スポンサーサイト

2019.05.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    山ガールが行く雪山*天児屋山スノーハイク 後編

    2014.01.20 Monday

    0
      2014.1.18 
      雪の てんごやさん(天児屋山)に登ってきました。

      前半はこちらからどうぞ→雪山登山*天児屋山 スノーハイク


      三国平をすぎて ワカンをつけた頃は
      うっすらと青空も。




      「天候が荒れてたら 途中で引き返すからな!」
      と言われてたので



      わー♪このまま山頂まで晴れてて〜〜☆





      トレースはあったりなかったり。
      風の強い場所では全く消えてなくなってました。





      モンスターの中に入ってみたり♪(笑)




      「まろんがラッセルしたる!!!!」と張り切ってみたり(笑)







      ラッセルと言えるほど深い雪ではないですが
      ふかふかで もふもふのスノーパウダー
      ワカンをしてても膝下までもぐっちゃうので

      やはり 先頭はしんどいです。


      しんさんに ラッセルの仕方をおそわります。




      ○後ろの人が歩きやすいように道を作る
      ○右、左 と体重を移動させながら
      しっかり踏み込んでから次の一歩を出すように
      ○早く歩かなくていいぞ!

      と 注意を受けながら (汗)

      でも 私の後ろは歩きにくいって (苦笑)
      すぐに交代〜♪




      はー、 晴れてたらもっと美しいんだろうなあ。
      でも こういう モノクロの世界も雪山ならでは…☆









      山頂付近が見えてきて
      モンスターがたくさん 出てきました〜♪





      楽しいネ♪





      握手してるモンスターの手は 自然にできたものデス。




      木の枝に雪が積もってました。



      もう少しかなー。





      「なんだか前に来た時と 景色が違うみたいな気がする」
      「こんなとこ通った??」

      と聞くと

      「前はもっと雪が積もってたから(あの時は240センチ積雪)
      このあたりの木は全部 雪に埋もれてたんやと思うよ」としんさん。




      途中で 全くトレースがなくなり
      「ルートからちょっと外れてるな」

      と。



      ひょぇ〜〜〜!!! Σ( ゚皿゚)

      となる 私とは違い いつも冷静なしんさん。

      「大丈夫、大丈夫。」(^_^)

      しばらく進むと うっすら残るトレースとまた合流。(ほ♪)




      そして 山頂が見えてきた〜〜!!





      本当ならこのあたりから 周りの山々がキレイに見えるそうなんやけど
      何にも見えません。


      前に来た時に 山頂で一緒になったおじさんが
      「この木がてっぺんの目印」 と教えてくださった
      その木が まだあった♪




      山頂到着  1時20分くらいだったかなー。
      スタートから 4時間10分もかかった。

      「どんな困難にも負けない木」(まろん命名)も まだがんばってる♪







      風が強く 雪が降っていて 視界ゼロ
       




      ここの山頂には避難小屋もなんにもないので
      少しでも風をよけつつ、ザックをおろして
      お昼ごはんにします。

      スープもコーヒーも あっと言う間に 冷たくなっちゃう。

      身体は寒くないんやけど 手が冷たくて 冷たくて!!! (o;ω;o)ウゥ・・・

      それでも 気づいたら30分ほど休憩してたみたいでした。


      下山準備をしていると 遠くで 
      ゴオオオオオオーーーッ と言う音が。



      まろん「なんか ゴーーって 雪崩みたいな音がしてるよ」


      しんさん「たぶんカミナリやな。 早く下山せなあかんな」

       あとで知ったのですが 大山で雪崩が起きたんですね。
       もしかして あの音が聞こえてたのかなぁ……


      午後からは天気が崩れると言ってたので 早くくだらなくては。

      てんごやさんてっぺんの木と記念撮影〜☆




      ここまで登って来れて嬉しいヾ(●´▽`●)ノ




      さあ 下山します!



      2時02分。




      下りは早い!!
      自分たちがつけたトレースもあるし。
      ザックザックと下っていきます。






      風と雪でトレースが消えかかってるところもありました。


      たくさんのモンスターたち♪




      ただいまー!(笑)
      また来るね♪





      急げ!!急げ!!




      急げ、急げ。



      下りは 黙々、写真もほとんど撮らず。


      朝、登るときに見た 霧氷の赤ちゃんのところまで
      戻ってきました。


      マクロレンズで撮影にチャレンジ









      なかなかピントが合わず



      時間ばかりかかるので
      途中で、もーいいや(笑)



      さあ

      あと少しだ!!


      急坂を下って

      東屋が見えました〜!!!




      ここまで来たら 一安心。(*^_^*)






      あとは 道路を下って、スキー場の駐車場へ♪




      4時16分 無事に下山しましたー。

      車にはすごい雪が積もってました。


      9時11分にスタートして、約7時間(休憩含む)

      距離は 10キロくらい。

      この日は 登山者には1人も会いませんでした。
      他のトレースもなかったし、
      たぶん、山に登っていたのは私たちだけ♪♪


      以前 天児屋山でお会いしたご夫婦が
      おっしゃってました。

      マイナーな山だと。

      わざわざ 遠くまで行かなくとも
      人でごった返し、渋滞の山に行かなくても
      こんな美しい樹氷が観れるんやから
      人にはおしえたくないって。


      私もそう思います!!!

      歩いてても聞こえてくるのは
      雪を踏みしめる音と、風の音
      そして、自分たちが吐く息の音だけ。

      ひっそりと、美しい景色を見せてくれる
      天児屋山。

      ガッツリと歩いて 大満足な雪山登山でした☆ ヾ(●´▽`●)ノ

      天児屋山は 楽しい♪♪
      大好きな雪山。



      今年、もう一度行けるといいな♪


      にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ

      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


      人気ブログランキングへ




      スポンサーサイト

      2019.05.16 Thursday

      0
        コメント
        ゆきおさんへ♪

        そやねん!千種にこんな山があるねん〜(^○^)
        めちゃ楽しいよー♪

        秘密の山、ってことはないよん(*^m^*)
        他にも登ってる人はたくさんいるみたいだし
        天児屋山、で検索したらいろいろ出てくると思うよ〜。(^_^)
        • by まろん
        • 2014/01/21 7:39 PM
        びゃくさんへ♪

        モンスターいっぱいいたよー(^○^)
        最初に雪に顔を書いたのはしんさんなんだー(*^m^*)

        ちょっとしたことで、楽しいよねー♪(*^^*)
        • by まろん
        • 2014/01/21 7:36 PM
        千種にそんな山があるんですねー。
        アタシもいつか。バックカントリー出来れば!
        でも、まろんさん夫婦と、そのお会いしたご夫婦の秘密の雪山なんすよねー。
        • by ゆきお
        • 2014/01/21 6:59 PM
        モンスターがいっぱい(^o^)
        ただの木をモンスターに見立てるなんて・・まろんさんの感性が大好きだよ(*^o^*)
        びゃくも握手して欲しいなぁ〜(^0^ )
        • by びゃく
        • 2014/01/21 12:59 AM
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL