maron
2歳年下夫と再婚 しあわせな暮らし
まろんのこころの色を綴ったブログ

・宅地建物取引士
・ファイナンシャルプランナー2級
・整理収納アドバイザー2級
・アマチュア無線4級
・食品衛生責任者
↓↓ランキングに登録しています。クリックしてもらえると嬉しいです






ブログランキング参加中*
まろんの本棚


qrcode


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

アラフィフの日常を綴ったブログ*趣味は登山*カメラ・写真好き
築41年の自宅をセルフリノベ中・家具はほとんどDIY




涸沢カール♪
20:35

昨日の夜

昨年のこちらの記事にコメントを
いただきまして♪(*^_^*)

涸沢カールで過ごす贅沢な時間




あー
そーだった

去年の この時期

涸沢〜北穂 を満喫してたんやったー!ヾ(*´エ`*)ノ



と、なつかしく
自分の記事に読みふけってました。(*´艸`*)














行きたいな〜♪

涸沢。(*^^*) !







わたしが初めて 行ったアルプスやからね〜


初めての北アルプス
記事こちら♪












明日から 思いがけず 4連休〜♪


どこに行こうかなー



トラコミュ↓
ヤマノボリ






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ


人気ブログランキングへ





| 2015.10.08 Thursday | 穂高連邦 | comments(8) |

涸沢から上高地へ*パノラマコース(ドキドキ)
22:25
2014年10月9日〜12日 涸沢から北穂高へ登ってきました。





最終章 12日の下山編。



横尾⇔涸沢は渋滞するので

しんさんが パノラマコースで帰ろうかと言い出した



パノラマコースは

鎖場とかロープとかあって

地図上は 点線 − − − − になっており



一般的なコースではない。



しんさんは 昔、通ったことがあって知ってるらしいんやけど



まろんは

怖いんだってばーー ガーンネコ

高くて狭いところとか 

  足がすくむんだってばー
汗



下山の前の日に

実際に通っている人を テレスコープでリサーチ(笑)



そして 遭対協の人に

パノラマコースの登山道の状況を確認。



鎖場やロープなどがあり 登山道が細いところもあるけれど

丁寧に、慎重に渡れば特に 問題はないと言ってもらった。


ただ、パノラマコースだからルンルン♪で行けるのかと思って
行ってもらっちゃ困るけどねー。って。


ですよねー!!!!!((;´Д`A

私が高所恐怖症だと伝えると


でも、あんまり緊張してると
体がガチガチになっちゃって危ないから
リラックスして 慎重に通れば 大丈夫ですよ。


と。



しゃーないなーー。

パノラマコースで帰ったるかぁ!!(笑)



暗いうちに テントの撤収&パッキング

朝食は ヒュッテで予約しておいたので

食べて 歯磨きしたら すぐスタート



朝食が テントの人は 6時半頃だったので

涸沢を出たのは



6:50  

涸沢に ありがとうheart とお礼を言って下山開始。



お月様がキレイ。

 





陽が射し込んでるけど お月様もまだいる♪

バイバイ 涸沢。 またくるね!ゆう★









そして いきなりのロープ&鎖



出たー 笑











コ コ コワイ ・・・











セルフビレイをしながら 進む。

しんさんが お手本。











まろん 必死 泣き







岩にへばりついて 歩く ゆう★











このコースを通る人は みんな 

ひょいひょい歩いていく。

(みんな 何もつけてませんーー )











びびってるのは 私くらいだろうなーー クッキーモンスター









でも しんさんが 教えてくれるし

ゆっくり 慎重に 丁寧に進めば 大丈夫。











やっとー

屏風のコルにやってきました〜♪



槍ヶ岳が見えるーー 











少し 高いところから見る涸沢カール



奥穂や北穂への 登山道がよくわかるーー

小屋が小さく見える。!! 

この眺めもまたいいな〜〜♪











穂高岳山荘も見えるよ〜♪









登山道がくっきり









4日めも こーんな 青空。

山の神様 ありがとうにじ晴れ











左のほう  北穂高への登山道が見える。







ずーむ 







屏風の頭には 行きません。

新村橋へ GO〜♪









時々 秋の装い。











下りだけど 小さなアップダウンもあって

けっこう キツイぞー











49歳

2年前と比べ 筋力落ちてるのを実感













岩がゴロゴロしてるところを下っていたら

母娘(だと思う)が 



靴のソールが剥がれちゃって 困ってた。



「お先にどうぞ」 と言われたので

追い越して先に進んだんだけど



しんさんが



「靴、直したろうかな」

「直せるの!?」



「一応、修理キットは持ってるからな。」

「持ってるなら 直してあげたほうがいいんとちゃうー ニコッ



と 振り返り 戻ろうとしたら

ちょうど 彼女たちが後ろから来たところだった。





しんさんが 

「靴、直したげようか!?」 と

聞くと



「直せるんですか?」 

「応急処置やけどな。そんなんじゃ 危ないやろ、この先まだ長いし。

 上高地までだいぶあるよ」




靴のソールがはがれちゃったのは娘さんのほう

ナイロンの紐で しばって 歩こうとしてた。



「靴 脱いでみ」 と しんさん。



道具(修理キット)は ザックの ほぼ一番下にあった(笑)

荷物を全部ザックから出して











応急処置中の しんさん。 手



ペンチまで 持ってた







待ってる間、

その母娘さんと おしゃべり。



娘さんが 穂高連邦が好きで 年に1度は涸沢に来るんだそう。

彼女は その登山靴 10年履いてるって 言ってた。



登山靴は 履いても履かなくても 3〜5年くらいが寿命だよーって

教えてあげて。 



いろんな おしゃべりをした。



その間 たくさんの方が 通って行かれ

せまい 登山道で みなさまに ご迷惑をおかけしました。kirakira

ゴメンナサイ





応急処置完了。

お母さんが 「お礼は・・?」 と言われたので



「お礼なんていりませーん!!!!ゆう★



無事に下山が お礼ですよー。 ニコッ



しんさんが 

「あの娘は 10年も靴履いてるって

 モノを大事にしてるってことや。」 と

言ってたのが印象的だったな。



「帰ったら 新しい靴 買います」 って言ってた。



***





彼女たちと別れ  ガッシガッシ 下る。





しんさんに 「しんどそうにするなー!!」 とか言われながら

鬼隊長はいつも下山時に現れる(笑)



丸太橋に ビビリ全開まろんーー









やっと やっと 新村橋だーーーーーーー

汗だくの 悲壮感いっぱいまろん(苦笑)



11:20 新村橋  











この橋 めちゃ揺れる〜〜〜〜 ・・・











徳沢に来て ようやく 笑顔



お決まりのソフトクリーム♪♪

11:35 徳沢到着







徳沢で 少し送れて さっきの母娘さんも到着。



「靴 大丈夫だった?」



「はい!! ぜんぜん大丈夫です〜」



良かったよかった。 ハート

上高地までも大丈夫そうだった ♪







そして ソフトクリーム食べたあとは

上高地まで 超ハイスピード!!!!!!!



12:00 徳沢出発



12:40 明神荘到着

12:50 明神荘出発



このとき

急に 私の後ろに足音が・・・・・



ずーーーーーーーーと ついてくる



(もう 早く抜いてよ〜〜) と思いながら

ガッシガッシ歩いてると



「ペース 速いなあ」 と 急に声かけられ びっくり



「え、、 あ、  はい 、 

  早く(上高地について)楽になりたいんで(笑)あひゃネコ



「いっつも こんなペースなの?」



「あー 主人が早いんで 

  私は必死のパッチでついていってるだけなんです」



「ずっと ついてきたけど 速いなーと思って。 」



河童橋の手前で 

私たちが立ち止まったら



「ええ トレーニングになったわ。

  ありがとう!!」




言っておじさんは去って行かれました〜〜 笑











そして 



13:25 河童橋 到着〜!!















あの山からおりてきたんだーー







13:30  上高地バスターミナル 到着〜♪



出発から 6時間30分(靴の修理時間含む)



あー 無事に下山できたーーー!!



平湯バスターミナルに戻り

平湯温泉へ♪



4日間 お天気に恵まれ ありがとうございました。



いろんな人との良い出会いがありました

(後日また書こうかな)







しんどかったけど

また  行きたい と思っている自分がいます。









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

にほんブログ村





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





人気ブログランキングへ


























| 2014.10.17 Friday | 穂高連邦 | comments(12) |

涸沢カールで過ごす贅沢なシアワセ時間*
20:23
2014年10月9日〜12日
涸沢〜北穂高へ行ってきました。

1日目  上高地から 涸沢へ
2日目  涸沢から 北穂高へ(そして涸沢へ)
3日目  涸沢で いちにち のーーーーーーーんびりゆう★ハート
4日目  涸沢から 上高地へ (下山)

今日のブログは
3日目の 涸沢での のんびりレポを書きますーー。

2012年に初めて 涸沢に来た時に
その景色のすばらしさに うっとり
もう一度また 来たいなー  と思ってました。

こんなところで 何もしないで 
ぼーーーーと山を眺めていられたら
なんて ステキなんだろう ひらめきheart と。

そんな想いが  叶いました。



昨年の同じ時期に 行った立山では
初冠雪で
寒い寒い冬山登山となりました
記事コチラ→ 雪の立山


その時は テントの中でも寒くて寒くて
シェルジャケットを着こんでカイロを貼って寝たのですが

今年の 涸沢は 想像してた以上に暖かく
寝るとき Tシャツ1枚でも大丈夫なほどでした。


去年 しんさんが新調した
モンベルのダウンハガー  もこもこハート
暑かったらしいです(夜中にズボン脱いでました(笑))))





3日目の 朝。

わー ゆう★  
今日も いいお天気 ♪ 山の神様ありがとう!!



涸沢のテント場に陽がさしこむのは遅い。






昨日登った北穂高





カッコイイ 涸沢槍






北穂高の山頂は 手前の高いところじゃなく
もうひとつ奥。
→の ところを登っていきます。

写真ではわかりにくいんだけど
しんさんに あそこを登るんやで と言われた時に
「うそやろ〜マジで」 と思うほど 急斜面でした。




やっぱり ここはステキなところ。





わずかに 残ってた  赤いナナカマド




ほんのちょっぴりだけど
紅葉 残ってた〜〜ハート うれしーいheartゆう★










この日は土曜日
テントも少なくて ほんとにのんびり




嬉しくて 写真撮りすぎちゃう(^w^)





おさるくんたちも 嬉しそう
おさるちゃんは2回目の涸沢だけど
おさるくんは 初めてなんだ(2代目だから)



この4日間で 380枚くらい写真撮ってました
(どんだけーー)




どこかの山に行きたくなるくらい
青い空




でも 今日は  どこにも行かないー



涸沢ヒュッテの レストラン




お洗濯日和です(笑)))





300円もしたけど
めっちゃ美味しかった ポテチ





昼寝したり





ヨガしたり







動きすぎて シャツが・・・




山にいるのに 何もしない
こんないちにちが とっても 嬉しい♪♪





少しだけ残ってた紅葉 と 北穂高




ヒュッテの屋根の上にいるように見えますが
テラスになっています。




昼間なので ヒュッテの中には人はほとんどいませんでした





聞こえるのは風の音





コーヒーも とっても美味しく感じるハート





涸沢の 夕暮れは早い
3時頃でこんな感じ





陽が沈むと とたんに寒くなる





この日 午後から続々と 登山者がやってきて
気づけば テント場もずいぶんカラフルに。




PM 4:00
夜のおかずにしようと 涸沢小屋に
おでんを買いに行った




テントまで持って帰り 温めなおして 食べようと
思っていたんやけど




見たら 食べたくなり
小屋のテラスで 食べてしまった(笑)

ヒュッテにもおでんはあるんやけど
私は小屋のおでんのほうが好きだな。
(上の写真 セットで500円)
おだしがめっちゃ美味しかったーー

(ヒュッテのおでんは ひとつずつお値段がついてました)



涸沢小屋からみた テント場
増えたな〜〜♪











そして 陽が沈み

テントに灯りがともってく




誰かが この灯りを「涸沢名物〜」 と 言ってた(^^*)



早々に シュラフに入って寝ようとしていたら
トイレから帰ってきたしんさんが

「まろん 星がめちゃキレイや!! 出て来てみ♪」

「え〜 もうシュラフに入っちゃったよーー。 もういいや〜」

「出てこないと 絶対 後悔するぞ!!!(笑)」

  ・・・しぶしぶ・・・


うわあああああああーーー
満天の星空〜〜
ききき


前の日は少し雲が広がってて見えなかったんよね。

シュラフから出てきてよかった!!! ゆう★


そして 初めて星空にも挑戦してみたが・・・・

まだ早い時間だったためか(8時頃)
ヘッドランプつけて歩く人がいたりで
周りが明るすぎたのか  
あれーーー ぜんぜんやんーーー(苦笑)



でも それらしい 雰囲気だけは伝わるカナ?ちゅん

山の上に ポツっと見えてる灯りは小屋の灯りです。

星空の撮りかたが なんとなくわかったので
また 今度 チャレンジしてみまーす !!

3日目は とっても とっても ぜいたくで
ステキなしあわせ時間でした。

何もしない ぜいたく。
山の上でこんなふうにして過ごしてみたかった。

「今日もいちにち ステキな時間を ありがとう」
と言ってシュラフにもぐりこむ。

さあ 明日は下山だ。

入山した時の 天気予報では 
12日(下山時)は雨マークがついてたんだけど

なんと 最終日も 晴れマークに 変わった! 晴れ

ヤター ゆう★ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


人気ブログランキングへ



 

| 2014.10.16 Thursday | 穂高連邦 | comments(6) |

北穂のホ♪北穂高*標高の一番高い山小屋☆と槍ヶ岳
21:20
高所恐怖症 49歳

北穂高山頂(3106m)をめざす。



前半はコチラ→涸沢から北穂高へ♪





ようやく 北穂の山小屋がチラリと見えてきた!!







しかし ここからがまた しんどい(笑)





iPhoneImage.png



あっ! 北穂のテン場!!

テントは1張りだけでした。 

iPhoneImage.png



ここは水場までが遠いから 大変そうだなー(水場、トイレは山小屋)



あと少し





もう少し





iPhoneImage.png



北穂と奥穂(涸沢岳)との分岐が出てきたーー!!



iPhoneImage.png





あと200m

iPhoneImage.png



しかし この200m が キツイーー(笑)



富士山を思い出した。

(鳥居をくぐってからものすごい時間がかかった)

iPhoneImage.png



だって 上にいる登山者があんなに小さいんやもん。



iPhoneImage.png



登って登って ぜいぜい はぁはぁ



iPhoneImage.png



そして ひょい っと 山頂についた。



iPhoneImage.png



11時30分。





スタートから 約4時間 

ヘリの救助活動で待機してた時間も考慮すれば 上出来♪ヤッタv



山頂には何人か人がいたし 水分補給もしたかったので

先に山小屋に行くことにした。





山小屋について 



その 素晴らしい景色に息を呑む

なんて ステキな眺め!!



iPhoneImage.png



日本で一番高いところにある山小屋 北穂高小屋

3000m級の山々が目の高さにあり

はるかむこうには 槍が堂々とそびえたつ。



iPhoneImage.png





こんな 素敵な場所があっていいのかーーー!!!(興奮しました)

しかも こんないいお天気で 

カミサマーーー 今日もありがとう〜♪♪





iPhoneImage.png





外のデッキで水分補給していたら

鎖場で先に行ってもらった青年が パスタを食べてた。



この青年、ヘルメットをザックにつけたまま 鎖場を登ろうとしてたので



「ヘルメット!持ってるのなら

  絶対にかぶったほうがいいよ!」
言ったら



素直にかぶってました。(^^)





この先 どっか行くの〜? ときいたら



「涸沢岳に行こうかと思ってたんですが、

ここまでも かなりきつかったのでこのまま下山しようかな〜と」 





「だよねー! しんどいよねー! 

  私たちもどうしようか思案中〜(笑)」



このあと 私たちは小屋の中で食事したので 

「気をつけてね〜♪」と言って別れました。



北穂高山頂にいた人は 8割がたヘルメット着用されてました。

 

そして 私たちは小屋の中で食事をいただくことに



北穂高小屋

今まで行った山小屋の中で いちばん好きかも〜♪



iPhoneImage.png





センスが良くて すごくお洒落。

使い込んだ木の色が 時を物語っている





iPhoneImage.png





こんなところに山小屋を建てるなんてほんとすごい!!



山小屋があるから 

私たちはこうやって登ることができるんやんな〜♪と

しんさんと 話しました。



働いてる人がみんな若くて 笑顔がイキイキしていました。



雨の日や風の日もあるだろうし

キツイこともあるだろうけど

毎日こんな景色を見ながらお仕事できるって 素敵だなー♪



私たち登山者のために いつもありがとうございますハートきらきら



食事を済ませて

トイレを済ませて

水はここでは貴重で 



持って来たボトルに 1L=200円で入れてくれます。





そして 山頂へ♪(山小屋からすぐ!です)

貸切〜!!



思う存分写真を撮りまくり



iPhoneImage.png



槍を眺めて いつか行ける時があるかな…



iPhoneImage.png





おさるくんとおさるちゃんも ガンバったね!





iPhoneImage.png







あー♪

なんて 素晴らしい景色。



iPhoneImage.png





iPhoneImage.png





iPhoneImage.png





iPhoneImage.png



ぎりぎりまで涸沢岳に行くか悩んでいましたが



山頂でゆっくりしすぎ 1時になってしまったので

(涸沢カールは3時にはもう太陽が見えなくなります)

早く下山したほうがいい



いや それより何より 

私の気力&体力がついていかない〜〜(苦笑)



だって、 あんな ギザギザした稜線歩いて行くんやで。



iPhoneImage.png





iPhoneImage.png



地図には 危険マークあるねんで。



もう この景色見れただけでも十分〜♪



iPhoneImage.png



iPhoneImage.png





iPhoneImage.png



しんさんの判断も 「来た道を下山」でした。

ほんとは 来た道を下山するのはとっても怖かったんやけど(汗)







くだりではわたしが先に進み

後ろでしんさんが 確保。(急で危ないところだけ)





iPhoneImage.png



くだりのハシゴは難なくクリアし



iPhoneImage.png





次に鎖場へ  私が前を歩いていたのですが



(あれ こんな錆びた鎖だっけ?)

と内心思いつつ

なんの迷いもなくその

鎖をつたいながら 2m、3mほど下る



上から見ていたしんさんが

「まろん その鎖 下まであるか!?」



「いや、ないよ。 途中で切れてる」



鎖がなくなってから どうやっておりたらいいのか

ザレザレの急斜面。足をかけるところもない。

足を置いたら石がゴロっと転がっていった



「ラーク!ゆう★

(ごめんなさい!!!!)



(どうしよう、 コワイ。(><)

  どうやったらいいん!? )



(だめだめ 怖いって思っちゃだめ!!) 



心の中でものすごく焦りながら・・・





すると しんさんが



「まろん!! 道間違えてる!!!!!!

 そこルートと違う!!

 早くあがってこい!!!!!!!!!!!」 




(えーーっ そうなん!? 0口0 )





まだかろうじて鎖をもっていたので

あわてて 登る。



しんさんが 

「そこに (誰かの)カメラのレンズが落ちとる!」





錆びた鎖場の斜面に 

一眼レフのカメラのレンズが落ちていました。



そして そこの鎖の下の斜面の途中には

ペットボトルが落ちていて

登る時に

「あんなところに誰かペットボトル捨ててるよ、

  信じられないね! ゆう★



って話していた場所だったんです

もしかしたら 他にも誰か間違えた人がいるかもしれません。

登りでは間違えることはないですが
下りでは、間違えそうな感じなので

北穂高 下りで利用される方は
気をつけてくださいね。


特に 違うルートから登って
下りのみ このコース利用だと
間違いにすら気づかないかもです。


正規のルートは 下山方向にむかって
その錆びた鎖場より 少し左手にありました。

(間違えたのは、一枚岩の鎖場のところ。)



錆びた鎖場方向へ 道のようなものがあったので

私は気づかずに 行ってしまったんです。悲しス。



鎖があるということは もしかしたら

以前はここがルートだったのかもしれません。



しんさんが 気づいてくれてよかった。

本当に怖かった。

この日の中で一番怖い出来事(場所)でした。



すぐにちゃんとしたルートへ戻り

鎖場を下ります。





私は 足の置き場所を探しながら

四苦八苦して 下るのに



しんさんは するするするするーーーーーーーーー っと

ものの 何秒かで おりてきてしまう。



ああ、 私もあんなふうになりたい。





鎖場を越えたらあとは 岩場をガシガシ下り

見えてきました〜♪



涸沢小屋〜!! 



iPhoneImage.png



到着ぅ〜♪ 16時頃でした。



まずは コレ!ソフトクリーム。

うまい!!うますぎる!!



iPhoneImage.png







そしてそのあとは

もう飲んでもいいよね!(笑)





iPhoneImage.png





わあ♪ マムートのジョッキ。

ビールが めっちゃ美味しかった。



おつかれさまでした〜〜♪ 

無事におりてこられてよかったー!!





iPhoneImage.png



涸沢小屋でおでんを食べて

無事にテント場に到着。



無事カエル♪ 



iPhoneImage.png

ヘルメットやハーネスのありがたさをひしひしと感じた

登山でした。



↑ 足は しんさん だよーー(笑)ちゅん







無事に下山できてよかった

そして すばらしい景色を見せてくださって

山の神様 今日も ありがとうきらきらき



iPhoneImage.png





続きも 読んでね

 ↓  ぽちっとな ♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




人気ブログランキングへ



| 2014.10.15 Wednesday | 穂高連邦 | comments(14) |

涸沢から北穂高へ (高所恐怖症)
21:20
2014年10月9日〜12日 山旅

2日目の
10月10日

涸沢から北穂高へ登ってきました。



夫(しんさん)は 元山岳部 47歳

妻(まろんは)高所恐怖症 49歳

ん?歳は関係ない?



泣きながら 登った奥穂高

コチラクリック



さあ 今年は北穂高に登れるのか〜。



朝はゆっくり目

涸沢ヒュッテで朝食をとり



7:20 出発



むこうに見える涸沢小屋の裏手から登って行きます。











7:25 涸沢小屋

行くゼ 北穂!







なんと綺麗に整備された登山道。

いつも 頭が下がります。 ありがとうございますハート









ねーねー 

しんさんーー

あれが 前穂だよねーー

 









前穂のギザギザ カッコイイ

今度は前穂にも行ってみたい









涸沢のテント場がミニチュアのように見える



急登でしんどいんだけど 一気に標高があがるのでおもしろい





手と足を使い









ぜいぜい はぁはあ 言いながら









ひたすら 登る。

ただ ついていくだけ。

この人の背中を信じて。



そう 人生も同じかもね。









途中 下山してきた老夫婦とお会いしました。

山岳ガイドさんと一緒でした。



ガイドさんと ハーネス&ザイルで 3人がつながれ

急な斜面では ガイドさんが 一番後ろで安全確保。







今回の登山で こういうガイドさん同行のグループが

いくつか見られました。

ファミリーの方や年配の夫婦など。



以前 西穂に登った時は

単独女性の方が 専属のガイドさんに岩場の下り方などを

教えてもらってたのを見ましたヨ。



登山は危険も伴うスポーツ。

ちゃんと基本を教えてもらうのは大事なことだと思います。







私のガイドさんは この人です(笑)

時々 鬼になります。 







見上げても見上げても 山頂は見えず

イヤになるーー







登り始めて どのくらいだったか

『レスキューです!!!』と

上から 走って下りてくる人と 遭遇した。



あわてて 道を譲る。



その直前に 下山してきた人が

「ああ、 よかった。 

 僕が通報しなくちゃいけないかと思ってたんです」





「何かあったんですか?」 と聞くと



鎖場で滑落があったとのこと。

見えないところに滑落したとのこと。





胸が ぎゅーーーーーーー となる。



どうなんだろう

生きてるのかな

たいした怪我じゃないのかな



そんな話をしながらも 少しずつ進む。





手を使い 足を使い



うんせ こらせ。







こんな 岩が 空から降ってきたんだな・・・・

怖かっただろうな・・・



と 御嶽山で亡くなられた方々へ 思いを馳せます・・・・

(ご冥福をお祈りします)







しばらくしてから

今度は下から 遭対協の人がものすごい勢いで登ってきました。



ひとり



ふたり



あわてて 道を譲ります。



「ごくろうさまです」 と 言うと



「滑落の方のグループですか?」と聞かれた。



「いえ、違います。鎖場のところらしいです。

 見えないところに落ちてるって聞きました」



救助隊の人が 谷を覗き込んでいたけれど

私たちに何ができるわけでもなく

ただ 静かに通り過ぎます。



救助隊の人が 滑落者に声をかけています。


ちょうど 私たちが鎖場に さしかかったところでした。









鎖はありますが

高所恐怖症の私には何があるかわからない

(以前 気絶しかけましたから・・・ハイ)



しんさんに ザイルで確保してもらいながら









登っていたときに









ヘリが 来ました



救助隊の人が





「今からヘリが近づきますので

  安全なところで 

  じっとしていてくださーいーー!!」




(ヘリのホバリングの風が危険なのです)





といわれたので



手で OK と合図を送り

鎖場の途中で 少し 広くなったところで じっとしていました。



上から 降りてくる人がいたので 



「今からヘリが救助活動するので ここで待っててください」

「このロープにつかまってていいですよ」 と



3人で 岩場で救助活動を見守る。



救助隊の人が ヘリから おりてきて

ヘリがいったん 滑落場所を離れ 旋回





そして 再び戻ってきて

遭難者を するするするーーっと引き上げていく。



ヘリに乗せられたってことは 助かったのかな


救助活動の一部始終を 見ていて

涙が 出ました




早く一報を伝えようと 走っておりた人

一報を聞きつけ すごい勢いで登ってきた人

少しでも早く助けようとヘリでかけつけてくださって

救助隊の人たちへ ありがとう と 思って熱いものがこみあげてきました。 



私たち登山者のために いつも ありがとうございます。







ヘリがさったあと 気持ちを引き締め

鎖場を クリアし

次は 長い長い はしご。











途中 ザイルが足りなくなり

はしごの途中で 待ってます(怖) 



でも 写真撮ったりする 余裕も出てきたのよねーー。



















しんさんが先にあがり

安全確保してくれて 私もはしごをクリア





どれどれ(笑)





ひぇーーーーーーー

目がくらむ(笑)



以前は こんなの見ることもできなかったけど

少しずつ 高所恐怖症も マシになってきてる?









前穂の むこうに広がる雲海と

遠くに見える 富士山。

こんなステキなお天気にしてくれて ありがとうheart









鎖場とはしごをクリアしたら

すぐに山頂かと思ったら

まだまだまだまだまだまだまだまだ









まだ山頂は見えない〜。









もう上を見上げるのがイヤになってきました。ほんとに。







サブザックの中には

冬山用上下ウェア

アイゼン

フリース

薄手のウィンドブレーカー

行動食 飲み物





え〜



また 鎖場〜〜 



















これは 傘ヶ岳かな?







前穂〜♪











つづきはーーーーーー→北穂高小屋と槍ヶ岳




ぽちっとな↓



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



人気ブログランキングへ



| 2014.10.14 Tuesday | 穂高連邦 | comments(10) |

やっぱり涸沢は遠かった〜。
19:55
2014年10月9日〜12日


 
3泊4日で 涸沢から北穂高へ行ってきました。







8日の夜に関西を出発。



夜中12時過ぎに 平湯バスターミナルに到着。

車は 予約していた宝タクシーさんの駐車場を利用。



(予約時に 停めてもいいですよと 了解もらってます)

トイレと歯磨きだけ済ませて0時半 おやすみー。





そして朝 タクシーに乗り 上高地へ。



上高地バスターミナルについて

ザックを持ってタクシーからおりて

荷物を置こうと 歩いたら

自分の登山靴の紐を踏んで

(あとで結ぼうと思って結んでなかったのーアセアセ







ドッテーン!!_| ̄|○





と 思いきり コケました。





静かな上高地バスターミナルに 

ヘルメットが転がる 大きな音とともに。。。。(恥)



みんなが こっちみて  だ、だいじょうぶ?? ってな



雰囲気で。0口0



ちょーーーーーーー 恥ずかしかったし

痛かった。 ガーンネコ







のちに その膝は とっても腫れて 痛くて痛くて

今もパンパンに腫れています。・・・



(あー、これから山に入るのに

  油断するなよ って神様が言ってるんだー)



と 思いました。



しんさんにも



「靴ひも結んでないなんて 言語道断!

 山であんなコケかたしたら 死ぬぞ!
ゆう★







とお叱りを受けました。



ごもっとも。Docomo_kao19 

ハンセイ





と 長い前置きはこれくらいにして(笑)







さあ! 気合を入れて 出発デス。







5:35   上高地バスターミナル 出発



(登山届は事前にメールで送っておきました)









 


 




河童橋〜♪



























上高地から横尾までは 



ほぼ平坦な道































6:28  明神館到着



6:35  明神館出発













ガツガツ 歩きます。









途中 おさるさんがいっぱいいるよ〜♪



人にも慣れてて

普通に 共存してる感じ。



子ザルが 可愛い〜 ゆう★









7:20  徳沢に到着〜♪

初めてのテント泊はこういう場所なら安心かもしれませんね!!













朝の7時半だけど



やっぱりこれでしょ〜〜!!



徳沢のソフトクリーム美味しいんです。











7:40  徳沢 出発〜









8:30 横尾 到着



エネルギー補給だけして



8:45 横尾出発









ここからが 遠い!!!!



ここから涸沢まで まだ3時間もかかるー





横尾からは 少しずつ本格的な登山という感じになってくる









9:40  本谷橋に 到着!

いい感じのペースで来ています。









ナナカマドが赤く色づいてる。



iPhoneImage.png





10:00  本谷橋 出発



ここからさらに険しくなります。











このあたりはまだ



葉っぱも緑色があって



涸沢の紅葉はどうだろうか











途中 真っ赤に色づいてるところが!!



(顔に影が〜〜(笑))











カールが見えてきました。



今年はしんさんも元気です!(笑)

(詳しくは2年前の奥穂高記事見てねー

コチラクリック









しかし



ここからが 長いし キツイ〜









そして やっと テン場が見えた〜〜!!



涸沢 12:20  到着です!

上高地から 約 7時間 



歩いて歩いて17キロ



もー しんどかったーーー



やっぱり涸沢は 遠かったわ〜=3











平日なので受付は2時からとのことで



先に 場所を確保。





トイレからはめっちゃ遠いけど



良い場所を見っけ。



おじさんが テントを撤収されてたので



「ここ 空きますか〜?」と聞くと



「空くよ〜」



ということで 大きな岩のそばを確保。









想像以上に テントが少なくて 意外。















涸沢ヒュッテ〜♪







iPhoneImage.png







さあ、



天空のレストラン

ヒュッテでお昼ご飯を食べよう!!









今回は 荷物を少なくするために



ヒュッテや小屋の食事を利用することに。



山の上でこういうの食べると



美味しいしねーー!







お値段は高いけどねー アセアセ









少しガスってます。



紅葉は

終わっていました・・・・ (泣)

今年は1週間ほど早かったらしい。

そして 先日の台風で 葉っぱも落ちちゃったんだって

















しんさん テント受付前で座っていたら

小屋番の人に間違われ(笑)





「明日、涸沢岳に行きたいんですけど

北穂からと奥穂からとどっちのコースがいいですか?」



って聞かれたらしい。

「俺 小屋の人間ちゃうけど。。。」 と

言いながら 自分なりのアドバイスをしてあげたそうですkyu











その後も 何度も小屋番の人と間違われ(笑!)



なんで 座ってたかというと



これ これ 

これ を借りたくて。











受付開始より前に 順番とりしてたんです。



涸沢のテント場は岩稜帯なので

このコンパネがあるとないとでは

寝心地が全然違う。



一番乗りで



無事にコンパネゲット〜♪♪







この日の夜ご飯も

ヒュッテの食事を予約して











涸沢ヒュッテの中

















ここが 食事スペース











さあ

お腹もいっぱいになったし

明日のために 



PM 7時



おやすみなさいき



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



にほんブログ村



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







人気ブログランキングへ






 

| 2014.10.13 Monday | 穂高連邦 | comments(9) |

憧れの北穂高へ(3106m)
15:12

雨の月曜ですね。


3泊4日の山旅を終え
昨日の夜 10時頃に 無事に自宅に戻りました。


今朝はザックの荷物を片付けたり
写真の整理をしたり

帰ってきてからお休みが1日あると
余韻にひたりながら
こころもカラダも 休めていい感じ。(*´艸`*)


夏の終わりから計画していた今回の山旅。


『涸沢の紅葉が見たい!』と まろん


『じゃあ、北穂高にも登ってみるか?』としんさん



(*・・*)ウン♪ 行くー!行く!行くー!



おそろしく人が多いと聞いていた
紅葉時期の涸沢。


連休に、有給をプラスして5連休!!

平日に行くことに。

あとは お天気と、紅葉がどうなるか…


毎日、毎日、紅葉情報とお天気を
チェックしながら


行ってきました。

上高地〜涸沢〜北穂高!


なんと、4日間とも、素晴らしい快晴で


ああ、山の神様 ありがとう♪と
何度言ったことか。



そして、 もう、ほんとに

きつかった 北穂高。 三 (lll´Д`)


高所恐怖症の私が、
鎖場やらハシゴやらを必死のパッチでクリア

目の前でヘリの救助活動を見たり


たくさんの経験をした 登山でした。



少しずつ、レポしていきますね。(*^_^*)



山頂 ひとりじめ(笑)



あ、いや正確には しんさんとふたりじめ(笑)



コメントやポチもたくさんありがとう♪
これからお返事 書いて行きますので
待っててくださいねー!(*^^*)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


人気ブログランキングへ









| 2014.10.13 Monday | 穂高連邦 | comments(6) |

無事に下山しました!
13:34
留守の間もコメントありがとう♪



3泊4日の山行
晴天に恵まれ


無事に下山しました!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


人気ブログランキングへ











| 2014.10.12 Sunday | 穂高連邦 | comments(14) |

西穂高 登山〜♪ 独標からの眺め。
17:01


意外とあっけなくついた西穂高独標

お天気も良くて サイコー矢印上手kyu











だけど

独標の上は 超満員!!!!!!!!



動くのも大変(笑)



みんな これから行く ピラミッドピークや

西穂高、ジャンダルムのほうを見ています。









手前が ピラミッドピーク

次が 西穂高山頂

そのむこうの少し丸いのが ジャンダルム(だよね?)

→訂正 丸いのは間の岳、
そのむこうがジャンダルム?( ̄▽ ̄;)












独標の上からの眺め

ここで 怖いと思ったら 西穂高山頂へ行くのはやめておこう











望遠レンズで覗いてみる











美しいな〜。

ピラミッドピークの上に人がいるのが見えるよ!!









私も行けそうだと思った











でも  今回は 行かない。=3













ガスが切れて 奥穂高方面が見えてきた!!!!!!!

2年前 あっちから こっちを見てたんだよねーー











登ってきた方面を見てみると(西穂山荘方面)

次々と登ってくる人が見える









おサルたちも記念撮影

いい眺めだな〜〜













えーーーっと 

これ 奥穂高だっけ????(笑)

ズームで撮りすぎて どの山かわかんなくなっちゃった(笑!!)













見ていて飽きない(^w^)



スッパリ切れてて 下を覗くと怖いよ。









渋滞してる











美しい

こんな美しい景色が見れてよかった。

西穂のピークは踏めないけど 満足きらきらハート

















また いつか来てもいいかな

そのときはちゃんと トレーニングして 

西穂山頂まで 行けるだけの気持ちと体力を持って来よう



そして おなかの肉はできれば 置いてきたいいーー(爆)

たぶん 太った分 しんどいんやろな〜。











登ってくる人の切れ間を狙って 下山開始! 

10時25分









下りの岩場ではさすがに写真撮れず

ここまで 来てやっと 振り返る

登り 渋滞してますねー













何度も 何度も 振り返る



ほんと あっけなかったな(笑)













小学1年生くらいかなー?

少年が 黙々と登ってました

「がんばれ〜〜!」 って声かけると

「ありがとうございます!」 って  礼儀正しいな〜〜











お花の写真は下りで撮ろうと思ってて

でも 結局 鬼隊長のペースが速く写真撮る間もなく

唯一 「ちょっと待って〜」 って 撮ったのがコレ













おさるくん クライミング中!?(笑)











ふー

だいぶ おりてきたよ。



空は曇ってきて 





山頂付近はガスが出てきた



よかった

早く登って おりてきて









傘ヶ岳も ガスってます











11時15分 西穂山荘に 到着〜♪













ソフトクリームが美味しかった〜(1つ500円)











ガシガシ下り



下りだけど 西穂高口の手前は登っています。

最後の最後に これがけっこうしんどいな











もう少し















無事に西穂高口駅に到着(12:15)





人の多さに 疲れが倍増〜(笑)



おみやげだけ買って ロープウェイへ

12時45分発の ロープウェイに乗れた。







駐車場についたのが 13:00 頃でした



時間的には 山頂か ピラミッドピークくらいまで

行けたんじゃない?

と 言うと 



しんさんが  

「でも 1日の行動時間は 今日で6時間くらいやから

 そんなもんやで、無理したらあかん」 って。





そっか、 そうやなー

去年の白馬でも お昼には 山小屋についてたし

そんなもんやな(笑)



++++++++









駐車場で

テリオス君の新しいタイヤのひげを

バッタさんが ちゅーちゅー 吸ってました〜〜











ロープウェイの駅で お蕎麦を食べようと思ったんやけど

人が多いので そのまま車に乗り込む



とにかく お風呂に入りたい〜!!



実は この日 泊まる宿もまだ決まってなかったんです(笑))





さあ どうなるー ?





今日も遊びにきてくださってありがとう♪



ぽちっと↓ 喜びます。(*´ω`*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ

にほんブログ村





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





人気ブログランキングへ








| 2014.08.16 Saturday | 穂高連邦 | comments(8) |

西穂高登山☆ めざせ独標
00:00
さ2014年 8月13日
日帰りで西穂高 独標へ登ってきました。



+ + +

7時35分 西穂高口を出発


ぬかるんだ場所もあり
人も多く 歩きにくい


周りは木々に覆われ 景色は見えず





ひたすら必死のパッチで 歩くまろん


写真を撮る余裕もない(笑)


ザックは8キロほどしかないけど
久しぶりなので なんだか肩も痛い


息があがる。


ゼイゼイはあはあ


何度も 鬼隊長に待ってもらいながら
がんばって歩く


ガーミンを見たしんさんが


『ここを ぐるっとまわれば 山荘や』


と 言った


ぐるっとまわったら

見えたーーーーー!!!






西穂高山荘〜♪



時計を見たら 8時25分。


えっ!?!?!

どーゆーこっちゃねん!!
50分で 登って来たってこと?!???

(コースタイムは1時間30分)w


そりゃ、しんどいはずやわさ(°_°)

鬼〜!!!!
ペース速すぎやろーっ!


って、しんさんに言うと

『腐っても山岳部やからな! いまはもうほんまに腐っとるけどな(笑)』


だってー。

ほんま、鬼隊長。

ヤマノボリは 遅い人のペースに合わせなあかんねんで(笑)




しんさんはどーこだ?!(*´艸`*)





山の診療所もあったよ。




山荘で、トイレをすませて
(有料 100円)

先に山バッジを購入

オニギリも購入。


とにかく人が増える前に 早く登ってしまいたいから

急ぎます!!!






山荘から5分で 丸山のケルン



山が似合う鬼隊長〜♪(*´艸`*)



この時はまだ笠ヶ岳もよく見えてる




そこから さらに5分

丸山に到着







ここまで来ると
景色も良くなりさすがにテンション↑↑(笑)




しかぁーし
しんどいのに 変わりはなく

見て、この 登りかた
抜き打ち写真は やめてよね〜(笑)








なだらかそうに見えるけれど






ガレガレで歩きにくい





途中 ガス欠になりそうで
山小屋で買ってた おにぎりを少し食べた



そしてまた ゼイゼイはあはあ




鬼の背中を見ながら がんばる♪





少しずつ 山が近くなる
(いちばん左が西穂高山頂)






やっぱりアルプスは美しいなぁ
そして、どんなになだらかそうに見えても

やっぱりしんどいわー(笑)





少しずつ 独標が近くなる


遅れてる私を心配し
しんさんが、振り返り
『大丈夫か?』 と聞く




写真を撮ってて 遅れたのさ(笑)





独標の上に人がたくさん


渋滞してるので 待ってます↓





待ってる間に かろうじて撮った


登山道は 一気に険しくなる





一瞬、コワイ 気持ちもよぎったけど
(高所恐怖症です)


考えちゃいかん!
目の前だけ見て登る!






ここから 私が先に行きます


なんかもー、背中丸くなってて
腰折れてるし
こんなんじゃしんどいはず(;´∀`;)<。。。ハハ。。。






手と足を使って 確実に









目先ばかり見てた私は
途中でルートからはずれそうになってて


しんさんに、
『まろん、ルートは左側やぞ』


と 注意されたり(^^;;



険しく長そうに見えた 岩場も
登ってみたら






あっという間についた!

なんか あっけなく。(*^m^*)




西穂高 独標 9時 20分 到着!

山荘から約1時間(コースタイムは1時間30分)

* 最初に書いた時間、間違ってたので訂正(*^^*)





思っていたより 早く 独標についてしまって


もしかして
もしかして

山頂まで行けてしまうんやないかい?




つづくー





今日も遊びにきてくださってありがとう♪

ぽちっと↓ まろんが喜びます。(*´ω`*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


人気ブログランキングへ









| 2014.08.16 Saturday | 穂高連邦 | comments(4) |