アラフィフの日常を綴ったブログ*趣味は登山*カメラ・写真好き
築42年の自宅をセルフリノベ中・家具はほとんどDIY



<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 車が、、、 | main | 山ガール* 雪の御嶽山 登山その2 >>
山ガール* 雪の御嶽山 登山その1
今年のゴールデンウイークに
御嶽山(3067m)に登ろう!と言い始めたのは
3月頃だったろうか。


「雪山やで」
「えーーーーーっ!? そーなん??」


「そりゃそうやろ、標高3000m級山やで!雪あるに決まっとるやろ(`_´)ゞ」

隊長にそんなこと言われるまで
雪山とは思いもせず

よくガイドブックで見る
夏山の御嶽山を想像してた(笑)
(あぶない、あぶない)


御嶽山なら雪山でも日帰りで行けるということで
雪の御嶽山登山は決まった。

去年までの私なら
3000mの雪山なんてムリだ!!!!(◎_◎;)
怖いし いやだ!!!

と思ってただろうけど
なぜか今年は登れそうな気がした。


今回のコースはおんたけ2240スキー場から
田の原登山口を通って 王滝頂上から剣ヶ峰(けんがみね)をめざす


時間があれば 二の池も見たい!


御嶽山は風がとても強いところらしく
重いザックを背負った男の人でも
風で体が
浮いてしまうほどらしい。
こういうのが滑落の原因になったりするそうです。


●天候によっては途中撤退あり
●天気が良くても風が強い場合は中止の可能性もあり

いさぎよく諦めるこころの準備をして
長野県へ向かった。


前の夜は何度も何度も 天気図を確認
山頂の気温は マイナス16度とか
風は風速17mとか

想像ができないーーーーーーー(*_*)


前日に出発し、その日の夜は
おんたけ2240スキー場の駐車場に宿をとった(笑)

駐車場は無料で解放されていて
暖房のきいたトイレが利用できた。
ありがとうございました☆


しんさんが王滝村周辺は
俺の庭だから安心しろーー
(スノボや自転車レースでしょっちゅう来てたらしい)
と言ってたけど、

ほんとに夜中にもトイレが利用できるのか
疑いながら くねくねの真っ暗な道をスキー場へと(¬д¬。)



私たちがついたのは夜の9時頃
車は数台しか泊まってなかったが
朝、起きて 外に出たら 100台??以上くらい
ものすごい車の数にびっくりした。

スキーやスノーボードのお客さんでいっぱい!

みんな夜中にやってくるんだって♪




6時頃に起きて準備
スキー場から田の原までゴンドラリフトがある。

しかし このリフトは強風で運行中止になることもあるという

リフトが動いてなかったら
山頂の駅まで歩いて登らないといかんのです

1時間半 くらいかかるみたい。。。

行動時間が長くなるため
できれば ゴンドラリフトに乗って田の原まで行くのが理想・・・

この日 山麓駅では 無風!!!!!
やったー!(^○^)
しかし、山頂駅が風が強いと動かない場合もあるそうなのです。



7時半頃からリフトが試運転を始めた。


「今日はリフト動くみたいやな」
と隊長の言葉に

心の中で(よっしゃーー♪(≧∇≦)))


往復券を買った方が安いのだけど
帰りのリフトに乗れるかどうかもわからなかったし
(風で止まる可能性もあり)
(時間的に間に合わない可能性もあり)
(元気なら歩いて下ってもヨシ)

片道券だけ購入

8時過ぎ リフトに乗っていると
中央?アルプスが でーーーん!!と





キレイだ。
綺麗すぎる

神様
今日も 晴れにしてくださってありがとう♪


リフトをおりる時に
スタッフのかたに
『登山届けは出されてますか〜?』と聞かれた

はい!出してます(^_^)

『リフトは4時には止まっちゃいますので、乗られるならそれまでに帰って来てくださいね』


了解しましたー^o^


登山届けは
前の日に、長野県警へメールで送信しておいた

娘2人にも、御嶽山に登ることをメールで伝え
日帰りで3日に下山予定だが、翌日の夕方になっても連絡がない場合は
長野県警へ連絡してほしいと伝えた。

そういうメールをするだけでも
娘たちを不安にさせてしまうと思うけど
これはマナーと言うかルールというか
必要なことなのだと。

誰かに山に登ることを伝えていくのは大事なことだと思う
ましてや、今回は3000m級の雪山だ。


娘たちには
心配はいらない、大丈夫だから

『念のため』こんなことを言ってるのだからと付け足しておいた


山頂駅から 田の原まで10分ほど森林の中を下る。

このあたりはアイゼンは必要なし




田の原まで歩いただけで暑くなり
シェルジャケットをウインドブレーカーに着替える。




ここでトイレに行きたい気がしたが
トイレは雪に埋れて使えず

トイレは気のせい、気のせい、気のせい。。。

少し歩くと 写真で見たことある鳥居が〜(^o^)




途中まではアイゼンなしで歩けましたが
斜面が急になってきて登りづらくなってきたので
アイゼンをつけることに。


他のみなさんも ほとんどこのあたりで
アイゼンをつけておられました。

スキーヤーの方もたくさん♪♪
登山者より スキーヤーのほうが多かかったですよ。

8割がスキーヤーでしょうか







青い青い空 ありがとう♪


中央アルプス???


どの山が何やまなのか
さっぱりわかりません


北アルプス?????



がんばって登ります

森林限界までは そんなにきつい感じはなかったのだけど




標高が上がるにつれて
しんどさが増強




じわじわ頭が痛いような気がして来るし




横をみると
直登している人たちがたくさん!!!



スキーヤーのがほとんどですが
中には登山者もちらほらいるよう


3人縦にならんで休憩されてるのが絵になってたので写真撮ったんだけど
わかるかなー





この日の登山者は
ソロの方が多く みなさん慣れた感じです
さくさく登って行かれます

みんなカッコいい〜(*^◯^*)


わたしはもう
ぜいぜいはあはあ(´・ω・`;)・・・



↑これは良くない見本の歩き方
斜面をトラバースしています
ここがいちばん怖かった。

右足、左足が同じ線の上を歩くように
したほうがいいそうです。


それでも 一歩一歩 歩いて行く

斜度がキツイ


ちょっとずつ ちょっとずつだけど
山頂は近づいている

山岳信仰の山らしく
たくさん、いろんなご神体のようなものがあります


ちいさなお地蔵さま





しんさんが
「後ろ見てみーー♪ 駐車場のお車がキラキラしとるー」



と言うけれど
登ってる途中で後ろを振り返ったら
くら〜〜っとなりそうなので

「いーや、 後ろと下は見ない!!」

足元と山頂だけを見て登る。


時々凍っているところがあり
アイゼンをしてても滑りそうで怖い。


もしも 滑落したら
アイゼンを立てるなよ!と隊長から教わる。

アイゼンを立てて止まろうとすると
体が回転してしまうそうです

それから もし雪崩が起きたら
全力で右に走るよう(この時の登山道の右側ということです)

登りながらいろんなことを教わります。
(いつもです)




王滝の頂上が見えてきました!!!
(2940m)



一歩一歩
ざくっ、ざくっ、と確かめながら登る

もうヘロヘロです。



コメントのお返事、明日になりそーです
ごめんなさい。
いつもありがとう♪♪(*^^*)





クリックで続きを書くパワーがもらえますー。

つづく♪↓
御嶽山登山その2


↓ぽちっとな



にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





















びゃくさんへ♪

ありがとう〜おん
車中泊って ほんと眠れないよね、
バスならなおさらーーー。
私も去年の穂高行った時バスだったからしんどかったよ。

運転はしんどいけど やっぱり自分たちの車がいいーって思った(^o^)
でも、車で布団があっても なかなか眠れない時も多いよ〜。(^^;;

つづきがんばって書くねーー♪(*^^*)
まろん | 2013/05/06 10:07
そえちゃんへ♪

うん、お天気よくって最高やったよ♪(^o^)
でも斜度がキツイねん〜
しんどかったーー

夏山ならおんたけロープウェイ(飯森高原駅)のほうがいいと思うけど
そこから山頂はそれなりに。。。。(^^;;

標高も高いし斜度もキツイし、夏は暑いしでたぶんかなりしんどいと思う〜。
でも 行った人にしか味わえない景色が待ってるよーー(^o^)
がんばれーー♪

いつもしんさん頼りになるけど
今回さらに改めて頼もしいなーと思ったよーー。(*^^*)
まろん | 2013/05/06 10:04

楽しそうやけど、大変やったね・・

お地蔵様 かわいい!
車中泊って高速バスしか経験ないなぁ〜寝れないんだよね(ToT)

無事に帰って来てくれてよかった!
続きも 楽しみだなぁ〜(*^o^*)
びゃく | 2013/05/06 01:41
青い空と白い雪がとても綺麗だね!
まろんねえ、きついって書いてるけど
そんな風に見えない(笑)

御嶽山は夏に行きたいって思ってて、この季節はしんどそうで考えてなかった~(^-^;
ルートは初心者はどこが一番楽なんやろ?
楽することばかり考えてる(爆)

しんさん、この辺りは庭なんやね、羨ま
しい☆
しんさん、なんか楽しそう(笑)

つづき、楽しみにしてまーす(^o^)/

そえちゃん。 | 2013/05/05 23:22
COMMENT









Trackback URL
http://yukaimaron.jugem.jp/trackback/1659
TRACKBACK