スポンサーサイト

2019.05.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    山登り、アウトドア用日焼け止め【ラロッシュポゼ】

    2013.06.26 Wednesday

    0

      日帰り登山の時は
      お風呂に入ってお化粧も落とせるからいいんやけど

      標高の高い山で山小屋とか、テントで泊まると

      顔を洗うことすらできない場所もあるんよね。
      富士山がそうやったね。

      涸沢は水が豊富にあったけど
      石鹸は使えない。


      だから
      なるべく化粧はしたくない



      でも、日焼け止めだけは
      しっかり!!



      ただでさえ地黒なのに
      シミやそばかすみたいなのもいっぱいあるねん。・゚・(TOT)

      これ以上ぜったい 焼きたくない!!(><;)


      でも、焼けちゃうんですけどね〜。

      外に出ないのがいちばんなんやけど。。。。(笑)


      そこで、あれこれ、日焼け止めを探していましたところ


      これはいいかも!と思うものに出会いました。





      なんと、世界で25000以上の皮膚科医も採用しているという
      スキンケアブランドの 【ラロッシュポゼ】

      検索して、口コミやら、いろんなサイトの情報を読めば読むほど

      使ってみたーい!

      と、なりまして。

      ちょうど今までの日焼け止めがなくなるから
      買わなきゃいけないタイミングだったので(だから探していた)

      ポチッと♪♪ (もうだいぶ前なんやけどね)



      あのねー、

      いいです!

      これ、たぶんずっと使います


      ◯顔が白くならない
      ◯クリームなのに、めっちゃさらっとよくのびる!!
      ◯無香料



      乳液タイプのもあるよ
      私はクリームタイプが好きなので
      これにしたけどね。

      以前マラソンや登山の時に使っていたのは


      ドラッグストアの美容部員のお姉さん推奨!!


      これはね、汗かいた時に
      塗り直すと、べったべったになるんよね。

      乳液タイプのヌルヌル感が
      汗と混ぜこたになって
      塗っても塗っても顔がぬるぬる(笑)

      塗ったそばから汗と一緒に流れてるみたいな気がして

      (私の個人的感想ですよ)




      普段使いにはこちら
      以前使ってました。




      乳液タイプがいやだから
      クリームタイプにしてみたんやけど
      資生堂のドゥーエ


      これは顔が白くなるのが難点






      気合いれて塗りたくったときにゃ
      その顔、どないしたん???状態になります。(; ̄ェ ̄)


      以前に山で 塗り直したら
      しんさんに、『顔、真っ白やぞ!!』って言われたことがあります。


      なんとか使い切りましたが
      クリームが硬いです。

      しっかりカバーしてくれてる感はありますが…


      白くなるのがねぇ…



      で、行き着いたのがこちら♪





      乳液タイプはこちら



      塗った感じが全く重くないし
      とにかくよくのびる!!

      ミスト化粧水と、ポーチがついてお得でした。
      数量限定!





      普段使いには、SPF値がもう少し低いものでも
      十分ですが、

      登山やアウトドアの時だけ使ってたら
      1年で使いきれないと思い
      普段使いにも使っています(顔に)


      下地クリームの前にぬりぬり。
      重くないし、白くならないから気に入ってます(*^^*)


      同じ種類のスティックタイプもあるみたいで
      山歩き中に、塗り直したい時
      手が汚れなくていいな〜♪と思い、
      夏の北アルプスまでに購入予定。




      若い頃、真っ黒に日焼けした肌が
      カッコいい時代がありました


      もー、なんであんなことしたんやろ ( ̄▽ ̄;)



      若気の至りとはこのことか。( i _ i )

      今更ながら、ムダな抵抗
      がんばっております、48歳。


      シミ、しわ、白髪
      日焼けが気になるお年頃ですわ〜。



      にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ



      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



      スポンサーサイト

      2019.05.16 Thursday

      0
        コメント
        びゃくさんへ♪

        スティックタイプのやつ便利そうだよねー。(*^^*)

        私も、すっごいシミだらけだよー(T_T)
        近くで鏡見ると、嫌んなっちゃうよー。
        目が悪くてよかった。(笑)
        • by まろん
        • 2013/06/27 2:31 PM
        スティックタイプのぉ〜いいなぁ〜(^o^)手が汚れなくて・・
        私は塗り直ししないから、シミだらけ(^o^)
        • by びゃく
        • 2013/06/27 7:00 AM
        keikoさんへ♪

        笑ってくれてありがとうっっ(笑)(*^m^*)

        SPFと、PA
        安いのでも50にPA+++あるもんねー。

        美容部員のお姉さん曰く
        紫外線にはA波とB波があって、高いやつは両方を遮るとかなんとか?言ってたような?

        私も昔は1000円以下のばっかり使ってたんだー。白くもテカテカにもなってなかったけど
        いつも、遊んだ翌日に、どっか行って来た?って聞かれるから、えー!焼けてんのか??とショックで〜(T_T)

        少しいい(のかどうかわからんけど)のに変えてん〜。(^O^)

        • by まろん
        • 2013/06/26 9:45 PM
        そえちゃんへ♪

        しんさんとおんなじこと言う〜(笑)(笑)
        真っ黒に焼けたらシミもそばかすもわからんくなるでって、言うねん〜
        ブ━━。:+((*′艸`))+:。━━ッ!!!!!

        でも、焼きたくないよねー。

        山歩きの時は、普段からほとんどすっぴんに近いよ。
        日焼け止めぬって、ファンデーションをうすーくぬって、眉毛だけ書く(笑)

        泊まりの登山はお風呂もないし、顔洗えないこと多いから、拭き取るだけやから、なるべくお化粧しないようにしてるよー。
        日帰りのときでも、汗で流れて汚くなっちゃうから(笑)ほとんどベースメイクだけ。

        ラロッシュポゼは、皮膚科医も推奨って、実際に使ってる病院もたくさんあるみたいやから
        肌にも安心かなーって思って。(^O^)
        梨花もオススメーって、書いてあった。

        バイク乗るときに塗ってたけど
        今のところ大丈夫そう〜。
        山ではどうやろかー。(^.^)いろいろ悩むよね〜。
        使って見なきゃわからんしねぇ〜!




        • by まろん
        • 2013/06/26 9:37 PM
        >その顔、どないしたん???状態になります
        きゃははヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆ばんばん!
        いちいち使用感がおもしろくて笑ってしまいました。

        ところでSPF50+ PA++++ でも随分お値段のひらきがありますが、あれ何の違いでしょ?
        私は何だっけなぁ安いのをベタベタ塗っています。多分真っ白にもテッカテカにもなってないと自分では思ってる。
        多分(; ̄ー ̄A
        • by keiko
        • 2013/06/26 5:22 PM
        まろんねえ、シミは私も嫌だけど、黒いのは健康的で似合ってるよ!
        って私もジグロ(^-^;

        黒いとシミも目立ちにくいよ(笑)
        けど、私も焼きたくないんだー

        縦走の時はお化粧なしでベースメイクだけで行くの?
        泊まりで行ったことないからわからんくて。

        私は普段は顔はアルビオンなん。
        今年、体用にアヤパンが宣伝してる日焼け止めのウォータープルーフじゃないほうの買ったら、なんか焼けたよう(-_-;)

        ラロッシュポゼって良いんかな~?

        • by そえちゃん。
        • 2013/06/26 3:18 PM
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL