アラフィフの日常を綴ったブログ*趣味は登山*カメラ・写真好き
築42年の自宅をセルフリノベ中・家具はほとんどDIY



<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山ガール* 雪の御嶽山 登山その1 | main | 雪山登山☆装備とか >>
山ガール* 雪の御嶽山 登山その2

雪の御嶽山 登山
その1はこちらでどうぞ→御嶽山登山その1


長いので
クリックしてから読んでくださると嬉しいっ


にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ








ぜいぜいはあはあ 言いながら
一歩ずつ こつこつ

山登りは人生に似ています

マラソンをしている時も
マラソンは人生に似ているな ・・と思っていました。


何でもコツコツが好きだな



王滝の山頂へ








王滝頂上奥社の鳥居





あ〜
来れたね

なんとか登ってこれた





しんさん お参り





それにしても 山が似合う男だ
(おまいが言うなって )








スキー板があるの見えるかな?
休憩してお昼ご飯食べてはりました(^_^)




スキーヤーの方はここから
一気にすべっておりて行かれます


めっちゃ急傾斜で
下が見えないくらいなのに
怖くないのかなーー。 (°_°)


奥社のむこうに見えているあれが
御嶽山の山頂です






あそこまでがんばって行くんだよーー!!




噴煙があがってます



このあたりの雪がないのは
強い風が吹くから雪が飛ばされて
積もらないんだそう


さっきの奥社のすぐ裏側です






近くに見えるんやけど







遠い・・・

っつーか 傾斜がハンパないっ


何分くらいでつくん?

と聞くと 20分くらい!!とのこと。

おりゃーーー!!( ̄Д ̄)ノ
がんばるどーー!!

横から風がびゅーびゅー吹き付ける


はぁ はぁ はぁ はぁ



以下 登りながらのまろんのこころの叫び

**

なんつーか
これ フルマラソン走ってる気分だな

ゴール目前で体が 動かない
名古屋ウィメンズマラソンの時
こんな感じだったよな

しんどかったよ

でも 確実に進んでるよ




あー、足 動かないよ
ガス欠っぽい
少々意識朦朧しつつ

寒い

早く山頂について ジャケット着なくちゃ

風がキツイな

はーー

はーーー

はーーーーーーー



***

そんなことを思いながら登ってると

隊長が
「富士山の剣ヶ峰に似てるやろー」

「フルマラソンの35キロ地点、いや40キロ地点くらいの気分かー?」


何や、私と同じこと思ってるしっ。(*^m^*)


しかし、 その問いかけに答える元気がない

こころの中では うん! そうそう、
同じこと思ってるし

と 言ってるのだけど
声にならない

口からでるのは


はーーーーー
はーーーーーーー
はーーーーーーはーーーーー

荒い息だけ


苦しい。(><;)

とにかく息を吐かなくちゃ!!



ぶはぁー はー はーー (´・ω・`;)




もうちょっとだよーーー






ああ、 嬉しい



この鳥居を越えると
山頂の奥社はすぐ


ついた
ついたよーーーー









寒い 寒いよー!!!
風が強い
(この日はどちらかと言うと穏やかな日だったようですが)





寒くって
急いで ダウンジャケットとシェルジャケットを着込んで

隊長に
ダウンは 中に着るんもんじゃ(笑)

と言われたけど

とりあえず 寒さしのげたら ええねん
もう 今更 脱いでまた着れませんわw




この写真を撮ってる瞬間にも
雲の流れが早く
晴れたり曇ったり





おなかがすいてたので
持ってきてた巻き寿司をひときれ食べるけど
もう 胃が 受け付けません(T_T)

ここは長居ができる場所ではないので
急いで下ります
王滝頂上まで下って 風をよけてお昼にすることにします

すでに時間は2時頃でした
なんと 山頂まで 6時間近くかかったことになる
(夏山のコースタイムは 3時間半くらいです)

二の池まで行きたい なんて言ってましたが
どう考えてもムリでした。




名残惜しいけど
写真を撮るのもままならぬ感じ

体がどんどん冷えて行く
手袋をはずせば一瞬で手がこおりそうになる

しかも 雪が降ってきたよー





トイレに行きたい気がしてから
すでに5時間が経過(ええーーーっ)

男性の方は 山小屋の奥とかで こっそり
されてるみたいでした

私もトイレ用のポンチョを持ってたけど

どーーーしても 我慢できないわけじゃないし
この寒さに ズボン脱げば・・・・・
お尻 凍結??☆☆ ( ̄◇ ̄;)

しかも ズボンの上には ハーネスを装着しているし
ズボンの下にはタイツが2枚

もうその 作業(?)を想像するだけでめんどくさい(笑)
我慢して 早く下ってしまおう!!

行きたい「気」がしてるだけで
まだ 我慢できるはず

山頂の山小屋?は 奥社建物かな?
ごらんの通り雪の中




とにかく早く下ろう!!!

最後にもう一枚写真を撮って





下山開始!




急な斜面
歩き方を間違えると
怖いし滑るしで危険


隊長に 怖いと思ったらずっと怖いからな!
怖いと思うなよ。

富士山の時と同じように
かかとで おりて行くんやぞ!


ざくっざくっざくっ!!

上から見てる時は
こんな斜面すんなりおりてゆけるのか??と思ってたけど

わりとすんなり

隊長に

「まろんはやっぱり下りは さすがやな!!!」

ほめてもらってさらに得意げ(笑)


王滝山頂までくだり
風をよけられる場所を探して
お昼にします

おなかは空いてるんやけど
ハードすぎて胃が疲れて 固形物が飲み込めない(o;ω;o)ウゥ・・・

でも 食べておかなきゃ
自分で下れなくなってまうーーーー!!

これは 薬だ !と思って(隊長にいつも言われる)
無理やり 押し込む。

そして 下山開始

上から見ると すげー傾斜
こえーーよーー(>0<;)





周りにはもうだーーーれもいません。

御嶽山 山頂から下る時に一組のスキーヤーのカップルと会いましたが
おそらく反対側に下って行かれたようです


もう下りはほとんど写真撮る間もなく
滑るように下りていきます

雪もちらちら


頭は がんがん痛いし
トイレにも行きたい


リフトに間に合う?

ぎりぎり間に合わんかも(笑)

後ろを振り返ると
雲がせまってます





ガツガツくだって
くだって


もしかしたら リフトに
ぎりぎり 間に合う??


行く時は気づかなかったよー
5円玉




なんか

リフトに間に合いそうな
びみょーな感じになってきました

ラストスパートで
田の原から スキー場のコースを


ぐわーーーーっと登り



もう必死でしたね

ここからまた自分の足で下るのはキツイ

できれば リフトにのりたい〜〜
さすがの隊長も気持ちは同じだったみたい(*^m^*)


しかし 重いザックを背負った隊長
最後の最後の急な斜面を(スキー場)

ぜーーぜーー はーーはーー

ま、まろん、ちょっと待て!!


あの隊長が ばててしまいました(ノ_<)


わたし、先に行ってアイゼンはずしとく!!

と先にリフト乗り場のところまで
行き、アイゼンをはずそうとするも
なかなかはずれず

そうこうしてたら
隊長が追いついてきて

リフト乗り場へ上がって行くので
私も急いでついていく


アイゼンははずさなくても
リフトに乗せてくれました

乗車券は山頂駅では売ってないらしく
下でお金払ってください

ということで

無事 リフトに乗ることができました!!


なんと リフト乗車が 3時58分

隊長、
これでリフト乗れんかったら
もう終わってたなーー。

というほど ばてておりました(最後のダッシュがね)

意外に 私が 元気?だったのが不思議(笑)

田の原の直前で食べたチロルチョコが
パワーになったか???

何はともあれ
無事に下山できましたーー☆




車のところに戻ってきたのが4時15分

下りは1時間半でおりてきたことになる
さすがw ←自分で


そして、 トイレーーー


なんと8時間近く我慢していましたw

やればできる(何がやネン)



私のトイレが近いのは精神的なものもあるんですよねーー。

日頃から
トイレを見ると 行っておかなきゃ って思ってしまう。

寝る前とか 何回もいってしまう
寝る直前に行かないと不安になる

実際には ほとんど出ないんやけど
したいような気持ちになってしまうねんw

あっ
話がずれちゃった



荷物を片付けて
しんさんオススメの 秘境の湯へ

ナビでも出てこないし
看板もないし

道路はガタガタだし




サルはいるし





でも、本当にいい温泉でした



お風呂の中から 雪の御嶽山が
どどーーんと見えるんだよ。

お湯につかりながら
あそこに 登ってきたんだ〜と
ひとりで満足感いっぱい



土日祝しか営業してない 秘境の温泉
王滝の湯



お風呂にはいる前に
私が急に気分悪くなったりといろいろありましたが
(たぶん、空腹だったのに 鎮痛剤を時間をあけずに飲んだため??)



温泉のあとは 気分爽快☆(*^_^*)

王滝村で唯一?の食堂で夕食をとり

道の駅三岳まで戻り そこで眠ることにしましたZZ

しんどかったけど
登った人にしか見えない景色が見れたよ



二の池まで行けなかったので
夏山でまたチャレンジしたいな♪♪(*^^*)

私にとっては
富士山の次にしんどい山でした

霊峰の山 御嶽山
邪念、雑念がある人は足が前に出ないとか??

なんとか 無事にたどりつけて良かった(*´艸`*)


山の感じが富士山に似ていることから
富士山登山の練習に登る人も多いそうです。


この連休中
あちこちの山で滑落死が相次いでますね

無事に帰って来れてよかった
山の神様 ありがとうございました♪

長いレポ読んでくださってありがとう〜♪



クリックもありがとう♪
↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



ゆきんこさんへ♪

初めまして〜♪*¥(^o^)/*
コメントありがとうございます!!!

素敵な夫婦だなんて、う、う、嬉しすぎるー、(*´∀`*)ありがとう〜♪
わ〜い♪ 今日はるんるんです(*´艸`*) ぷ!単純。

ゆきんこさん夫婦もバイクに乗ってはるんですねー!わぁ、なんのバイクかなぁ?
登山歴もうち(私)と似たような感じですねー。

静岡というと
富士山が近いですね!!!!
富士山はもう登りましたか??(*^^*)

私のブログ完読、、がんばってるだなんて、
ほんま、嬉しいです。嬉しくて涙ちょちょぎれますよーぉ。(o;ω;o)ウゥ・・・ありがとう!!

とりとめのないことばかり書いていますが
これからもどうぞよろしくお願いします♪♪

ほんま、ありがとう♪ 嬉しいなぁ(*´∀`*)
まろん | 2014/01/27 14:24
初めましてゆきんこと申します。
少し前にまろんさんブログに出会い、すごく仲良しな素敵なご夫婦だなぁって(*^^*)
私は静岡県浜松市在住の32才です。夫婦で登山を始めて4年目です。夫婦でバイクにも乗っています(^3^)
4年前近所の里山を2回程登って初めての本格登山をしたのが御嶽山でした。それ以来山にはまってしまいました(^∧^)
まろんさん雪山御嶽山行っちゃうなんてすごすぎます(≧∇≦)
まろんさんみたいにかっこ良く楽しく登山したいから、さぼり気味だった筋トレとジョギング再開しました(`◇´)ゞ
少しずつまろんさんブログ完読させて頂きますね。ブログこれからも楽しみにしてます!長文失礼しました(>_<)/~~
ゆきんこ | 2014/01/27 10:19
岳さんへ♪

ありがとうございます!!!(*^_^*)
そうですね♪
きうかったけど いい経験になりました☆(^。^)
御嶽山は不思議な山ですねー。

慢心せずに これからも安心登山続けていきたいです♪♪


まろん | 2013/05/06 20:58
はたぼーさんへ♪

そうそう、去年の夏はたぼーさんのブログで御嶽山の池の写真を見て
御嶽山いきたーい!!と思ったのがきっかけだったよーん♪

二の池には行けなかったけど
またチャレンジしたいよー(*^_^*)

命あってこそやもんね☆

まろん | 2013/05/06 20:54
お疲れさま!
御無事で何よりでしたね。
標高と霊山、それなりの試練を与えてくれる様です。
いい想い出になりましたね!
岳 | 2013/05/06 19:44
登頂おめでとう!!
夏の御嶽山山頂でおいらも同じ場所で写真撮りました^^
GW中は山での事故があいつぎましたね。
無事に制覇することができてよかったですね^^

村ポチ☆
はたぼー | 2013/05/06 16:22
COMMENT









Trackback URL
http://yukaimaron.jugem.jp/trackback/1660
TRACKBACK