | comments(0) |

初めての富士山登山その2
22:20
今日も長いレポですー。(^^;;
よかったらお付き合いくださいね。


山小屋に泊まったのは初めてでしたが
ちゃんとお布団も枕もありましたよ。
ただ 水は 富士山ではとても貴重なので
顔洗ったり歯磨きしたりのお水さえありません。
しんさんが ザックに4リットルの
お水を持ってきてくれてたので
それを大事に使って歯磨きしました。
洗面所なんてないので 
登山道以外の場所(沢など)で歯磨きしてくださいと
山小屋の方に教えてもらったので 
二人で外で歯磨き



そうそう、私はお化粧を落とすのに
ふき取り用のクレンジングシート持って行きお化粧落としたあと
濡らしたタオル(これも濡らしたものをジプロックに入れて持参)で
顔を拭きました。
もちろん 使用したクレンジングシートは持って帰ります。
ほんとーはお化粧なんてしないのが一番いいんだろうけど
日焼けも気になるし そうはいかぬ アラ5でござる(笑)

私たちが泊まった山小屋は 
宿泊客はトイレ利用は無料でした。
(一般の登山客は1回200円、
これが8合目〜頂上になると1回300円になる)


富士山 2日目は 3時半起床
日の出が4時半くらいとのことで
ご来光を拝もうと早起きです! 
真っ暗な中 懐中電灯で明かりを取り
着替えてお化粧して(笑)

富士山と言うと頂上でのご来光って思ってたけど
どこで見ても同じなんだって(笑)
そりゃそうだね!

私たちが登った吉田ルートは
ちょうど富士山の北東側にあたるため
どの山小屋からも日の出が見れます。
登るコースによって 頂上まで登らないと
見れないところもあるので
そんなんも考慮してルート考えるといいですね♪

鳥のさえずりが聞こえ
少しずつ 明るくなってくる空。














素敵だヨ。 ほんとに素敵。
恵まれたお天気に感謝します。
ありがとう。☆-(・ε・`

しばらく 空を眺めて写真撮ったりして 
贅沢なひとときを過ごした。


そのあと、昨晩もらっておいた朝食を
部屋で食べました。
赤飯と鮭 (朝食はお弁当です)


しんさんが 赤飯と鮭ってあうね〜!と
言いながら食べてました。
格別に美味しかったデス。

ご飯食べる頃にはすっかり陽もあがり
窓から撮影



6時頃に 山小屋のご主人に挨拶し
写真を撮ってもらって 頂上を目ざします!



日の出の空をバックに



こちらは 今から登る 8合目に向けての岩場・・
いきなり 急です!(笑)



私たちが出発するとき 山小屋の従業員の方が
ゴミ袋持って 一緒に登ってこられました。
8合目まで ゴミ拾い

こういう方たちの努力あっての 富士山なんですね
ありがとうございます。

途中で う○ち もあったりしたんですヨ。。。。 
そばにティッシュも捨ててありました。
夜中にしたのでしょうか?
登山道の脇で どう考えてもみんなから見える場所。
我慢できなかったのかもしれませんが
ちゃんと自分で処理してほしいです。 なんか 残念(lll-ω-)




実は 登山したあとに聞いたことだけど
1日目のヘロヘロ状態のまろんに
しんさんは 
こりゃ〜明日は頂上までたどり着かないかもしれないなと
内心思ってたそうです(汗)

2日目は 高度に少しは体が慣れてきたのでしょうか?
1日目より急な岩場が多いにもかかわらず 
いいペースで登れました。





あ、そうそう このピンクの
なかなか優れものです!!

実は 園芸用の手袋なんだ(笑)
手のひらはゴム製で滑り止めみたいな
ざらざらしたやつで
手の甲はナイロン?+綿?かな?? 

ゴツゴツした岩もしっかりつかめるし
砂とかも入ってこないし
そして何よりお値段が 300円くらいでした!(^w^)

ずっと前にタカミクラヤマに登るときに買ってたの
いや〜〜 大活躍!
軍手よりカワイイし おすすめだよー。 ^^



8合目の山小屋で お布団干してたよ〜!
珍しい光景だけど これも絵になる!雲の上の布団干し(笑)





山小屋でのペットボトルの飲み物は400〜500円
高いけど 水分補給は大事なので 
水やらお茶やら数回購入しました。

本8合目の山小屋に着いたら
(8合目最初の山小屋からここまでが長かった!)
ツアーのお客さんがわんさか!!
登ってくる途中も
たくさんスポーツウエアのカタログから飛び出したような
素敵な山ガールがいたのですが
ツアー客の中の山ガールもみんなオッサレ〜〜!
おやじまろんは萌え!!(笑)

目の保養になりました(えろえろ♪)

それにしてもね 女子だけで登山してる人  
けっこうたくさんいましたよ。
女は強し! と思った。


外人さんなんてタンクトップに短パン って人も多かった!
登山用リュックじゃない人もいたり、
普通のシューズの人もいたり
ほんとにさまざまでした。

でも 今回はこんないいお天気だったから
軽装でも登れたのであって
もし雨とかで激寒かったりしたら 
防寒着いるよー 
絶対頂上は無理だよねーーって
内心思いながら…←そんな偉そうなこと思ってるけど 
そういうまろんも 
最初はそれくらいかるーく考えていましたけど
(アハハ!∵ゞ(´ε`●) )

写真が前後しちゃうけど
山小屋の朝・夜は寒くて
フリースと カッパ兼用のズボン履いてました。



本8合目だったかで
ツアーのガイドさんが

「今日はほんとに暖かい日です
こんな暖かい日は普通なら雲が出て何も見えない。
冬なら 遠くまで見えることもあるけど
夏に穂高連峰まで見えるのはめずらしい。
(いい意味で)非常に変わった天気だ
と言ってました。



ほんとに初めての登山でこんなお天気に恵まれて
しかも2日間とも!! ううう 嬉しすぎる〜。+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚













本8合目で少し長めに休憩してから再びスタート
途中しんさんが 先に先に行ってしまうので
なんだか 心細い
崖のような 岩場を登るから 怖い

途中で待っててくれてるけど
 「不安になるから先に行かないで」
とお願いしたらお尻の写真撮られた(笑)



8合目からは けっこうきつかった

矢印は 写真に書いてるんじゃないよー
岩にかかれてます。




やっほ〜〜♪ ^^

















立ち止まると元気(笑)

わー!ヾ(●´▽`●)ノ景色きれーい!
白いのは雪だよ。



でも歩くときついよぅ。。





こんなんを繰り返し繰り返し









鳥居が見えてきた!! 
あの鳥居をくぐればもう少しって 本に書いてあったじょ〜!



もう少しだ!
鳥居のあたりは写真を撮る人でいっぱい。

ああ、もう少し。。。。

鳥居をくぐって少し行くと
山頂まで200mの標識があった。

わあー!! あと200mや!
やった〜〜♪ヾ(●´▽`●)ノ

しかし、ここからが 
ほんとにきつかった━━(゚Д゚;)━━

2〜3歩 歩いたら 休み (ってか歩けない)
2〜3歩 歩いたら 休み

頭痛もしてくる。

ザックが重くて肩こりで頭が痛いのか
高山病で頭が痛いのか
わからないけどとにかく 頭が痛い…
少し歩いては休み 少し歩いては休み 息もあがる。

ちっとも前に進まない
頂上が見えてあと ほんの少し(たぶん10mくらい?)と
言うところで また立ち止まる
たったそれだけなのに 登れないのだ

しんさんが 
「ザック持ったる!」って言ってくれたけど

「いやだ! 自分で持ってあがる」
「いいから 貸し〜」
「いやだ! もう少しやもん。がんばれる」
「(●′Д`●)σ))こんな時まで意地っ張りやなー(笑) 
甘えたらええから。」

「いいもん、大丈夫やもん」
「ええことないって、ザックがないだけでだいぶん違うぞ。
今無理してお鉢めぐりできんかったらどないするねん」と
私の肩から 無理やりザックを外した。

なんだか 急に肩が軽くなって拍子抜け
でも 荷物がないって こんなに楽チンなんだ!

ちょっと自分が情けないような 
悔しいような 気持ちになった。
だけど 確実に楽になった。

そこからは 休まず一歩一歩 踏みしめて登った

頂上に着いた

雲が もくもくしてて 人がわんさかいた
山小屋がたくさんあって にぎわってる

そんな光景を見て 
「私 ついに来たんだ。富士山の頂上まで来たんだ」と
思うと 
辛かった最後 
ふんばった自分に対してと
このキレイな日本一の山からの眺めを見て 
涙がこぼれた(;;)

頂上まで200mの標識があってから 
頂上まで なんと40分も かかってしまった(笑)
それほどきつかったのだ

頂上について
 「ザック背負う」 と再び自分のザックを背負った

涙 拭き拭き(笑)(ノд・。) グスン

写真を撮って 




休憩所に座った
頭は ガンガン痛い



でも お腹も空いてる。

持ってきてたベビースターラーメン 
下界との 気圧の違いで 袋がパンパン


富士山の頂上で食べたベビースターラーメンは
めちゃくちゃ美味しかった。


雲の下には一面 緑色が広がる
この光景が見たくて
ただただ、前を見て、上を見て歩いてきた。

嬉しい
富士山の頂上だ!



まだまだ 頭痛はつづく

レポもまだまだつづく…


↓↓ (`・ω・´)ノ クリック 
  
夫婦ライダーブログ しばらくお休みします ^^
にほんブログ村 
その他スポーツブログ マラソンへ  人気ブログランキングへ






| 2011.07.21 Thursday | 富士山 | comments(4) |

富士山ご来光の動画★★
21:32
静か〜〜なところで 再生してみてね

鳥のさえずりや
上の山小屋で 
万歳してる人たちの声なんかが
入ってます。 



ニコニコ動画

 

| 2011.07.21 Thursday | 富士山 | comments(0) |

初めての富士山登山その1
22:07
2011年 夏 初めての富士山登山
念願かなって ついに 頂上にたどりつけた。

2年前から富士山に登りたい登りたいと言ってた。

関東方面に住むマラソンのお友達が
みんな日帰りで楽しそうに登って降りてきてるのを見て
自分も簡単に登れると思ってた。

でも 元山岳部の夫・しんさんから
富士山はそんなカンタンなものじゃないぞ〜
と言われ 
何度か いらいらっとしたり
気まず〜〜い雰囲気になったコトも(笑)



去年はうつ病で体調が悪く
とてもとても 登れる状態ではなかったけど
それでも私は簡単に考えてたし
 「登れるもん!!」と 言い張ってた(笑)

結果的にやっぱり今年にして正解 

いろんな問題をクリアしながら
今年は6月ころから 登山計画を立てた。
体力的に自信のない私のことを考慮してくれ
途中で山小屋泊し 1泊2日での登山

富士山は7月と8月の2ヶ月だけがシーズン
短い期間に登山客が集中するので
休日なんかは 登山道が渋滞するらしい。

それに 土日は 富士スバルラインや
富士山スカイラインがマイカー規制になるため
バスを利用しなくてはいけないのです。

そんなこんないろいろ考えに考えて

7月14日(木) 関西を出発(移動日) 河口湖近くのホテル泊

7月15日(金) スバルラインで5合目へ
          富士吉田口5合目から のんびり登山開始
          7合目 山小屋泊

7月16日(土) 4時半 ご来光
          6時 山小屋スタート 頂上を目指す
          10時過ぎ 頂上到着
          12時半頃から お鉢めぐり
          14時40分下山開始
          17時 5合目到着
          そのまま 河口湖畔のホテルで 宿泊

7月17日(日) 河口湖や周辺を楽しみ 夕方6時過ぎ 
          関西へ向けて帰路につく


7月18日(月) 02時頃 家に到着!
          

こんな 感じの とってもゆとりのある行程だったので
思う存分富士山を楽しめました。

関西から 富士山登山はやっぱり 遠い!
でも 日本一の山だけあって
感動もひとしお・・・ 行ってよかったデス! 




=====================

前の日に ほうとうを食べ過ぎて
翌朝は胃がムカムカ

なんだかとっても体調が悪いww

あー 気分が悪い・・・・(lll-ω-)ズーン

登山の日に 
大丈夫かな・・・ 不安がつのる


コンビニで コレ買って飲んだら少しおさまってきたような



(あ、二日酔いではないですよ〜〜)

スバルラインで5合目についたが(9時半)
すでに 駐車場は満車

しばらく待つことにした



30分ほど待ったら 5合目駐車場に入れた


高度に体を慣らすため 
5合目でおみやげやさんを
見たりして 時間をつぶしました。

朝ご飯食べてなかったので
ここで ご飯も食べました



荷物の準備をして



いよいよスタートです。


最初は傾斜もゆるく
歩きやすい道





6合目までは 花の写真を撮ったりしながら
楽しく歩く♪♪




6合目あたりは 霧?雲?で周りが白くなったり




青空になったりの繰り返し




まだまだこれからだと言うのに
なんだか疲れてるまろん。(笑)











めまぐるしく 空が変わります。






6合目を過ぎると だんだん 登りもきつくなってくるし
足場も悪い。

しんさんに とにかく 「ゆっくり」 登れ! といわれてるので
(高山病にならないためにも)
とにかく ゆっくりです。

というか ゆっくりしか 登れない・・・(笑)

途中で リュック降ろして 休憩してたら




あとから登ってきた 山ガールの子に
「お二人さん絵になってますよ^^ 写真撮りましょうか?」と
言ってもらって シャッター押してもらいました。 



アリガトウ ☆

上のほうに 山小屋が見えてきて
しんさんが あれが 7合目の山小屋だよって言います。





なんだ!すぐやん!
なんか物足りない〜〜! って思う距離に見えるのに
なっかなか たどりつかない(笑)

平地に比べると 歩く速度は3倍くらい遅いかな?

何度も何度も休憩
水分と エネルギーの補給も忘れずに。


急な岩場を登ったら
この日泊まる山小屋に到着。

もうヘロヘロでした。
すんごく きつくて これ以上はしんどいって
もうだめかもって
思ったときだったから 
あ〜〜!今日はここで休めるんだ!と
思ってとってもうれしかった(笑)

山小屋で しんさんが宿泊の手続きしてくれてる間
ベンチに座ってリュック下ろしてたら
従業員の人が これに履き替えてねって
サンダルを出してきてくれた。

すごい うれしい!
トレッキングシューズ脱いだら めちゃ楽チン。

そのあと 部屋に行って(個室だったのです)
荷物置いて お茶をいただいて
写真撮ったりしながら ゆっくりくつろぐ。


私たちが泊まった山小屋はこんな感じ。



窓から見える景色




雲がもくもくだ!(o^^o)



次々と 宿泊客がやってきます。

上から見てたら みんな すんごいしんどそう(笑)

右手真ん中に見えるのは
下の山小屋の屋根です(7合目)



わたしも  あんな感じで登ってきたんやな〜〜と
人の様子を見て 思う

夕飯は 5時から
カレーと ハンバーグ




私はこのご飯 半分くらいしか食べれなかったけど
お隣の山ガールさんは おかわりしてました!!(驚)
私もそれくらい 食べなきゃ〜〜   なんだろうなぁ。。。
(´・ω・`)



でも 食べれないんだもん!(泣)

ご飯のあと寝てしまいそうになったけど
がんばって起きて
雲を見たり 夕焼けを眺めたり








聞こえるのは鳥のさえずりと
人の話し声だけ

テレビもないし
することがない。(笑)

ベンチに座って雲を眺めていたら
とてもとても贅沢な時間に思えて
こんな 贅沢な時間を過ごしていることが
なんか こそばゆいような へんな かんじがした

味わったことのない 時間だった。

現実を忘れて
こんなことしてて いいのかな? と思う反面

あ〜
なんて しあわせな 時間なんだろう 

空の色が 青から藍へ

山中湖も見える









こんな素敵なお天気に恵まれ
愛する人と一緒に 富士山に来れて 
しあわせ






ただただ感動

その日は 8時には布団に入った
夜中12時過ぎに 出発する女の子たちがいたみたいで
ざわざわしていったん 目が覚めたけど
またすぐ寝ついた

とっても ぐっすり 眠った。


つづく・・・♪


↓↓ (`・ω・´)ノ  富士山パワーください! 
  クリック ↓
   
にほんブログ村 
その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ 人気ブログランキングへ









| 2011.07.20 Wednesday | 富士山 | comments(4) |

何度見てもイイ!富士山
23:00
明日は台風のため
会社が休みになりました。

台風の進路変わったみたいやけど
休んでいいのかな?(笑)

そんなんで(どんなん?)
今日はまったりと岩盤浴に入ってきたよ。

富士山レポを書こうと思いながら
なかなか進まない
何から書いていいやら…

感動がおっきすぎてヾ(●´▽`●)ノ
あれもこれも伝えたい!

まだ作文がまとまってないから
今日は写真だけ。



今週末は
富士登山競争ですね!
出場されるみなさん、がんばって〜!
(`・ω・´)ノふぁぃとッ!

あの山を駆けあがる人たちがいるなんて、
みんなすごいわ!Σ(・ω・ノ)ノ

私の登山中にも数人の
それらしき人たちに出会いましたよー。
いいお天気になるとイイね(*´ω`*)


↓↓ (`・ω・´)ノ クリックぷりーず!
にほんブログ村 
その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ 人気ブログランキングへ








| 2011.07.19 Tuesday | 富士山 | comments(0) |

富士登山ルートと時間
17:24
富士山で歩いたルート




スタートはスバルライン5合目
吉田口ルート

普通に登ると6時間半



昼12時前に出発

元気だったのは最初だけ(笑)



七号目 トモエ館に2時過ぎに到着
ゆっくりまったりしてトモエ館で一泊







翌朝 トモエ館で御来光をおがみ



6時スタート

10時過ぎに頂上到着



プチ高山病になりかけたまろんは
ヘロヘロに。

お昼ご飯を食べたりしながら
ゆっくり休憩

お鉢巡り12時30分スタート







下山開始 14時40分

トレランの人と同じペースを維持しながら

5合目到着16時45分



詳細レポはまた順を追って書きます


富士山に魅了されて
しつこく富士山ネタで行きそう(笑)


↓↓ (`・ω・´)ノ クリック
にほんブログ村 
その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ 人気ブログランキングへ








| 2011.07.18 Monday | 富士山 | comments(6) |

昨日の富士山御来光☆
07:33
昨日 山小屋から見た御来光です。








今日も富士山は晴れ!

筋肉痛はなし!v( ̄Д ̄)v ヤター!

でも
すってんころりんの打撲したとこが痛い(笑)


4日とも晴れ晴れ
嬉しい☆楽しい☆しあわせ☆

今夜関西へ帰ります。

↓↓ (`・ω・´)ノ
にほんブログ村 
その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ 人気ブログランキングへ






| 2011.07.17 Sunday | 富士山 | comments(0) |