スポンサーサイト

2019.05.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    まろん天国へ

    2018.02.25 Sunday

    0




      昨日、しんさんと
      ウォーキングがてら
      歩いて買い物に行き

      帰ってきてる途中。


      しんさんが、
      1時間くらい歩いたか?


      と聞くので


      もっと歩いてるんやないー?





      スマホを出してみたら

      次女からのLINEが。


      『まろん(ねこちゃん)が
      お亡くなりになりました』


      と。


      びっくりして
      電話をいれるも
      電話出てくれず

      『泣いてるから電話むり』と
      またLINEが。



      ちょうど、娘の家の近くを
      歩いていたので


      今から家に行ってもいいか?

      きくと、いいよ、と言うので


      マロン(猫のまろんはカタカナにします)
      に 会いに行きました。


      部屋に入ると
      リビングの ラグの上で
      横たわっているマロン


      あれ?
      生きてる?

      と思うほど
      普段のような感じでした。


      もう息をしてないっていうのが
      信じられないくらい。



      マロン〜♪
      って、撫でてやると
      にゃぁ って 今にもいいそうでした。



      マロンは
      今から17年前、
      私が 家を買った年。


      知り合いの人の 会社に
      迷い猫として 保護されて


      貰い手がなかったら
      保健所に行ってしまうところでした。


      まだ、小学生と、中学生だった
      2人の娘も 喜ぶかな?


      いつも私が 仕事でいないから
      猫ちゃんがいると
      少しは寂しさが紛れるかな


      そんな、気持ちで
      猫を引き取ることにしました。


      貧乏な、母子家庭。



      母娘、それぞれ 3人ともが
      心にいろんな闇や、寂しさを抱え
      生きていた その家に


      小さな小さな
      生後2ヶ月ほどの
      小さな猫はやってきて



      私たち3人の
      癒しの 存在になりました。


      頭にマジックで書いたような
      黒い毛がはえているのが
      なんとも可愛くて。





      それがマロンの目印でした。笑
      夜寝るときは
      たいてい私のお布団へ。


      『マロン、寝るよ〜』って
      言うと
      一緒に2階に上がってくる



      また、
      夜の仕事をしていた長女が
      夜中に帰ってきたら


      鍵を開ける前に
      気配を感じて
      飛び起き
      トントントントントン♪


      と 階段をおりて
      玄関で待ち伏せしたり。


      私が
      仕事から帰ってきたときも
      玄関を開ける前から


      にゃぁ〜♪

      と 玄関に 迎えに
      出てきてくれていました。




      外に出していない猫だったので
      いつも カバンで
      マロンをガードしながら入り。


      お風呂に入れば
      お風呂についてきて


      トイレに行けば
      トイレにもついてきて




      しんさんが
      うちにやってきて


      しばらくは
      大きな足音や
      しんさんの 大きなくしゃみの声に

      びくびくしていました。笑


      女ばかりのところに
      いきなり違う人が
      入ってきたからね。


      びっくりしたんよね。

      ↓しんさんになでなでされてるマロン




      そして、
      今から
      6年前?かな?


      次女が、1人暮らしをする
      ってなったときに、


      マロンを連れて行くって。



      マロンと離れるのは、
      寂しかったけど、


      うちにいるよりは
      次女といるほうが
      たぶん 幸せだろうな、と

      思ったので
      マロンを次女に託しました。


      今から4年ほど前にも
      一度、もう、危ないから


      と言う時があり


      ちょうど私が
      山へ、3泊か4泊かで
      出かける直前でした。


      帰ってきたら
      もう会えないかもしれないと
      思い、
      山へ行く前に、娘のところへ行き


      マロンに
      『今までありがとう!』


      と、サヨナラの
      挨拶をしました。


      心臓が悪く もう長くは持たないと
      言われていて、

      でももう延命治療のような
      ことはしないと
      だから もうほんとに
      いつ亡くなっても 不思議では
      なかった。

      ところが

      そこから 4年も生きて。



      2年くらい前に
      次女の家に行ったときには
      まだまだ元気で





      遊んでいました。






      次女が、お腹に赤ちゃんを授かり
      もうすぐ 出産予定。



      マロンは
      17歳になり

      人間で言えばもう
      80歳以上。



      おもらしをすることも
      あったりして
      大変そうでした。


      たぶん
      先は 長くないだろうな、と
      私は 心の中で
      覚悟はしていましたが


      その時がいつなのか


      赤ちゃんが生まれすぐ
      マロンが亡くなるのも
      それはそれで、次女が精神的にも
      大変だし


      どうなるんだろうか


      そんなことを
      思っていた矢先のことでした。


      泣いていた
      次女に


      『もうすぐ、
      赤ちゃんが生まれてくるから
      マロンはもう(自分がいなくても)
      大丈夫やと、思って 逝ったんやと思う』


      って言いました。


      ほんとに
      ほんとにそんな気がしてならないんです。


      猫は 人に死に目を見せないと
      言いますが



      娘と旦那くんが 出かけて
      すぐに 息を引き取ったみたいです。


      娘たちは、
      マロンのために、
      餌と 紙おむつを
      買いに行っていた
      ほんのすこしの間に


      天国に行ってしまいました。



      『苦しむところを
      見せたくなかったのかもしれないよ』




      苦しんで亡くなったら
      見てるほうも辛い。




      穏やかな顔をして
      『にゃぁ』と 言いながら
      息を引き取ったかのような
      そんな寝顔でした。





      私たちに
      たくさんの 癒しと
      想い出と 優しさと気づきをくれた
      マロン。






      私のブログネームの
      まろんは、この猫のマロンから
      もらいました。


      私は
      離れて暮らして
      6年経つけど

      それでも
      心にぽっかり 穴が空いたよう。






      いつも
      ひとりで お留守番してくれて
      ありがとう。





      お茶目な姿も
      可愛かった。



      たくさんの
      想い出をありがとう。

      安らかに。

      そして、マロンの代わりに
      新しく 生まれてくる
      小さな命、天国から見守っていてね。

      次女のブログ。 ありがとうのきもち






      今日もブログを見に来てくださり
      ありがとうございます(*^^*)

      ランキングに参加しています。
      どれでもひとつ ポチっとしていただけると
      ↓うれしいです。


      にほんブログ村 花・園芸ブログ グリーンのある暮らしへ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 インテリアブログ カフェ風インテリアへ
      にほんブログ村
      + + +


      Instagram→こちら☆
      フォロー嬉しいです。(*^^*)


      Room Clip は →こちら☆













      スポンサーサイト

      2019.05.16 Thursday

      0
        コメント
        sakuraさんへ

        こんばんは〜(*^^*)
        一緒に悲しんでくださって… ( ; ; )
        ありがとうございます。
        泣かせてしまってごめんなさい。

        sakuraさん、過去にとっても悲しい想い
        されてたんですねー。
        野犬に襲われるなんて (> <)

        私のブログで また猫ちゃんを
        飼おうと思われたなんて、、
        嬉しいです。
        保護猫ちゃん、二匹も!!
        猫ちゃんたち、sakuraさんちにもらわれて
        幸せですね。(*^^*)

        うちの次女も
        しばらくしたら、猫ちゃんの里親、
        考えようかなーって言ってました。

        臨月で、心配しましたが、
        穏やかな心で過ごせてるようです。
        よかったらまた娘のブログものぞいてみてくださいねー。

        ほんと、ありがとうございます(〃∇〃)
        • by まろん
        • 2018/03/04 8:00 PM
        家族の一員でもあるマロン君が亡くなったというブログを読ませていただいて、私もとても悲しい気持ちになり、泣いてしまいました。
        まろんさん家族のことを思うと心が痛みます。
        それに、娘さんは臨月ということで、心配しております。
        マロン君は、まろんさん家族を見守ってくれていますよ。

        私も20年以上前に飼っていた猫が、野犬に襲われ猫を亡くしてから猫を飼えなくなりましたが、マロンさんのブログを読ませて頂くようになってから猫の話題を読んでいて、もう一度猫を飼ってみようと思うようになり、2年前から保護猫を飼い始めさらに昨年もう一匹飼い始めました。
        これも、まろんさんのおかげです、ありがとうございました。

        sakura
        • by sakura
        • 2018/03/02 10:41 PM
        かずみんさんへ

        こんばんは〜!!
        悲しい思いさせてしまってごめんねー。(T-T)

        ううう、かずみんさんちの
        ねこちゃんも やっぱり亡くなるところを
        見せなかったんやね。。。
        思い出すとつらいね。

        そう、ほんの少しのタイミング
        そして、次女が、前の日に
        たくさんありがとうを伝えたとこやったって
        家に行った時に 泣きながら話してくれて

        マロンは、それを聞いて
        安心して 幸せな気持ちで
        天国に行ったんやなって思った。

        今は、マロンが虹の橋の上を
        トコトコ歩いてる姿ばかりが目に浮かぶ。
        (*^^*)
        天国で幸せそうにしてるみたい。

        ほんとうに、たくさんの
        幸せを運んでくれたマロンでした。

        かずみんさん
        ありがとうねー!
        • by まろん
        • 2018/02/27 10:24 PM
        びゃくさんへ

        こんばんは〜!!(*^^*)

        うん、マロンくん
        17年も長生きしたんだー。
        すごいよねー♪

        たくさんの幸せをくれました。
        ありがとうの気持ちでいっぱい。ヾ(*´エ`*)ノ

        虹の橋で
        みんな待ってくれてるよね
        びゃくさんの会いたい人、ワンニャンも♪

        いつか会えるその日まで
        まだまだ先だけど
        私も 胸の中にしまっておきまーす(*^^*)

        びゃくさん、ありがとう〜(〃∇〃)
        • by まろん
        • 2018/02/27 10:19 PM
        モカさんへ

        こんばんは〜!!
        泣かせてしまったねぇ…
        ごめんね。(T-T)

        いつかお別れが来るとわかっていても
        辛いよね。
        お腹が痛くなるのわかる気がする
        私もそういうの想像すると
        胸がぎゅーーーーっと、締め付けられるので
        悲しいテレビとか、見れない〜^^;
        見たくない〜。

        私は元気になったので
        モカさんのお腹痛いの早く治るといいな。(*^^*)

        ほんと、マロンには
        感謝しかない。
        モカさんも、ありがとうね〜♪ (〃∇〃)
        お腹痛くならないでねー。( ´艸`)

        • by まろん
        • 2018/02/27 10:12 PM
        タイトル見て、悲しいことが分かってるからなかなか読めずにいました。泣いてしまう。。。
        うちの昔飼ってた猫ちゃんも、最期は弱ってる姿を見せずに、でも、家の軒下で亡くなっていました。猫って自分の最期が分かってるのかな。
        今、実家にいる猫ちゃんも、帰ってくるときには必ず玄関で待ってくれています。
        車の音とか足音でわかるのかな。

        思い出がたくさん、精一杯生きてお空に行ったんですよね。
        なんかとてもすごいタイミングなんですよね。
        少し家を出た間に、って。
        次女さんのブログも読ませてもらったんですけど、前日の夜にたくさんのありがとうとかだいすきな気持ちを伝えてたようで、幸せな気持ちで旅だったんだなーって、なんかうまく言えないけど、そう思いました。
        もーなんだか涙が出てきてしまって、うまく言えないけど、みんなを幸せにしてくれた猫ちゃんですね。安らかに。
        • by かずみん
        • 2018/02/27 7:08 PM
        まろんさん♪こんばんは(*^^*)

        まろんちゃん亡くなったんですね。
        びっくりしました。でも…17才と長生きされたんですね。
        大切に育てられたんだなぁ
        でも…まだまだ先のことですが、死んだらまた会えるしね。

        私にも、死んだらまた会いたい人やワンちゃん猫ちゃんがいます(*^O^*)
        まだまだ先の楽しみです。

        まろんちゃんもまろんさんも娘さんも……お疲れさまでした。
        • by びゃく
        • 2018/02/27 3:03 AM
        タイトル見てドキッ!としました・・
        会社でしたが泣いてしまいました・・
        もちろんいつかはお別れがきます
        でもやっぱり悲しいです・・
        私も実家や自分の家にいるワンコとのお別れを
        どうしても想像してしまうとお腹が痛くなります。
        でもワンコや猫ちゃん、動物たちは死ぬ時の事を考えて生きてませんよね。
        そんなこと思うのは人間くらいで
        動物たちはその時その時、1日1日を精一杯生きてるんですよね。
        マロンちゃんもそうやって生きてきてまろんさんや次女さんたちをシアワセにしてくれてたんですね。
        だから悲しむよりほんとはただただありがとうなんですよね。

        とはいえまろんさんたちの気持ちを考えると
        やっぱり涙ばっかり出てお腹が痛いです・・

        マロンちゃんずっとずっと
        まろんさん達を見守っててね・・☆
        こんなに生きてくれてありがとう・・

        • by モカ
        • 2018/02/26 11:10 AM
        Cihiroさん〜!!

        ( ; ; )( ; ; )( ; ; )号泣。
        1人になったり
        車の運転をしていたりすると
        ぼーーっと、マロンのこと考えちゃう。

        でも、今朝は
        虹の橋をとことことことこ歩いてる
        マロンの姿が見えてるーーー!
        もうすぐシーザーくんに
        会えると思うよー。(*^^*)
        仲良くできるといいな。

        もうすぐうまれる新しい命
        ボクの役目は終わったよって
        言って天国に逝った気がします。

        ほんとに、ありがとうしかない。

        Cihiroさんコメントありがとう〜!!



        • by まろん
        • 2018/02/26 9:45 AM
        つむぎさんへ

        おはようございます♪

        うんうん (T-T)
        私たち3人母娘を 救うために
        うちに来てくれて
        たくさんの愛をくれて
        そして 天命を全うして 空へ旅立って行ったと
        思う〜。
        人間で言うと大往生だよね。

        葬儀場に行ってもまだ
        生きているかのような
        穏やかな顔をしていたよ〜。

        幸せの使者
        ほんま、そう思う。
        マロンにもよくそう話しかけてた。

        『マロンは 幸せを運んできてくれたなぁ』
        『ラッキーねこやなー』って。(*^^*)

        存在にありがとう。
        それしかないー。 ( ; ; )

        コメントありがとう〜♪
        • by まろん
        • 2018/02/26 9:25 AM
        泣けてきて、胸が苦しくて、家族を亡くしたのと同じ悲しみですよね。わたしも未だにふとした瞬間に泣いてしまいます。名前を呼んでしまいます。沢山悲しんでいっぱい涙を流して、そしてマロンちゃんを思ってあげてください。新しい命の誕生にきっとマロンちゃんが祝福してくれるわ、虹の橋で見守ってくれてる。マロンちゃ〜ん、うちのシーザーに会ったらよろしく言っといてね〜。また会える時までBye Bye。
        • by Chihiro
        • 2018/02/26 9:06 AM
        すぅさんへ

        おはよー!(^。^)
        うん、昨日ね、お葬式だったの。
        今朝、虹の橋を渡っていくのが
        見えたよ!
        すぅさんちにも、マロンに似たニャンコがいるんやね。(*^^*)

        そだよねー
        17年は長生きだよね。
        ほんと、ありがとうありがとう
        ありがとうしかない。
        たくさん 癒された。

        まるで、娘に赤ちゃんができるのを
        待っていたかのように亡くなって
        最後まで飼い主孝行なにゃんこだなぁと
        思ったよ〜。

        コメントありがとうね♪
        • by まろん
        • 2018/02/26 9:01 AM
        17年間、幸せだったマロンちゃんですね☆
        人から愛を受けて、人に愛を与えて。
        まろんさん達に逢うため生まれてきたんだね。

        ねこちゃんは飼い主に死に際は見せず
        わんこは飼い主を待って死すると言いますね。
        どちらも人への愛ですよね、きっと。

        4年間の奇跡もすごいと思うし
        次女さんやまろんさん、長女さん・・・
        もう大丈夫だねって安心して旅だったとしか。
        マロンちゃん♪幸せへの使者だったのかな。
        • by つむぎ
        • 2018/02/25 11:36 PM
        マロンちゃん虹の橋を渡っていったのですね。うちにも3匹の猫がいて、そのうちの1匹の茶トラがマロンかそっくり!人間もペットもいつかは迎えるその時避けられないことだけど、悲しいですよね!17年は長生きなんだとは思う。17年間の色んな思い出を共に過ごしてきたマロンちゃんは幸せだったよ!可愛がられてきっと次女ちゃんの赤ちゃんに生まれ変わってくるんじゃないかな?
        安らかに!マロンちゃん。みんなを見守ってね。
        • by すぅ
        • 2018/02/25 8:50 PM
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL