maron
2歳年下夫と再婚 しあわせな暮らし
まろんのこころの色を綴ったブログ

・宅地建物取引士
・ファイナンシャルプランナー2級
・整理収納アドバイザー2級
・アマチュア無線4級
・食品衛生責任者
↓↓ランキングに登録しています。クリックしてもらえると嬉しいです






ブログランキング参加中*
まろんの本棚


qrcode


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

アラフィフの日常を綴ったブログ*趣味は登山*カメラ・写真好き
築41年の自宅をセルフリノベ中・家具はほとんどDIY




雪彦山 登山 大天井岳から セリ岩〜!
12:15
雪彦山 三角点でお昼を簡単に済ませ

大天井岳を目指します。


狭い 山頂は おおぜいで賑わってました。(*^^*)

山バッジのおじさんも
まだいらっしゃいました。



まろん:『山バッジ売れました〜?』


おじさん:『ぜんぜん売れん(笑)
ここまで歩いて来るときに
何人か買ってくれたけど
ここ(大天井)では ひとつも売れてないねん』



と おっしゃってました (^_^;)




お天気が良いときだけ
登ってきてはるんやって♪


登ってくるコースは
いろいろらしいけど

だいたい 展望岩〜セリ岩 方面からが
多いらしいよ。(*^^*)


【雪彦山友の会】 っていうのを
有志で作られて いるみたいです。

そんなことを
おじさんとお話ししてると
しんさんが なにやら見つけた。


それに気づいたおじさん。


『そこに、小さいお墓があるやろ』

『◯◯くんっていう子が亡くなったらしいわ。
もうだいぶ前やけどなー』


ビニールパイプの中に
小さな 小さな 小さなほんとに小さなお墓。


亡くなった年月が刻まれていた。
平成3年…


そっと 手を合わせた。



◯◯くんは
雪彦山をいつも守ってくれてるね!

ありがとう。





おじさーん、
また会えるといいですねー♪




と言って
私たちは下山。




こっちのコースは
登りに使う人が多い。



こちら側も クサリ場あります。

下りはナカナカ (・・;) 大変ですよ





お尻のオンパレード♪♪\(//∇//)\






登りは面白いけど

下りは ちょっとコワイヨー (まろん)







おしり ばっか。笑










あ!
キター!ここ!ここ!




セリ岩






ザックをおろさないと通れませーん




しんさんもザックおろして、通過〜!





ここは
迂回路もありますよー。(*^^*)




クライミング岩
この 場所は
今はもう誰も 使うことがないのかなぁ





ハーケン






下山時は 集中してるので
あんまり写真がないけど。(^_^;)




なんだ これ〜?!?




家に帰ってから
調べてみたら ギンリョウソウ というそうだー。


フシギちゃん♪ (・_・)




緑の苔 、こけ、コケ いっぱい





2時50分 無事 下山〜♪ ( ´ ▽ ` )

今日もいちにち、お天気に恵まれ
楽しいヤマノボリでした。

ありがとうございました☆




雪彦温泉に入って



帰りましたー。



帰ってからの オヤツ。







美味しかったぁ〜♪ヾ(*´エ`*)ノ


やっぱり 身体を動かすと気持ちいい♪
山は楽しい♪



でもー、
確実に 歳をとってることを実感〜。


ちゃんと運動せなあかんな。




夏山に向けて
トレーニング がんばるど(^o^)/


今年の 夏山は……。

どこにしようかなー
(だいたい決まってるんやけど)


(^_^) 楽しみ〜♪



どれかひとつ
ポチッとしてもらえると
嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





| 2015.05.19 Tuesday | 雪彦山 | comments(4) |

雪彦山 登山* 虹ケ滝〜鎖場コース☆
19:35
2015.05.17 日曜日

兵庫県姫路市にある
雪彦山(せっぴこさん)に登ってきました♪



昨年10月の 北穂以来 
なんと7ヶ月ぶりの登山。

北穂の記事はコチラ
クリック♪読んでみてね





雪彦山は標高はそんなに高くないけど
(915.2m)

バリエーション豊富で
のぼりごたえのある山。
クライミングのできる山でも有名。



コースもいろいろある。


ちなみに初めて登った時は(2年前の1月)

大天井岳を 雪彦山山頂と思い込み

ルートを間違えて
鎖場から下山してしまったと言う
エピソードあり。(ー ー;)



その時の記事も どうぞ
初めてアイゼンを使用した雪彦山



雪と氷の岩場を
あんな怖い鎖場を 
よく下りてこれたもんだと
あとから 怖さがじわじわ。(苦笑)





今回はその 
怖かった鎖場コースから登ってみようとなった。



9時40分スタートです。




いきなりの苔に 萌え(笑)




こっちから登る人は 
ほとんどいませんでした。




一輪だけ 椿の花が咲いてた♪




4本足で登りますよー。笑





ごつごつ 岩場。 緑が美しい。





木の根っこがオブジェのよう。





なんだこりゃ?
何かの花?みたいやけど
急いで取ったから ピンボケや〜〜。






ふぅ♪
森林浴☆






聞えてくるのは 鳥のさえずりと
沢のせせらぎの音。





途中から 登山道をはずれ 
エスケープ(近道)して


赤い矢印のところ



出合いのところあたりから
虹ケ滝をめざしまっすぐ上に

大曲を通らずに直登してゆきます。
(しんさん ルート確認中の図)






「まろん、ちゃんと目印見てるか〜?
わかってるか〜?」



「うん、ここ。 
次は・・・・あっ、あそこや!」




正規なルートではないものの
こちらから登る方もおられるのか 
目印がつけてありました
(ありがとう)





しんさんが 
遠くから見えた看板を指し

「あそこに看板あるから 
あそこが道(登山道)やな」



まろん:
「えー あれって 保安林の看板ちゃうん?」



しん:「保安林の看板ってことは 
道につけられてるってことや。
 クマやイノシシが 看板見るか?(笑)
 人間が見るためにつけられてるんや。
だから、看板があるってことは 道や」


と 言った通り





直登してきたら 
ちゃんと登山道の標識がありました。





へーーーーーー♪
(またひとつ カシコクなったまろん)

ええ、 どこまでも無知です。





なんの葉っぱかなー?




大きな大きな葉っぱが 
おひさまの光を浴びて
キラキラ。


まろん:
「でっかいなー、あの大きさは 
かしわ餅の葉っぱやな、きっと!」
(なぜか自信満々)


(ほんまかいな)



木がバキッーと倒れてました。




カミナリやろか??






虹ヶ滝まで 1時間。
休憩。





地蔵岳で 
クライミングしている人が見えます。





こわくてこわくて  
おマタがキューーー (((°-°)))))))




沢を渡り





キター !
鎖場のオンパレード。







さらに地蔵岳が近くなり
人がよく見える。

わかるかなぁ?岩にへばりついてる人。





「キャー コワイッ!」 
と言う 女性の悲鳴みたいな声が聞こえ

((((;゚Д゚)))))))



高所恐怖症のまろんは ほんまに 
ビビリ全開。





とにかく 先へ進むのじゃ。







お尻の写真ばっかりで ごめんなさーい







木の根っこ階段(笑)




地蔵岳(アブナイ!  あぶないで!) と
書いてあります。




地蔵岳とは ここです。




人がいます
さっきの クライミングしていた人たちが
登りきったようです。



あんな狭い岩場の山頂にいるのを
見るだけで
クラ〜〜〜っとなって 
おマタが きゅーーーっとなるので(笑)
早く行こう。



たくさんの 
鎖場や ロープや 岩場を 
越え

















途中 下山してくる人を 
待避している間に
振り向いたら 飛行機雲♪ キレイ!







いくつあったのかわからないほどの鎖場を越えて




尾根に出て


山バッジ売りのおじさんと すれ違って



到着しました〜♪

3時間ちょうど。 12時40分。






ここの三角点は なーーーーーーんもなくて

眺望もなくて 
いつ行っても人がほとんどいない(笑)




ここで お昼ごはんにしました。




20分の短い休憩で 
大天井経由で 下山します。





いつものごとく
長くなってしまったので つづく♪



50代を考え暮らす

どれかひとつクリック*
。(*^^*) ありがとう
↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ
にほんブログ村




| 2015.05.18 Monday | 雪彦山 | comments(8) |

今年初のヤマノボリ〜!
17:53
7ケ月ぶりの ヤマノボリに
選んだ山はここ♪










どれかひとつ
ポチッとしてもらえると
嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




| 2015.05.17 Sunday | 雪彦山 | comments(0) |

ゴツゴツ岩場の雪彦山 ☆
21:05
雪彦山 登山のつづきです。


やっと稜線に出て
ジャンクションピークで、方向と標識を確認。

お天気も良くて寒くもなくサイコーの山歩き日和☆
ありがとう♪ありがとう♪(*^^*)




ここから鉾立山を目指します

このあたりは雪が残ってた

すぐに鉾立山に到着♪♪
すっごい眺めがよくて、氷ノ山まで見えてたよー!*\(^o^)/*








チキンラーメン食べてます(笑)



山の上で食べるラーメンはめちゃくちゃ美味しい(^O^)

しんさんはコーヒー、私は抹茶オーレ飲んで
氷ノ山を眺めながらほっこり休憩♪♪




そして、雪彦山をめざすぅーーー♪


ちょっと雪が残ってて怖かった。
しんさんがアイゼンつけるならつけろよ〜と言ってくれたけど

つけないでも大丈夫でした☆


ほどなくして
雪彦山の三角点に到着ぅー




展望は、、、


全くありません(笑)



証拠写真だけ撮ってさっさと進む(笑)



ゴツゴツ岩がたくさん




『山』 って書いてあります

なんでなんやろ?名前がない 山?(笑)



こちらも 山 (笑)




小さな命 みっけ








おーい♪(^O^)/待ってくれ〜(笑)



しんさんも四本足になるほど





私も四本足(笑)










ここを登り切ったら




大天井岳〜*\(^o^)/*





この日はだーれもいなくて二人じめ(笑)
あっちにいったりこっちから覗いて見たり




絶壁すぎて さすが のしんさんも
こわ〜って言うてました (*^m^*)








ミニチュア風
車を停めてる場所が見えてる(たぶん)





眺めが良くて、ずーっといたかったよ〜(o^^o)

写真撮ったりして30分くらいいたかなー。





ここにさ、こんな標識があったから
ここが雪彦山のピークだと思い込んでたんよね。(前回)




さあ、下山開始!!!


と、、、
おりはじめたら

えええええ〜( ̄◇ ̄;)



こ、こんなに急やったっけ???





この前はここが登りやったから
怖さはなくて、楽しくガツガツ登ってきてんけど


下りになると

めちゃ こわいーーーー。・°°・(>_<)・°°・。

しんさんが、ハーネスつけよって言うのでハーネス装着!

持ってきてるのに使わずに怪我したら意味あれへんって。

そうね、あると安心だし、、、ね



しんさんの向かってる先
キレットみたいになってるのわかる?








めちゃ怖かったのに、
必死で通ってたら
後ろからおじさん来て、このキレットをトラバースして行かれました(笑)

(O_O)



な、なんやねん( i _ i )
あっちに道あるんやん!!


というと、しんさん
『練習、練習!!』 ( ̄Д ̄)ノ


くしょー
だまされたぁ〜 (*`へ´*)


ま、 また今年もアルプス行きたいし
練習ということにしといたろ!(笑)



いくつか鎖やロープをおりて



あの セリ岩



この日はしんさんのザック大きくて通れそうになかったから
ここは迂回しましたー。

そして、ロッククライミングのできる場所









このあとはひたすら
下って下ってくだって

こんなに急やったっけー???ってくらい

急な下りやった。

あし、ガクガクなりそーやった(笑)


無事下山!(^O^)/



次の日起きたら、めずらしく太ももが張ってたー。

しんさんも、筋肉張ってるわーって言うてました。


山登り本にあるように右回りルートをオススメします〜( ̄▽ ̄;)


今回登りに使った沢づたいのルートは
ほんまに気持ち良くて
森林浴してるみたいでした。


ゴツゴツ岩登り、岩下りの雪彦山
めっちゃ楽しゅうございました(*^_^*)




また行きたい山やね♪♪♪


クリック
↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




| 2013.01.15 Tuesday | 雪彦山 | comments(10) |

雪彦山リベンジ!!
23:00
先週 雪彦山にいってきた



道を間違えて ピークを踏んでなかったという大マヌケな山歩きをしてしまったw ( ̄▽ ̄;)


ということで
リベンジしてきましたよーーーお


前回は 登山口からスタートし出雲岩から大天井岳まで行って
いきなり 虹ヶ滝へワープしてしまった(笑)




今回は逆回りで
登山口から大曲休憩所、虹ヶ滝からジャンクションピークをめざし
雪彦山へ行くルートに決定!

9時頃 登山口をスタート

こっち側も結構な急登やった









岩がゴロゴロ



ひたすら登る




登る




登る




先週はここでアイゼンをはずした
今回は逆回りで、これから峰山方面へ行く

今日は間違えへんで〜(笑)




虹ヶ滝を渡ると
前回、鎖をおりてきた場所が見えた

あの日は雪が積もってて
必死のパッチやったからあんまり覚えてないんやけど

こんなんやったんやねー!



鎖のところまで行ってみる




でも、今日はここは登らず

滝の上流めざし
沢沿いをのぼってゆく




いやはや
こっちもなかなか面白い(^O^)/






沢を渡ったり渡り返したり







杉林の中を歩いたり




抹茶のロールケーキを発見したり(笑)





水の音と風の音しか聞こえない





ものすっっごく
癒されました☆

めちゃくちゃ気持ちよかった!




雪彦山、標識に惑わされず(笑)
峰山方面ですぞ




メガネ女子(笑)





もうすぐ稜線にでるみたいだ!


青い空が見えてきた☆



そしてついに稜線に
でたーーー(^O^)/





明石大橋まで見えるらしいんだけど
わかる?

老眼の私は見えん(笑)

しんさんは見えたらしい。




つづくー♪

クリック
↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




| 2013.01.13 Sunday | 雪彦山 | comments(8) |

(/Д`;ァチャー! 道を間違えた、、、
21:45
雪彦山 登山の続きです

鎖場をひとつこえたらあとはふつーの登山道だろうと思っていたら


次から次へと現れる鎖場!!!!!

『下山→』とあったし
目指してる虹ヶ滝が下山ルート上にあったので
このまま進めば下山できるとは思っていたけど


鎖やら、ロープやら、
普通に歩くより、岩場を下る方が多く
この先道がなかったら
またここを登り返すのは……

と少々 不安も。

それでも、少しずつ、確実に標高をさげ
下っている。









iPhoneで撮ったから
暗くてわかりにくいけど

しんさんは、セルフビレイしながら
上手におりてくる







これはまた上の写真とは違う場所


私も 写真を撮る余裕が出てきたみたい(^^;;













こんなふうに降りてきたよ、と言う写真 ↓を撮ってくれと要求(笑)


ここはあまり怖くなかったんよね
鎖じゃなくロープだし。








時々、さっきまでいた山頂が見える




あんな傾斜おりてきたのか?
おりてきたんよね?
だから鎖場ばっかりだったんか〜?



山全体が凍ってる




太いつらら





しんさんの後ろ
縦横にロープが張られてるのわかるかなぁ。

あそこをおりてきたよ。




虹ヶ滝に出るまで、最後の最後まで
鎖場だった!

後半はだいぶ慣れてきて
雪がなくなってきたのもあり

なんとなく ロープワークのコツみたいなのがわかってきた

斜度もなく、高度感もない



虹ヶ滝から流れてくる沢を渡れば
雪はなくなり

葉っぱがフカフカの登山道になった。


滝を渡って登り返したところのベンチで
アイゼンをはずし







てくてく歩いて

登山口へ


どうやら、

予定のコースを大きく間違え(; ̄ェ ̄)

わざわざ、鎖場を通ってきたみたいだ。




私たちが雪彦山のピーク思っていた場所は大天井岳だった〜( ̄▽ ̄;)


こちらの地図の3番から
一気に6番にワープしてしまったみたい。


ほんとーは赤いルートを行くつもりだった。

ごっつい間違いやん!!!!!!


でも、ドロカベルートって
どんなんか知らんけど、イメージ的には
そっちのが怖いような?


氷ノ山のドロカベは
今回の鎖場より怖かったぞ


無事におりてこれたから良かったものの

【反省点】
あれ?
と思った時はすぐに地図を確認すること。
いつもは何度もガーミンで現在地を確認するしんさんが
この日はなぜかあまりみてなかった。


人を(私の場合はしんさんを)頼りにせず
自分でもきちんと予定のルート確認しておくこと

標識のみを頼りに歩かない
(地図とコンパスは必携)
持っていたけど、使わずだった。


アイゼン、ハーネス、ロープなどを持って行ったのは正解でした。

これらの装備がなければ、このルートは使わず引き返していたと思います。


しかし、装備があるから安全と言うわけではないので

今回のことを教訓に
さらに安全な山歩きができるように気をつけていきたいと思います。




無事におりてきたから
言えるんやけどさ

めっちゃ楽しかったー(^ω^)


不思議なことに

高さに対する恐怖が少し薄らいできたような。。。?







次回は
三辻山、鉾立山、とジャンクションピークを歩きたい。

雪彦山、リベンジするよ〜♪♪

↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ











| 2013.01.08 Tuesday | 雪彦山 | comments(6) |

初めてアイゼン使用した@雪彦山
12:50
雪彦山登山の続きです。


雪彦山山頂(と思い込んでいた場所)から下山開始

登りの記事は→こちら♪

登りルートとは違い下山は北側斜面になるからか
雪はたいして積もってないけど地面が凍ってる。
そして人が歩いて踏み固められてつるっつるっ☆
岩も凍ってる☆



こりは 危険だ〜。
つるっと 行って怪我でもしたら大変!!

とのことで 隊長から「アイゼン装着!」の指令が。
わー! まろん初アイゼンだぜーー。
去年の穂高の前に買ってたけど 使ったことはまだ一度もない。

いよいよ アイゼンデビュー
ちゃんとひとりで つけれた(笑)
同時に念のためハーネスも装着。



アイゼンで ザクザク歩く

しばらくすると 分岐点。
『鹿ヶ壺、峰山』
『虹ヶ滝』

鹿ヶ壺?峰山?は違うよなー。
虹ヶ滝方面だよなーー

(でも たしか体力に自信のない人は
虹ヶ滝にワープする道があるって書いてたけど
この道ってワープの道のことかな??)
内心そんなことを思いつつも
隊長も『こっちやな』 と言うので迷いなく 虹ヶ滝方面へ。


すると すぐにいきなりの鎖場
ほぼ垂直に5〜6mはあっただろーか
見下ろすと  大きな木が倒れており
道があるようには見えない

「ほんとにここおりるの? 道あってる?」
心配になり しんさんに確認するも
「あってる。 怖いか?やめとくか?」
(山頂からはまだ近いので 来た道を戻ることもできる)

うーん、 まぁ、 ここだけがんばって下れば
あとは普通の登山道なんだろう
そう思い、がんばって鎖場をおりることに
ハーネスも装着してるし 隊長が安全確保してくれてるので
大丈夫だ!

私が先におりる。

鎖をまたいで! って言われるんやけど
その またぐのが怖くて怖くて(まろん@高所恐怖症)

だって雪が凍って つるつるやねんで。((((;゚Д゚)))))))

つるっ!!といったら どないすんねん
慎重に、慎重に。。。。(; ̄ェ ̄)

なかなか一歩が出ない私に

隊長は 「無理やったらやめて戻ってええんやぞ」 と言ってくれたが

なんとなくできそうな気がして
行けそうな気がして
でも 足元の不安定さに

腕に力が入る入る。

鎖をしっかり握り締め 必死のパッチでまたぐ。 (おっしゃーー!)

あとは 足場を確認しながら おりていくだけ。
しかし 怖くて下が見れない私は 足探りだ。
アイゼンの爪でしっかり自分の体重をささえられる場所を探す。

でも そんなつま先だけで 岩場を下れるほど特訓はしてない(笑)

頭の中には イモトの登山の特集が頭の中ぐるぐる
(だいじょうぶ!!だいじょうぶ!イモトみたいにやればええねん)

意外に 前向きなアタシ。
イメージだけで 気分はイモト (爆)))




頼りは 自分の手で持ってる鎖と
しんさんが確保してくれてる ロープ(+ハーネス)

しかし、 そのロープもまだ信用できてない(笑)) というか
イマイチ ロープワークが身についてない(汗))


腕にものすごい力が入っていて
プルプルしてきた。

腕だけでおりてる感じ(やばいやばい 腕のキンニク終了間近(はやっ))


あと1mくらいで 少し広いところに下りれるのに
足をかける場所がみつからない(><;)
アイゼンの爪で カツンカツンと探ってみるが
体重を預けられそうにない


あかん!あかん!もう 腕が限界!!。・°°・(>_<)・°°・。


足をまっすぐ下におろせば なんとかその広い場所に立てる。


鎖にぶら下がったまま  両足をまっすぐ伸ばして(←ありえん姿)
ずるずるずるっ  という感じで 手持った鎖をで滑り落ちるように
ようやく地面についた

たぶん 見てるしんさんのほうが怖かったやろな(笑))

広い場所で(と言っても人が2人立てるくらいのスペース)
しんさんがおりてくるのを待つ

自分がおりた安心感で ぼー として見てたら
隊長が「まろん ちゃんとロープ引っ張ってビレイしてくれよ(笑)」
といわれ、 ああ、そうか!(爆))( ̄Д ̄)ノ


しんさんも 無事おりてきて

難関は突破した。

やった〜やった〜〜♪( ̄▽ ̄)


と思っていた


(なぜか 私のカメラのメモリーカードが容量オーバー表示で写真が撮れず
  そしてまた、テンパッテいたので 下山の写真はあまりないのが残念)




つづく♪


↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





| 2013.01.07 Monday | 雪彦山 | comments(8) |

NEW YEAR登山は雪彦山
23:15
新年あけましての初登山は
雪彦山(せっぴこさん)へいってきた。


いや、行くはずだった、、、(; ̄ェ ̄)


と言うのが正しい(笑)


まあ、
それは最後においといて、だ。


確かに雪彦山に向かった


車をとめて登山道に向かう




雪がちらちら♪

登山道に入ったらいきなりの急登だ。

おう!かかってこいψ(`∇´)ψ (笑)



雪彦山はロッククライミングのゲレンデとして有名らしい。
岩場や鎖場が多いとは聞いていたけれど






ほんとーに












注 のマークが


写真ではわかりにくいけど右側はガケみたいになってるよ





これでもか!







大天井岳にはこんなところも











しんさんも通過





ジャケットやズボンがガリガリ(笑)
破けるかと思った( ̄▽ ̄;)


まだまだ険しい






まだ鎖





今日は マジ登ってるよ
前みたいに写真細工してるんやないよ(笑)

ほんとにこんな斜面





まだあるー







時々、四本足になる






またロープ






いくつ鎖場を越えただろーか?


ようやく
ついた♪ついた♪


雪彦山の山頂だと思って記念写真



先客ありで ゆっくり写真が撮れず



景色もそこそこに


先へ急ぐ。


そう、下山開始


↑ここがてっきり雪彦山のピークだと思っててんよね〜。


標識も 『下山→』って書いてあったし。




登りの途中で見た景色はとても綺麗だったよ〜





海まで見えてた!(*^o^*)




さあ、どうなる?雪彦山


つづく
↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




| 2013.01.04 Friday | 雪彦山 | comments(10) |

( ̄◇ ̄;) 雪山ロッククライミング
16:47

普通の登山のつもりだったんやけど





雪山ロッククライミングみたいになってしまいました


ほぼ垂直 ((((;゚Д゚)))))))






詳細はのちほど


コメントのお返事ものちほど♪♪
いつもありがとうございます(*^o^*)




↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ






| 2013.01.04 Friday | 雪彦山 | comments(0) |