スポンサーサイト

2019.05.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    氷ノ山☆福定親水公園スタート

    2012.07.30 Monday

    0
      前回 氷ノ山に登ったのは4月の終わりでした。

      想定外の雪山登山となったわけですが
      登山道の崩落…で とんでもない目にあい
      一緒に行ってたおサルくんが 行方不明に(泣)・゚・(ノД`;)・゚・

      そのおサルくんの捜索もかねて
      もう一度 氷ノ山に!!!! と
      ずっと思っていました。

      3ヶ月ぶりです
      崩落していた 登山道は5月末にはしごがかけられたとのこと。


      前回は
      東尾根登山口から氷ノ山をめざし
      福定親水公園へ下るルートでしたが


      今回はその逆ルートで。

      福定親水公園に車をとめ スタートです。

      もう、朝からあっっつい!!!(;´Д`A

      登山道が木陰なのがせめてもの救い(笑)




      登山道入り口からすぐ
      あの恐怖の 川越えした場所。

      その姿の変わりようにびっくり!!
      まったく水などありません!



      あの日は ここをごーごーと音を立てて水が流れてました。

      膝まで水につかりながら ザイルを命綱に川を渡ったんだよ〜。
      想像もできないほど カラカラ(笑)



      嘘みたいだ。
      あの時写真を撮っておけばよかったと 今になって思う。

      でも 必死のパッチで 写真なんか撮る余裕がなかったんやけどね。


      この日の滝は 何事もなかったかのように静かに流れていた。




      感慨深く 恐怖を思い出しながら 先へ進む。

      もうひとつの川には
      丸太の橋がかけられてた。
      この日はほとんど水がありませんでしたが。。。

      ここも水につかりながら渡ったよねぇ…





      意外にこの丸太の橋が怖かった( ̄▽ ̄;)

      高さがないからいいけどさ。







      あまりにも違う山の姿に
      あの日も現実
      この日も現実  どちらも 氷ノ山なのだ。

      雪の山と全く雪のない山
      同じ山でも こうも違うのか。。。勉強になります。



      登山道も ここを下ってきたっけ??と思うほど
      記憶にないのか? 山の季節が違うからか? 
      まるで初めての山に登るみたい。

      いきなりの急登!!(こんな急なとこ下りたっけ??)





      最初から 心臓バクバク 汗がボタボタ したたり落ちる。
      ぜいぜいはぁはぁいいながら 隊長についてゆく。



      もう15分くい歩いた時点で
      「今日、頂上までたどりつけるんやろか?」と思うほどしんどかった。

      (−_−;)


      この日 ザックは 9キロの重さがあった。


      登山初心者の私にとって
      過去最高の重さ。

      石鎚山の時でも7キロほどやったし
      富士山の時でもこんなに重くはなかった。


      ハイドレーションに約2リットルの水を凍らせ
      それ以外に ペットボトル500ml 1本
      水筒1つ。 合計3リットルほどの水分。


      もしものために ハーネスも持っていった


      ザックが重かった。
      めっちゃ重かった。

      すでに 無口になるまろん。(笑)

      隊長は相変わらず タフ。。。。





      まだ 歩き始めたばかりですが つづく♪(笑)

      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



      ブログランキング・にほんブログ村へ



      **************

      山ガールネットからのお知らせ
      ↓ ↓ ↓詳細はクリック
      六甲山へ行こう♪


      六甲山で地図読み机上講習と実践
      大人気の山ガールカレッジ関西版開催☆
      素敵なプレゼントもあります♪♪

      *私は4日にスタッフとして参加します。

      ***************

      スポンサーサイト

      2019.05.16 Thursday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL