**ここいろまろん**

アラフィフの日常を綴ったブログ*趣味は登山*カメラ・写真好き
築41年の自宅をセルフリノベ中・家具はほとんどDIY



<< 南アルプス縦走〜北岳山荘のごはんと雨の3日目 | main | 南アルプス縦走中に 財布紛失〜!(T0T) >>
南アルプス縦走、雨の間ノ岳から農鳥小屋へ
8月11日〜14日 南アルプス縦走

前回の記事は

熊に会った1日目

2日目、吐き気と闘い北岳山頂!


そして
3日目

8月13日


入山する前の天気予報では
13日が いちばん、晴れマークやったのに

大きくはずれ
雨風強し。


カッパを着て ヘルメットをかぶって 出発。


ヤマノボリ


私のカメラは ザックにしまったから
しんさんの 防水カメラでの撮影になりますー。







北岳山荘から 50分ほど歩いたか

中白峰山〜!


とりあえず 写真。










後ろを振り返ると
霧が少し 薄くなってきた。


北岳山荘が、うっすら見えるまでに。






ここまま、
天気 回復するんかなー

淡い期待。


この日は、行動時間 7時間半を予定していた。

北岳山荘から 間ノ岳ー 農鳥岳を越え
一気に大門沢小屋まで 行くつもりやった。


中白峰山のあたりでは、
私は 心の中で
(大丈夫、これくらいなら、一気に行けそう)
と思ってた。



もちろん、しんさんも
同じことを考えてると思ってた。



中白峰山から 間ノ岳がとても長く感じて

コースタイムは 1時間やったけど
もっとかかった記憶がある。


間ノ岳に向かう途中
単独行の人と ふたりくらいすれ違った。


北岳方面に向かってた。


しんさんが、
『まろん、時計 (時間)見とけ』

って言ったので、 時間を確認する。



もしも、何かあった時のためなんやなってことは
言われなくても わかった。



(青い カッパ着た 男の人、○時 ○○分)


(少し年配の人、黒いザック ○時○○分)



あたまに、インプット。


中白峰山から 間ノ岳への稜線は風も強く
雨も強くなってきた。


メガネをかけてたけど
曇って見えなくなってきたから


メガネをはずして、手に持って歩く。


しんさんが、

『まろん、歩いてても 汗 かかなくなってきたら すぐ言えよ!』


『寒くないか?』



なんども 声をかけてくれる。




風が強くて
飛ばされそうになる時がある


片側が、切れてるところは
怖くて、なるべく 崖側に寄らないように
一歩ずつ、丁寧に歩いた



一瞬 突風が吹いて
体が ふらつき 岩に バンっ!と 当たった。


逆から風が吹いていたら
岩場から落ちてた。。。(°_°)


しんさんが、いつも言ってる

『天気が良くても 風が強い時は
滑落の危険があるから あぶない!』

『天気だけじゃなく、風速もチェックしないとあかん!』


と。

今では ふーん って感じでしか
聞いてなかったけど

身をもって 体感しましたー。




間ノ岳までが 長かった


途中で しんさんが、

『今日は 大門沢までは、ムリや!
とりあえず農鳥小屋へ 行こう!』


間ノ岳を越えたら
農鳥小屋までは下りやから

楽勝やと 思ってた。


風に吹かれ
雨に打たれ

やっと 間ノ岳についた。












間ノ岳から 農鳥に下るのは
のっぺりした 広い山稜。



【いちばん 左手の尾根を下る】

と 地図に書いてあったのを記憶していた



岩に 【ノウトリ】
と黄色いペンキで
大きく書いてあったから

こっち〜


と、下りはじめる。


下り始めてすぐに、しんさんが

『ここから 下りになるから、
体が冷えてくる。
一枚 服を着るぞ!』


と、 ハイマツの 影の
少し窪地になったところで

風をよけながら
ザックの中から ダウンを出して
カッパの下に 着込んだ。


素早く しないと

濡れてしまう。


着るタイミングって すごく大事らしい。

寒い と思い始めてから
(低体温症になってから)では
遅いらしい。



服を着込んで、 行動食を少しとって
再び 歩きはじめる。



まわりは、ほとんど見えず
頼りになるのは、
黄色いペンキで書かれた

矢印と、 ノウトリ の 文字。


しかし、
歩いて 歩いても 小屋につかない。



霧で、まわりが見えないし
だんだん 不安になってくる。



しんさんが

『間ノ岳からの 分岐のとこ、
間違って 三峰岳方面に行ってないやろなぁ〜』


なんて、ボソっと言うもんだから


えええええー

って、不安がさらに。



『でも!でも!
確かに 【ノウトリ】って書いてたし

あの黄色いペンキ、 ぜったいに
ノウトリのオヤジさんが、書いてくれたんやで、大丈夫やと思う。

間違ってないよー』


と まろん。


『そやな、 GPSも、方向はあってるからなぁ』


と、しんさんが言う。



この頃から、しんさんのペースが
だんだん遅くなりはじめ


キツイ、

しんどい、


といいはじめる。


休みがちで


ペースがあがらない。



私は 前日とは打って変わって
なぜか、無駄に元気。(笑)



『あれが、小屋かも?』


『あ! あれちゃう?』



と、なんども
期待を裏切られ(笑)



目標物が見えない、
先がどうなっているかわからない
というのは

こんなに 不安で、
長く感じるものなのか



コースタイム 1時間のところを
1時間半以上かかったと思う




いつになったら 農鳥小屋につくんやろう

と不安増大。




そして、やっと やっと
小屋が見えたー。



途中で服を着たりしていたとはいえ
北岳山荘を出てから 4時間くらいかかっていた
(コースタイムは 2時間40分)



長かった。(-_-)







小屋についたのは10時頃だったかな



『予約してないんやけど
今日 泊まれますか?』



と、しんさんが、受け付けの建物へ。



オヤジさんが 出てきて


『おう。 泊まれるよ、こっちへ』


と、 小屋に案内してくれ


『ここで、濡れたものを、処理して』



シートを広げた場所に
ザックや カッパを 置くように
言ってくれた


そして、 小屋の奥から
ストーブを出してきてくれて

早くここで暖まれ と言ってくれた。
(T ^ T)





インスタントやけど、
コーヒーと、お湯があるから
飲んでいいよ、と言ってくれた。



受付は あとでいいから
早く 濡れたものを 乾かしなさいと


今日は、たぶん他に客は来ないと思うが、
寝る場所は、あとで決めると。


(この時は 小屋には私たちふたりだけでした)



噂に聞いてた オヤジさん。


なんや、ぜんぜん、違うやん。
めっちゃ優しいやん。



オヤジさんの気さくな優しさが
めちゃくちゃ
ありがたかった。



しんさんは、
朝ごはん ほとんど食べてなかったせいなのか
(しんさんは 胃がないので 体調くずすと、たいへん!)



かなり 疲れてた。





ひととおり、濡れたものを脱いで
ハンガーにかけたり

していたら


しんさんが

『まろん、財布は?』


『へ? 財布? しんさんやろ』


『まろんに、渡したやん!』


『えー、もらってないよ〜』


『北岳山荘で、渡したって!
濡れるから 濡れないところに持っといてって。』


『ウソやん〜、そんな 記憶ないー』


なんと

財布が、ナイ!!!!!!!!!





『しんさんが 持ってるって〜』

『まろんに渡したー』



私はもらった記憶が全くないんやけど

しんさんが、私に渡したって、言い切るし


とうとう、私も ボケはじめたか。。。



とりあえず 北岳山荘に電話をいれてみるが
届いてないという。




まさか、

この悪天候だけやなく

財布まで なくすなんてーーーーーーーーーーーー





こころの中は どんより。


(−_−;)


どうなるの。

( i _ i )



つづくー


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



夏休み旅行 国内旅行 海外旅行



にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ


| アルプスの山登り | 21:15 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
ゆらこさんへ

1日目からワクワク読んでくれてたんや〜♪
嬉しいなー♪ ありがとう〜(o^^o)

クマ、私もびっくり!!!
声が出なかったもんー。
クマってほんとに、いるんや〜!ってのが実感(笑)
怖かったよー。

自然界には逆らえないね〜
いろんな経験をさせてもらった山になりましたー(*^^*)
気になるお財布の続きも、がんばって書くね〜♪(^o^)/
| まろん | 2015/08/20 7:32 PM |
モカさんへー

もうーほんまー
殺生やろ〜(笑)

生きた心地せんかったわ〜(*´艸`*)

もう、一気に テンションただ下がり↓↓↓

続きも読んでね〜♪(o^^o)
| まろん | 2015/08/20 7:25 PM |
びゃくさんへ

こんばんはー(*^^*)

下界は夏なのに、山の上ではストーブが
嬉しいもんねー。

そう、下りになると 楽チンになるやん〜
だから、汗をあまりかかなくなるから 寒くなってくるねん。
一枚 着るものを増やすといいよ〜。(*^_^*)

お財布も気になるよねーー
どうなることやら〜、おたのしみにー!(^o^)/


| まろん | 2015/08/20 7:22 PM |
1日目からワクワクしながら読んでました♪いいな、いいな私も登ってみたい!って。
でもクマにはビックリしました!私、そんな至近で遭遇したら漏らしそうです。走るのも早いというし、小さくてもジャレてきたら大怪我するだろうなと思いますし。。何もなくて何よりです!

でもここに来て更なる自然との戦いですね。。
しんさん、まろんさんが無事なの分かっるのに怖いです・・
なめてはいけない・・
やはり山岳部出身のしんさん、めっちゃ頼もしいです!
私にはない知識ばかり・・
ハイキング程度しか山は歩いてませんがためになります。

それより続きが気になりますー
| ゆらこ | 2015/08/20 12:43 PM |
えーーー!!!
えー!?
こんなところでつづくー
なんて殺生なー(>_<)

山ってやっぱり自然なんだと
あらためて実感・・・
| モカ | 2015/08/20 10:27 AM |
おはよう(*^^*)

昨日読んでたのに寝てしまった…
山小屋のストーブは、暖かくていいよねぇ〜
寒くても人が たかっていると近寄れないけど……

下りの時は、一枚着ないとダメなんやね 私も今度からは、そうするね。
まろんさんは先生がいるから いいね(^-^)v
私も まろんさんのブログから 色々と お勉強させて貰えて うれしい(^〇^)

しんさんが心配…お財布も心配…
早く続きが 読みたいなぁ〜
| びゃく | 2015/08/20 7:35 AM |









http://yukaimaron.jugem.jp/trackback/2878

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
まろんの本棚
ブログランキング参加中*
↓↓ランキングに登録しています。クリックしてもらえると嬉しいです
maron
2歳年下夫と再婚 しあわせな暮らし
まろんのこころの色を綴ったブログ

・宅地建物取引士
・ファイナンシャルプランナー2級
・整理収納アドバイザー2級
・アマチュア無線4級
・食品衛生責任者
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS