maron
2歳年下夫と再婚 しあわせな暮らし
まろんのこころの色を綴ったブログ

・宅地建物取引士
・ファイナンシャルプランナー2級
・整理収納アドバイザー2級
・アマチュア無線4級
・食品衛生責任者
↓↓ランキングに登録しています。クリックしてもらえると嬉しいです






ブログランキング参加中*
まろんの本棚


qrcode


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

アラフィフの日常を綴ったブログ*趣味は登山*カメラ・写真好き
築41年の自宅をセルフリノベ中・家具はほとんどDIY




到着♪
01:04

ついたー(*^◯^*)









コメントありがとう(*^^*)

お返事しばし遅れます。
ごめんなさい!

帰ってから書きますねー




にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ






| 2013.10.12 Saturday | 白馬 | comments(4) |

また喧嘩?鑓温泉〜猿倉へ下山。北アルプス最終日
20:45

北アルプス 白馬縦走 4泊5日

栂池〜白馬大池〜白馬岳〜杓子岳〜白馬鑓ヶ岳〜白馬鑓温泉〜猿倉

今までの登山レポはこちら♪
●栂池からスタート

●栂池〜白馬大池

●白馬大池でテント水浸し!(T_T)

●チングルマの一生

●白馬大池〜白馬岳

●白馬岳登頂とカメラ滑落(o;ω;o)ウゥ・・・

●山小屋 白馬山荘 個室で宿泊

●白馬岳〜杓子岳へ

●杓子岳から白馬鑓ヶ岳へ


●鑓温泉へ下山中に夫婦喧嘩?!






いよいよ最後の日
猿倉へ下山の日。



いつものように4時半起き
5時から朝食です。





朝ごはんを食べていたら ご来光が…

あっと言う間におひさま出てきちゃいました(笑)


夕焼けみたいやけど、これ日の出



露天風呂から眺めてた人もいるんだろうな〜〜♪
この鑓温泉は このお風呂に入るためだけに
登ってくる人もいるんだそうな。 

秘湯ですねーー♪





小屋のご主人に挨拶 
「ありがとうございました♪」とお礼を言って


遭対協の人に「気をつけて!」 と見送られ

出発です。5時50分。


温泉のお湯がごーごーと流れる横を下っていくよ。



いつものごとく のーメイク、腫れぼったい顔。(汗)


しばらく歩くと雪渓
アイゼンをつけます。




ほとんどみなさんアイゼンをつけてらしたのですが

中には つけてない方もいて
雪渓を横切る時はいいのですが

まっすぐ下るところもあって
結局そこで 立ち往生されていて (´・_・`)

しんさんが、
大丈夫??と声をかけていましたが
大丈夫とのことで。
ストックをだされていました。


抜かすのにちょっと怖かったです。。。



3回 雪渓をわたったかな?







ほんとに凍っているところもありました。
















鑓温泉小屋が小さく見えます。





ぶはっーーーー





なんで そういうトコ写真に撮るかね?(笑)





途中で キヌガサソウ 発見!!!!!



栂池自然園でもっと小さいのを見かけて
あとで写真撮ろうと思ったら
もう咲いてなくて…


諦めてたから めっちゃ嬉しかったーー♪





お花に興味がないしんさんも
すごいなー 
大きいなー。
きれいに咲いてるなーーと言ってました。(*^^*)

ホンモノのキヌガサソウ見れて嬉しい〜♪
存在感のあるお花だね。



これはなんていうのかな?




急いで撮ったのばかりであまりいい写真がないけど。



猿倉への下りは 
登ったり下ったり下ったり
登ったり下ったり登ったり

気持ちは下ってるのに
道が登ってると ココロが折れそうー



さすがに5日目の足にはもうきつくてきつくて。(o;ω;o)ウゥ・・・


いろんなペースの人がいるので 
追い越したり 譲ったり。



自分的には けっこうがんばって歩いているつもりやったのに

また 「鬼」登場〜

きたー
 

「なんや〜遅いなー  
登りとおんなじペースやぞ!!」 



なんて言うもんやから


(はぁ??? 登りと同じペースやと?? 

 こんなに めっちゃハイペースで歩いているのにか??

 そんなワケないだろーーがーーー( *`ω´))



と、こころの中で思いながら

ええ、口には出しません。
出しませんよ。(-_-)



ちゃんと、下山後に言いました(笑)





(くっそぉ〜〜
   ちょー むかつく――)


(なんだ コンニャロメ!

 あんちくしょー!

こんちくしょー!


見てろよ〜! (wなにをや))

ブログにぼろかす書いてやるーーっψ(`∇´)ψ

と、こころに誓い。



必死でペース上げて ついていくのに
ちっとも縮まらない


それどころか 時々 待ってもらってる状態


「だいじょーぶかー」 と声はかけてくれるものの


 ココロがこもってなーい!!!!!




少し平坦なところになって

(よっしゃー ここで追いついたるねん)!-=≡ヘ(*・ω・)ノ



と さらにペースアップするのに

鬼もさらに さらに ペースアップ↑↑

(うっわーー 性格わるー 逃げよった(笑)))

 
ぜったい ワザと速く歩いてる
コンニャローー!!

待たんかいっっ!)


とか思いながら




もう 段差を超えるたびに

「うっ!」とか
「ハッ!」とか
「ヨッ!」とか

声が出る 


昨日のすってんころりんの足首も痛い。(o;ω;o)ウゥ・・・



でも ついて行かなきゃ置いていかれてしまうーーー。


+ + +


この日は山頂はガスガスで見えませんでした。

午後からはもう真っ白でした。
私たち、ほんまにお天気に恵まれたなぁ。

かみさまありがとう〜♪♪


+ + +



「休憩するんか!?」 と怒った口調で聞かれる


「どっちでも…」

「どっちでもじゃわからんやろ。するか、しないんか?!」

  「べつに休憩はしなくてもいいー」

( 休みたいわけじゃないんよ。
もすこし ペース落として歩きたい〜) 



どれくらい歩いたか
必死のパッチ



せみの声が聞こえてきて 下界が近いのを感じる

(ああ、 もう少しでつくな)と実感してからも

長かった〜〜。






登山道が 林道みたいなのと合流
あとで確認したら、白馬尻小屋からの道ですね。


わー、ついたーーーー


と思ったらもうひと歩きあった!!´д` ;


猿倉の 看板が見えて




小屋へ降りていく道は狭い

ここで 20〜30人くらいの団体さんが
ぞろぞろと。。。。。



ぞろぞろと




ぞろぞろと



延々と… ´д` ;



途中で団体さんを切ってもらって 先に通らせていただきました。



すぐに 小屋の建物が見え

鬼が 「まろん ついたぞー!!!」

「うん〜!!!」
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




ああ、 もう ヘロヘロです。(°_°)





ザックをおろして
小屋に駆け込み かき氷をふたつ注文。


うーー!生き返る〜!

食べながら時計を見ると まだ9時半



えーーーーーーーーーー
まだ 9時半!???(到着は9時20分頃)


どーーゆーーことーーーーーー!!?





「遅い。なんでそんなに遅いんや!」

「遅いなー」

「登るようなペースやぞ」と言われながら


髪振り乱して 鬼についてきて

なんやの〜〜

5時50分に鑓温泉小屋を出て

3時間30分でおりてきてるやんかーーー!
(ここはコースタイムが3時間40分でした)



めっちゃがんばったやんかーー!!わたし〜!




もう猿倉では 写真撮るのも忘れてましたが
山バッジ(小屋バッジ?) は買うのを忘れませんでした(笑)


『山じゃないやん(笑)』と鬼に言われながら

山バッジお買い上げ〜♪




猿倉から 
車を停めている八方の駐車場までバスで戻らないとあかんねんけど



ふたりとも迷わず 
タクシーを選択!!

(バスだと ふたりで1800円 
タクシーは3000円)



タクシーに乗り込む時に
あっ、ここで写真撮ってない〜!!!と慌てて撮った写真がこれ。




名残惜しむ間もなく

八方の駐車場に戻り
タクシーの運転手さんに教えていただいた
駐車場敷地内の温泉に徒歩で直行!!
(割引券もいただいた〜 感謝!)


温泉10時から開店でちょうど開いたところ♪
一番乗りでした。


5日ぶりに 髪の毛を洗い、体も洗って
きれいさっぱりーー!!!(≧∇≦)




もー まじ気持ちよかったよ。



お風呂に入れるってしあわせ

こんなにお水じゃーじゃー流せるってしあわせ


石鹸使えるってシアワセ


普段なら気づかないシアワセばっかりだ。


こうして、
栂池スタートで始まった
4泊5日の白馬縦走は無事に終わったのでした。


そのまんま、白馬でもう1泊する予定でしたが

時間早いし、このまんま帰っちゃお、

富山経由で帰路へ〜。


下山した日の夜9時頃には自宅につきました。

富山経由でも、やっぱり遠かったー。

帰りの車の中では
いつも聞いてる音楽ですら耳ざわりで

自然の中で何日も過ごしてきたことを実感。


鬼に、

あんちくしょー、
こんちくしょー、って
思いながら歩いてたねんでーって

言うと


だらだら歩いたらよけいにしんどいだけや!
脚、いたーい
ザックおもたーい

ってなると、集中力なくなって
よけい危ないんや。


あんな時は
怒らせるのが1番やな!!



って。


アレ?
わたし、まんまと、鬼隊長のワナにかかって
歩かされてたわけ??(( ̄▽ ̄;)


まぁ、そんなことも
笑い話にできるくらい。

無事に帰って来れて、良かった。




しんどかったけど
楽しかったなー。(*^^*)




杓子岳をルートが通ってないのは
ザック(ガーミン)をデポしていたから






山の神様、ありがとうございました☆




来年はどこへ行こうかなぁ〜♪


にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




| 2013.08.28 Wednesday | 白馬 | comments(10) |

白馬鑓温泉へ下山中に夫婦喧嘩?!
20:35
北アルプス縦走

栂池〜白馬大池〜白馬岳〜杓子岳〜白馬鑓ヶ岳〜白馬鑓温泉〜猿倉

今までの登山レポはこちら♪
●栂池からスタート

●栂池〜白馬大池

●白馬大池でテント水浸し!(T_T)

●チングルマの一生

●白馬大池〜白馬岳

●白馬岳登頂とカメラ滑落(o;ω;o)ウゥ・・・

●山小屋 白馬山荘 個室で宿泊

●白馬岳〜杓子岳へ

●杓子岳から白馬鑓ヶ岳へ




さあ ようやく3日かけて白馬三山を登りました

鑓温泉への分岐点を10時に通過☆



あとは 下るだけなんですが
この下りが しんどい。




遭難事故の大半が下りで起きています。



気を引き締めていかねば。






下り始めてすぐにしんさんが
ハイドレーションのホースが首にあたって邪魔だから
直してくれって言うので


「ここにいれたらどう?」と 
やってあげてるのに


「ええから さっきみたいに 留めてくれ!!(怒)」 と

なぜか 声を荒げて言うもんだから


私も ぷっちーーーん!(*`へ´*)
と来て 
(縦走4日目でお互い疲れてたんでしょうねー)



「は?
 そこ 怒るとこちゃうやろっ!???」

と めずらしく ↑↑ 反撃!! o(`ω´ )o



で、 すぐにまた歩き出したんやけどね。


(むかつく〜〜〜 ) と思いながら。


ガレガレとザレザレの入り混じった下り。



ザックの重みで 自分の意志に反して スピードが出てしまうので怖い。

普段 ストックを使わない私
でもザックの重みもあるし 急な下りもあるし
慎重に行こうとストックを出しました


(が。。。。。 これが イケナカッタ??)





鑓ヶ岳がキレイ〜〜☆





風が強くて 帽子が飛んで行くよぉ〜









雪山以外では 使うことがないストック。




このあと、 

スッテーーーン と足をすべらせ
変な格好で転倒!!


「いったーーーい」 (/□≦、)


足首ひねって(と言うか ひねったのとはちょっと違うんやけど)

痛くて すぐに起きれず
コケたまま 固まっていたら
しんさんが 


「何しよんっ!?(怒)」
「さっさと自分で起きろよ(怒)」



(なんだー、その 言い方は〜)



「わかってるわ!
 ちゃんと自分で起きるわっ!(怒モードで反撃)
 痛いねんやんかっっ 」


 
へんな体制で寝転んだみたいにこけちゃったので
ザックが重くて しかもストックが邪魔ですぐに起きられないー。


まろんココロの声
(ふつう 大丈夫か??とか 心配せーへん?? むかつくわー)

※ しんさんは日頃から 
私が打っただの 切っただの
『痛いーー』と言っても 

「たいしたことない!ツバつけときゃ治る」

って言うタイプです。はい。




悔しさでいっぱいになりつつ 
よいこらせっと 立ち上がる。




足首痛いけど たいしたことないし
(痛いと言ったところでどうにもならん)


がんばってまた歩き出す。



そしたら今度は 私が遅いから
「まろん、ストックの使い方が悪い!!!」とか言い出して

ちょー ムカツク。




でも 実は内心 私も
(ストックないほうが歩きやすいかも…)と思っていたので


だって、へんでしょ(笑)自覚あり。






「もうストックしまう!!」

と言って ストックをしまいました。
(しんさんにしまってもらいました)



んで

「もうストックなんか使わへん!
 持ってきても 
 どうせ いっつも 使わへんねんし
 ストックなんかいらんわーーーー!!(*`へ´*)

 
オークションで売ったるぅぅぅ〜〜っ!!!!!」


なんと 北アルプスの山の中で
オークション出品宣言まで出た!!



そしたら
しんさんが


「べつに オークションで売らんでも…(苦笑)」( ̄▽ ̄;)



「いーや、 だって ストックないほうが歩きやすいし
 どうせ ほとんど使わへんし 売ったるねん!!!!」
(意地になっております)




そして 無言で ひたすら下る




無言




無言




無言




写真もなし






無言






すると、






景色を見ながらほのぼのと
お弁当を食べているカップルがいたので





ふと 来た道を 振り返ると



「うわ〜〜〜♪ きれーーーい!! 
しんさん 見てーー♪」*(^o^)/*




足元に咲いてるお花いっぱい♪







それを聞いた鬼隊長


「 もう少し先で 休憩しよか」 


(お、少し機嫌なおったか?)


こんな景色が見える場所で 休憩し






白馬山荘で作ってもらったお弁当を 仲良く『半分こ』 して食べた。


この写真はどこらへんで撮ったか忘れたー。
鑓温泉への下りには間違いないんやけど。








こっちは 天狗岩稜のほうかな?




山の色がぜんぜん違うね。




そして なんとなく仲直りして  


また歩き出す。


『ペースが遅い!』
『いっつももっと下りは速いやろっ?!
 
荷物が重いのは言い訳や』

などと文句(?) 言われつつ。。。


だまって、鬼のあとをついて行きました。




「この先 鎖場があり危険。
ストックをしまって慎重に下ってください」と
標識がある。


気合入れてまた下る

いつも下りは 集中しておりているので 写真が少ないんですが

今回もほとんどありません。




鎖場の途中で
「平成25年8月1日 ここで滑落死亡事故がありました
 注意して おりてください」の看板が。

 こちら  やり温泉滑落死亡事故 記事



(T_T)


えっ!!??
平成25年8月1日 って ついこないだやん!! と
(・_・;




緊張します。 



気を引き締めて 鎖場を丁寧におりていきます。


しんさんは 
「雪彦山のあの鎖場より斜度はゆるいから 大丈夫や」と
言ってたので



慎重に 丁寧に…






先におりたしんさんが
右足こっち 
左足はここ、

もう少し下とか 

アドバイスをくれるのですが




なにしろ、ザックが重いので 緊張します。

バランスを崩さないように…

鎖場自体は そんなに怖いものではなかったんやけど


でも 足すべらせたら、、、ここは標高2200mくらいデス (。。*)



途中 先に歩いてるソロの方が
バランスを崩したのか? 
鎖に バッとつかまり

鎖が 大きく外(崖側)に振られているのを見たときは


ドキッーーー (・_・; !! っとしました。


ドキドキはらはら
鎖場を丁寧にひとつずつ おりて


普通の登山道になるとほっとします。



足元の花にも目が行くように。
かわいいー♪







そして 
ついに 鑓温泉小屋が見えた!!






写真を撮って 看板を見ていなかったわたしに

鬼隊長が 


「看板見たか!??」



まろん「見てないー」

鬼  「見て来い!」



数歩のぼり返し 看板を見てみると


「鑓温泉小屋まで あと少しです。ここからの事故が多発しています。
気を抜かずに
 足元を良く見て 慎重におりましょう」 



というような 内容の看板でした。



らじゃ!!(`_´)ゞ




安心してしまうと つい気が弛んでしまうもんね。


しっかり足元を見ながら 歩きます。


もう 太ももが パンパンです。
つま先も痛いです。(o;ω;o)



そして ようやく 鑓温泉小屋に到着〜!!!




到着したのが12時50分くらいでした。

白馬山荘を出てから 約7時間 
(自分たちの想定では5時間〜5時間半くらいの予定でした)


鑓温泉分岐のところからは2時間50分
(なんやー めっちゃ 遅い遅い言われて がんばっておりたのに
 コースタイム2時間30分とたいしてかわらへんやん〜
 お弁当食べて 20分くらい 休憩したんとちゃーんうかーー)



キツカッタ。 ・゚・(ノД`;)・゚



鑓温泉では テント泊の予定でしたが

「本日テント場混雑中」 とのこと。(もともとテント場が狭い)



もう 疲れ度マックスで
小屋がすいてたら 小屋泊にしようと、、、

一人 9000円 温泉入り放題

テント泊の人はテント場500円と  入湯料300円。



さいわい 小屋のほうがすいていて
ダブルのお布団に 
一人で眠れるくらいの広さを確保できるほど。(o^^o)

よかった!





混雑時20〜30人のスペースに
8人でゆったりと寝れました。





鑓温泉は

標高2100mの地点から湧き出す
雲の上の神泉


白馬鑓ヶ岳の中腹にあり
白馬岳から回ってきても、猿倉から上山しても
4時間以上かかる雲上の温泉。
〜鑓温泉小屋HPより〜


写真はHPよりお借りしました。

ほんまに、こんなふうにおじさんたちが
スッポンぽんで、座ってるんですよー。(;´Д`A


テント場から丸見え!!!【温泉の下がテント場】


こちらの写真もHPより

ここは混浴です。




テント場に足湯があるんやけど


そこに座っていると目のやり場に困ります。(笑)


私は混浴に入る勇気はなかったので

女性専用の温泉に





3日ぶりのお風呂〜♪

(石鹸、シャンプーはだめよ)
気持ちよかった〜!!!!! 


鬼もさっぱりしたようです





こんな山の中にあります





温泉かけ流し

ごーごーと温泉のお湯が流れ落ちています。

それなのに、下の雪渓が残ってるってのが不思議〜





足湯には2回入ったよ。
疲れた足がほっこり♪♪

まろん 湿布貼ってます(笑)




テント場で見つけたお花






鑓温泉には5時間頃までひっきりなしに登山客が
降りてきてました。

怪我をしてる女の子もいました。


山岳遭難防止対策協会の人が常駐されており
夕刻には小屋の中では無線が飛び交ってました。





そして、夕食







今回の山行では

星空を見ようね!って言ってたのに
毎日、早々に寝てしまい

星空の写真は一枚もありません。

ひとつの場所にとどまらないと
なかなか夜更かしはできませんね。


この日も8時過ぎに寝てしまいました。

しんさんはなかなか寝付けなかったようですが…。




明日はまたひたすら下り!!!
コースタイム3時間40分


無事に下れるでしょうか。
脚がパンパンでした。
転んだ時に負傷した足首も痛い。


しんさんは岩場に膝をぶつけ
傷で血が出て、膝のお皿がめっちゃ腫れてました。


にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



































| 2013.08.26 Monday | 白馬 | comments(6) |

北アルプス縦走* 杓子岳〜白馬鑓ヶ岳へ
17:40
北アルプス縦走

栂池〜白馬大池〜白馬岳〜杓子岳〜白馬鑓ヶ岳〜白馬鑓温泉〜猿倉

今までの登山レポはこちら♪
●栂池からスタート

●栂池〜白馬大池

●白馬大池でテント水浸し!(T_T)

●チングルマの一生

●白馬大池〜白馬岳

●白馬岳登頂とカメラ滑落(o;ω;o)ウゥ・・・

●山小屋 白馬山荘 個室で宿泊

●白馬岳〜杓子岳へ






杓子岳をあとにし
鑓ヶ岳を目指します!!



何度も後ろを振り返る





これは旭岳方面かな?










そして、





カメラの中の写真は


いきなり


こんな景色に








鑓ヶ岳、登りはじめたら
急な岩場があって


写真なんて撮ってる余裕がなかった。


後ろから人が来てるし
トロイ私は、背後からのプレッシャーに弱い(T_T)

しかも、ザックが重くて、バランス崩しそうで怖い・゚・(ノД`;)・゚・

『先に行ってもらう〜、、』



と、岩場の途中で端っこに避けようとしたら

しんさんが

『ええから!さっさと上がって来い!!余計にあぶない!』



ひー 。・゚゚・(>_<)・゚゚・。


半泣きになりながら


後ろの人に『すみません』と言って
必死のパッチで登った!!


もー。
めちゃきつかった (*_*)


怖さとキツイのとで心臓バクバク(笑)


少し広いところに出たので
ザックをおろして休憩



隊長が
『さっきみたいなところで道を譲ったらあかん。

まろんも危険やし、まろんをかわして行かなあかん後ろの人も危険が伴うんやで。』


『あんなとこでは、待ってもらうしかないんやから、焦らずに登ってきたらええんや』


と。



ぁぁー。
そうかぁー、、、


確かに、


私が先に行ってくださいって

言った時、
後ろの人も躊躇してたもんなぁ。


そっかー、


勉強になったなぁ。

考えて見れば、梯子場や鎖場で
先に行ってくださいって言ってるのと
同じようなもんやなぁー

そんなん言われても、危ないし
抜かされへんわなぁ。


自分が落ちたりして、
他人を巻き添えにしないことも大事だし


自分が後ろの人の立場になった時
前の人が安心して落ち着いて登れるように
距離を起きながら登ることも大事やなって思いました。




そして、休憩したここでの風景

美しい稜線
杓子岳と白馬岳








しんさんの後ろに見えてる道を進んで行きます






休憩していたら
トレランの男性が2人
駆け上がって来られました


どこから走って来られたんですかー?
と聞くと

猿倉から登ってきたとのこと。


す、す、すごい!(≧∇≦)




あっという間に彼らは走って行き



私が苦労して登った岩場も
ひょいひょいと走っていってしまった



雲の上





しばらく休憩し





再び歩き出す
鑓ヶ岳をめざして

謎の星人よろよろ




でも、斜度はきつくなくて
ゆっくり登れば大丈夫♪




眺めがいいよー(*^^*)








白馬鑓ヶ岳に到着〜♪*\(^o^)/*








あー、白馬三山 登頂したんだ〜(≧∇≦)






ここからの眺めは
好日山荘とかに貼ってある白馬岳のポスターと一緒やね♪





杓子岳と白馬岳☆



















富士山ってどっちに見えるんかなぁ〜??


って、あたりを見渡していたら


うおっ!?

あれ、富士山ちゃーう??*\(^o^)/*




感激!!(*^◯^*)




名残惜しいけど
さぁ、そろそろ出発








鑓ヶ岳を振り返りながらおりて行く




天狗山荘が見える♪













サラバ 白馬三山☆
綺麗な景色を見せてくれてありがとう〜♪♪*\(^o^)/*






白馬鑓温泉への分岐点
ちょうど、10時でした。




しんさんは天狗山荘に行きたい〜!と
言ってましたが
往復したら1時間なんてあっという間に過ぎてしまう。


また、今度にしようよ。
ここから鑓温泉までまだまだ時間かかるんやから〜!

と言って


鑓温泉へ下っていく。


そして、この下りで 夫婦喧嘩勃発!?

o(`ω´ )o (*`へ´*)


つづくぅ〜♪



にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




| 2013.08.24 Saturday | 白馬 | comments(8) |

北アルプス縦走☆ 白馬岳〜杓子岳編
22:45
コメントありがとうです(*^^*)

記事を書くのに必死になっていて
もうこんな時間。
お返事明日になりそうです。
ゴメンナサイ。


待っててくださいねー♪

+ + +

北アルプス縦走

栂池〜白馬大池〜白馬岳〜杓子岳〜白馬鑓ヶ岳〜白馬鑓温泉〜猿倉





前の日、白馬山荘で
何度も何度も地図を見て

しんさんと、計画を練った(笑)


縦走3日目の朝
4時半起床
5時朝ごはん(写真取り忘れ)

5時45分出発!!!


剣岳がみえてまーす♪
なんか、むくんだ顔 =( =`д´= ;)




さっきまで私がいた場所に人がたくさん♪






今日も天気が良くなりそうだ♪♪
山のカミサマ ありがとう♪(*^^*)





がんばって歩くぞ〜☆
振り返って、白馬山荘、ありがとー(o^^o)




唐松岳にも旭岳にも行ってみたい!





これから登る杓子岳方面





お日様がだいぶ登ってきた





雲海がきれーい





振り返ると
おせわになった白馬山荘と白馬岳

ありがとー♪
また来る〜!!!




おー!(・ω・)ノ




何回も同じような写真ばっかり(笑)




雲の上に
どこの山かのとんがりが見えてる





前の日の作戦で
杓子岳はピークを踏まなくとも
トラバースして鑓ヶ岳へ行くことができる。


でも、せっかくだから
杓子岳にも登りたい!!!!!

しかぁーし、杓子岳に登るこの急登

ほぼ直登で登る




重い荷物を担いで登るのはキツイ





『ザックをデポして行くか、やな』

なるほどー!
隊長、あったまいーい♪

山頂を歩いているグループ
まるでアリンコのよう









ここはトラバース道






ザックを背負ったままトラバースして 先まで行き
山頂からの下りとの合流地点に
ザックをデポ♪


デポの写真撮ってませんでしたー。







ふたつのザックをロープでくくる

『なんでくくるの?』


『風で飛んで行かないように。』


山の上だから、何が起きるかわからない
軽いザックだと飛んでいってなくなってることもあるそうだ

ふぅーん、そうなんや〜


登山ガイドブックには書いてないようなことを

いつも教えてくれる。


ザックを安全にデポし

身軽になった!


杓子岳を目指してGO〜♪


少し前に、追い抜かれたお兄さんと
バッタリ

カラで登る私たちを見て
『おお!アタマいいっすねー』


『はい♪楽チンでーす(*^m^*)』



荷物がないって、こんなに楽なんや(笑)





あっという間に山頂へ
杓子岳登頂〜☆*\(^o^)/* 2812m





ノーメイク、むくんだ顔 (* ̄ー ̄)"





杓子岳から見た白馬岳





雲海もさらにキレイ




長居は無用(笑)
先は長いので、急いで下るよ〜!



下ってる途中

私たちの影が 下に映ってた(*´艸`*)






そして、また名残惜しくて振り返ると


わー♪
飛行機雲☆☆






ザックを背負って、再び歩き出す。

白馬鑓ヶ岳をめざして






次はいよいよ
白馬三山 最後の山 白馬鑓ヶ岳!


しかし、そこからが
とてつもなく長かった。・゚゚・(>_<)・゚゚・。




つづく♪



にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



| 2013.08.23 Friday | 白馬 | comments(4) |

白馬山荘も個室でゆっくり**(*^^*)
22:30
北アルプス縦走

栂池〜白馬大池〜白馬岳〜杓子岳〜白馬鑓ヶ岳〜白馬鑓温泉〜猿倉


白馬岳では白馬山荘に泊まりました。

テント泊ばかりでは
疲れが取れないかもしれない

体力のない私のために
山小屋の個室予約〜(5月に予約しました)


個室は山小屋の通常料金9000円

と、個室料8000円(一部屋)

一人当たりに換算すると13000円(二食付き)

ちなみに
栂池山荘の個室は、個室料はいらなくて
一人当たり 9000円でした。(二食付き)


個室にこだわるのは
今でもずっと睡眠薬を飲んでいる私が大部屋では眠れない可能性があるため…


登山に睡眠不足は大敵!!

仮眠だけで富士山とかでも登っちゃう人
すごいなぁ〜。。


白馬山荘は日本で最大の山岳宿舎なんだとか。(*^^*)


すっごく規模がでかかった!







個室はこんな感じ〜





畳2枚分の広さと
荷物置き場(窓の下)

布団を敷けば、布団があったところにも荷物が置けます。(^_^)


この部屋にはお布団3枚ありました。



大部屋はこんな感じ♪



梯子で登る上の段の人も
中2階から直接出入りできるようになってたよー。


私たちが泊まったのは8月16日
すごく人が少なかったです。


この山小屋が満員になるってあるのかなぁ??ってくらい


一枚のお布団に3人とか
よく聞くけど、お天気にもよるのかな。




私たちの部屋の窓からは杓子岳と白馬鑓ヶ岳が見えてました♪








ザックを部屋に置いたら
レストランへGO〜♪


レストランスカイプラザ白馬☆






ここが3000m級の山の上とは信じられない〜!


窓から見える山の稜線






おとといも、昨日も、今日も
お天気は晴れ

嬉しくて嬉しくて

念願の白馬に来て、こんなにお天気に恵まれて

感動のあまり、涙が出ました 。・゚・(*ノД`*)・゚・。 ほんとに。


しんさんも

ぜいたくな夏休みやなぁー!

と、とっても嬉しそうヾ(●´▽`●)ノ




しんさんは、白馬は3回目らしいんやけど

過去2回白馬はガスガスと雨で
まっちろけ〜

なーんも見えへんかってんて。

ただの修行やったらしい。

だから、こんなに綺麗な白馬を見たのは初めてらしい♪


私と結婚してよかったやろ〜(*´艸`*) ぷ!(晴れオンナ)


レストランで食べたラーメンが
激ウマ!!!



しんさんは牛丼





おでんもめっちゃ美味しかったっす(^O^)





ランプ好きなまろんは
うっとり(笑)




この山小屋、こんなして
材料背負って登ってきて
作られたんやって


信じられない〜っ!



白馬岳山頂に、創設者の碑があったよ。






この石の風景指示盤も
人が担いであがったとか?
(新田次郎の小説、強力伝 モデル 小宮山 正さん)




昔の人はすごいねー。(驚!)




時間がたっぷりあったので
サンダルのままで散策。


またたくさんの高山植物を発見




































この日も時間がたーーっぷり

お昼寝したり、

レストランへケーキを食べに行ったり
(山の上でケーキが食べれるなんて!!)

ヾ(●´▽`●)ノ やほー♪




部屋で何度も何度も地図を見て

あれが杓子岳?
えーっっ?!じゃあ、向こうが鑓ヶ岳??

あんなとこまで行くん???

ウソやん

無理やわっ!

などと、明日への不安と期待を話し合う。

お昼からはガスが出てきて
鑓ヶ岳は見えなくなった。



しんさんは、この日
濡れたテントを背負ってきたので
そーとー疲れてたみたいで


限界やった!(; ̄ェ ̄)
と言ってました。

そうは見えんかったが…



濡れてたテントは
白馬山荘の中に乾燥室があって
そこで広げて干すことができました!

ストーブがたいてありました☆

ありがたい〜♪♪♪

山小屋泊にしててよかったー(*^^*)



夕食もすごーく美味しかった☆(^O^)





お布団でぐっすり眠ることができました♪
この日も8時 就寝〜。


明日、杓子岳、鑓ヶ岳に登ったあと

白馬鑓温泉までいっきに下らなきゃいけない。

縦走の日程の中で最長時間の5時間はかかるだろう予定。

鑓温泉への下りには 鎖場があるらしい。


ちょっぴり不安〜 (´・_・`)


つづく♪

にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


















| 2013.08.22 Thursday | 白馬 | comments(8) |

北アルプス縦走 〜白馬岳登頂編♪♪ カメラ滑落
12:15
いつものことながらレポが長くて
読み飽きてきたかもしれませんが
お付き合いいただけると嬉しいデス♪(o^^o)




さー いよいよ
白馬岳山頂(標高2932.2M)を目指すよ〜〜!!!

本当に稜線が美しい山。




山の色とザックの色が同化している
謎の星人。



何度見ても 美しい雪倉岳
キレイとかそんな言葉じゃなく
「美しい」 という表現が似合う。






白馬岳ピーク目指して黙々と。
おさるちゃんしっかりしがみついとけよー♪






謎の星人 雲の上を歩く♪




後ろを振り返ると 来た道 
稜線がとてもキレイで何度も何度も写真を撮る。



↑人が小さく写ってるのわかるかな〜?


やっと三国境まで来たよ!!!



白馬大池まで 115分 って 
わかりやすく120分にしてくれへんかな?(笑)
(なんや その変な要求っ!)


美しい雪倉岳にうっとり中の謎の星人





三国境を過ぎてから
険しかった〜〜〜!!

このピークを越えたら山頂?
って 何回 裏切られたか。(/□≦、)





なかなか険しくて歩きにくいです。
なんせ ザックが重い!( ;´Д`)





でも 美しい雪倉岳に何度も癒される



謎の星人 がんばれーー!





えーーーーーーー、 また ここ
登るの!??




普段なら なんてことない斜度かもしれないけど
サックが重いとこんなにしんどいんかーーー!!o(`ω´ )o


もー
絶対 次は 服とか3日くらい同じのん着てもいい
荷物減らそう!! と 決意した。





振り返ると 「遠くへ来たもんだ♪」




ほー。
やっぱり 白馬はキレイ。


ココロ折れそうになりながらも


登るしかないんだ!!!

あ〜 フルマラソンの気分と一緒やなーー。と思いながら。





また 雪倉岳の写真(どんだけ〜〜!)




だって 本当に美しかったんやもん♪(惚)



おりゃーー!!(意味不明)

((まろんにも楽勝って ゆーたんだれやーーーっ)))
((こんな キツイ岩場があるとはしらなんだーー)))









「アルプスやから 険しいの 当たり前やろ」と
言う声が飛んできそうなんで 


口には出さず ゴックン♪(笑))(-。-;


岩場を登りつつ お花が咲いてると
わー、  写真、写真(←まだ元気な証拠)





この小さいお花なんていう名前かなー?

すんごく可愛いくて♪
大好き!! あっちこっちにいっぱい咲いてたよ。

追記(2013.08.27) イワツメクサと教えていただきました♪♪



このピンクのお花も名前わかんない


追記(2013.08.27)ミヤマアズマギクだそうです(*^^*)
iwatobiさん、ありがとう〜♪





これ↓ 見つけた時は
もうしゃがむ元気なくて

しんさんに
「コレ、コレ、この花 写真撮っとけ♪(・ω・)ノ」
(女王サマ気取り)



わーー!!
上手に撮ってるやん〜!!(笑) (ヨイショッっと)





そして 次にはこんなに色とりどりのお花が!!



向こう側は スパッ!と切れ落ちています。
覗くのも コワイ ((((;゚Д゚)))))))



あああーー
今度こそはあのピークが白馬岳か〜!!???




やったああああああ!!
白馬岳 ピーク♪




ついた、ついた。
ちょっと青空が少ないのがザンネン
(晴れてはいるんだけど方向によってはガスが多い)


なんだか 到着してしまうとあっけない〜。



この山頂で 他のご夫婦から話しかけられ
しんさんが喋ってる時に

私は ザックを 「よいしょっっっ」と背負って
立ち上がったその瞬間!
(重いのでどうしても前のめりになってしまう)


ゴーン!!!

「ぎゃーーーー!!!!」


まじですか
まじですか
うそでしょ
ありえへん



大事なカメラが ガレガレの地面に思い切り 滑落っっ!!!(笑)

カメラは このバッグに入れて
カメラバッグの記事はここクリック

いつも胸のところにつけてるんやけど
ファスナーを閉めるのを忘れてたみたい……

も、もしや、ご臨終したか???と思うくらい
激しく 滑落したカメラ。。。。


レンズの枠が少し凹んで傷がついてたものの
電源は大丈夫。
撮った写真も大丈夫みたいだった

ああーー えがったよ〜〜〜。
下まで落ちていかなくて よかったーー。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

気をつけます!



さー、山頂から白馬山荘まで10分。
この日は 山小屋泊の予定で
前もって予約していました。


雪渓から登ってきた人は 
私たちが下ってるここを登って白馬岳に登るので
最後の登り!みんな しんどそう!!

あと少しだよ〜。がんばれー!




そして 11時30分
ようやく白馬山荘に到着〜♪




白馬大池から 4時間45分もかかりました(;´Д`A
(コースタイムは 3時間40分)

5時間近く歩いたけど 写真もたくさん撮ってたし
荷物重いしこんなもんでしょ(言い訳いっぱい)

午前中に到着したので ヨシとしましょ。(・ω・)


しんさんが 山小屋の手続きしてくれてる間に
おさるくんたちと記念撮影(笑))







白馬山荘の建ってるこの場所は 県境なんやねー☆




おさるちゃんの頭の上に写ってるのが
ここから少し下ったところにある「白馬頂上宿舎」です。


ここはテント場があります。




でも、今日はテントじゃなくて山小屋なんだー♪

白馬山荘
そしてここでも個室〜♪

ドアの開いているところが 今回泊まったお部屋



山小屋の写真などは次へつづく♪

よかったらつづきも読んでね♪

にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



| 2013.08.22 Thursday | 白馬 | comments(6) |

北アルプス縦走 白馬三山 (白馬大池〜白馬岳編)
12:25
2013年8月15日〜18日

栂池〜白馬乗鞍〜白馬大池〜小蓮華山〜
白馬岳〜杓子岳〜鑓ヶ岳〜白馬鑓温泉〜猿倉

縦走してきました☆

【メンバー】
元山岳部のオット しんさん(鬼隊長)

高所恐怖症のまろん (こわがりでびびりな自称山ガール)


***
白馬大池のテントの中で眠りにつこうとした時

また雨がパラパラ


雨音を聞きながら眠りについた。

明日は晴れる!
根拠のない自信があったの〜(笑)

だって、晴れオンナだからー



+ + +

縦走2日目の朝(白馬大池)

4時半頃目がさめた。

周りはもうすでに準備をしている人がいるようで
ざわざわ。

朝食を作って食べ
テント撤収。

が 

昨日の雨と 朝露で びしょ濡れ〜〜。


シートはしんさんのザックの上に。
濡れたテントはかなり重くなっていたようです…



テントを拭いたタオルは私のザックの横にひらひらしながら干す(笑)


白馬大池よ ありがとう♪
また来るね、なーんてこの時は思えなかったけど(笑)










6時45分出発!





白馬大池から雷鳥坂を登る




雲ひとつない青い空に、振り返るとキレイな白馬大池




足元には高山植物が咲いている




あっ!!! コマクサや〜〜!!!
(まろん大興奮)


初めて見る コマクサ!!!





斜面に咲いていたので 近寄れず
この写真が精一杯やったよ〜。

コマクサはあとにも先にも この一輪だけしか見れなかった。


アナタハドコカラキタノ?
謎の星人。(笑)



船越ノ頭に登ると
白馬大雪渓が少し見える♪


うわ〜!




これから あのむこうの山に行くんだなーー。
気が遠くなりそう〜。





でも 稜線が 美しい!!!!






稜線の美しさに何度も何度も写真を撮る。





お天気に恵まれて 
ありがとう。ありがとう。

嬉しくて 涙が出そうになる。








謎の星人 再び歩く




小蓮華山を目指して


がんばれー まろーん!


隊長は荷物が重くてもペースが速い。









時々足元の小さなお花に癒されながら

見て見て♪
岩の陰でひっそりと咲く小さなお花。
ガンバレって言ってくれてるみたい。



ぜいぜいはぁはぁ 登って行く。

髪の毛もぼさぼさ 汗だく(笑)


ああー、絶景☆☆




雪渓もだいぶ近くに見えてくるようになった。




雪渓の手前の山が白馬岳(しろうまだけ)てっぺんは写ってないけど

向こう側が杓子岳(しゃくしだけ)と鑓ヶ岳(やりがたけ)



隊長の背中は頼もしい

この人と出逢ってなければ
こんな素晴らしい景色を見ることはなかったかもしれない。




お花に癒される
ミヤマキンポウゲかな?







反対側の斜面には
チングルマの綿毛が風にそよそよ






急な岩場を登り小蓮華山についた。
もー、ほんますごい顔!!(爆))))



髪の毛も乱れてるしー


さあ いよいよ次は 白馬岳だよーーー。

はぁはぁ







ズボンずった、
よいしょっと♪






雪倉岳がとてもとても美しい。
朝日〜雪倉も歩いてみたいなーー。






白馬岳山頂を目指して ぜいぜいはぁはぁ


続く。


写真が多くて編集に疲れた(笑)


次は白馬岳登頂編でーす。
つづくー↓

にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





| 2013.08.21 Wednesday | 白馬 | comments(6) |

チングルマの一生*
21:10

白馬縦走中に見たたくさんのチングルマ♪♪


綿毛になっているものもあれば

まだ咲いているものも。



しんさんはお花の名前とか
さっぱりわからへんらしく(笑)


『ほんまに、この花が、こんなんになるん???』


って不思議そう。


私もふしぎー(*´艸`*) ぷ!


そんなチングルマの一生を写真で追ってみました。







花びらが落ちて行って















そして


ふわふわ わたげに…






なんだか 儚いね〜。






これは昨年の奥穂高で見たチングルマの綿毛。



この時はこれが何の花なのか
わからなかったんよね



今年 こんなにたくさん
見れて嬉しかったなぁ






にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ








| 2013.08.20 Tuesday | 白馬 | comments(4) |

白馬大池でテント水浸し!!
17:10
昨日までお休みをいただいていて
今日から仕事。
なかなか仕事のスイッチが入らなかったけど

会社に来たら
お仕事てんこ盛りでした。

自動でスイッチON☆になりました。(笑)


+ + + + +


2013年8月15日〜18日

栂池〜白馬乗鞍〜白馬大池〜小蓮華山〜
白馬岳〜杓子岳〜鑓ヶ岳〜白馬鑓温泉〜猿倉

縦走してきました☆

【メンバー】
元山岳部のオット しんさん(鬼隊長)

高所恐怖症のまろん (こわがりでびびりな自称山ガール)


ポチッとな♪♪↓


にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ








昨日のレポに書くの忘れてました。

実は白馬大池で事件発生!!!

テント設営後、ザックをテントの中に入れて
外でごはんを食べ、

雨がポツポツしてきたので テントの中に入ると。。。。


ひょえええ〜〜〜!!((((;゚Д゚)))))))



しんさんのマットが水浸し〜〜〜っ!

マットをめくると 
テントの中に水たまりがぁぁぁあああ〜Σ( ̄ロ ̄lll)


ひー。


どーゆーことー???



犯人は しんさんのハイドレーションでした。


ザックを置いたときに
ハイドレーションの口がザックの下敷きになっていて

しかも 飲み口のロックがかかっていなかったから

重いザックが口を押して びゅーびゅー 水を出していた模様…


チーーーーん!(涙)(@_@)





私のマットは無事だったのが不幸中の幸いか(笑)




しんさんが大慌てで 
「タオル!タオル!」と言ってるのに

トイレットペーパーで(持参していたもの)拭こうとしたわたし。


「あほか〜! そんなもんで拭いたらゴミになるだけやないかー」


「あっ、そっか」←オオバカ

急いでタオルを(貴重な私のタオルが〜〜) 
出して水を拭く。


その後、そのタオルは

テントの泥まで拭かれるハメに……(; ̄ェ ̄)w


ハイドレーションの水たまりは
1回や2回では拭ききれず 
何度もタオルを絞って
ようやく水がなくなった。



はー。(o´_`o)・・・



外は雨がだんだん強くなってきて
マットを干すこともできず…


テントの中で立てて 乾かす。


テントの中で座ろうにも
地面の小さな石が痛いので 私が持ってきてた 
お座布団を貸してあげ、しんさん座る。



雨は土砂降りになり
テントに泥ハネがついているのがわかるくらい
強く降っていた。


30分ほどしたら 明るくなり
雨があがったので 外に出てみると
カッパを着た人たちが続々とテント場にやってきてた。

わー、みんな大変そう〜。


この時点でまだ1時半か2時くらいだったと思う。


雨がやんだので カメラを持って あたりを散策にでかけました。(^_^)




ここでもまだチングルマのお花が咲いてたよ〜♪

わーい*\(^o^)/*





綿毛になったものもたくさ〜ん。
ふわふわ。カワイイ。






テントの数が だいぶ増えましたー。





このお花はなんでしょうかねえ。






これはハクサンボウフウ?






花の名前がわかりましぇん。
教えてください♪♪






ハナニガナ??




ダイニチアザミ




これは??











葉っぱも とってもキュートで可愛いし
緑がイキイキしてる♪♪





シラネニンジンかなぁ??
(花は終わりやけど
線香花火みたいで可愛かった♪)






時間がたっぷり
暇すぎるねーー(笑))


山ラジオを入れてみるけど おもしろそうなチャンネルもないし
暇やね〜〜(笑)


でも なんつー 贅沢な時間なんやろ。


シアワセ。(o^^o)






コーヒーを作ってほっこり♪ (*^^*)





おさるくんたちも嬉しそう。




お天気も回復傾向で しんさんのマットも外で風にあてて
乾きました(よかった〜)



夕食は棒ラーメンと山菜おこわ
しんさんは カレーを作って食べてました。


明日の山歩きに備え、
この日も8時就寝。
おやすみー♪






つづきはこちら♪
北アルプス縦走 白馬大池〜白馬岳編その1



にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





| 2013.08.20 Tuesday | 白馬 | comments(8) |